美味しいイチゴの見分け方をイチゴ狩りの前に知っておこう。美味しい時期はいつ?

スポンサーリンク

イチゴが嫌いな人って、あまり聞いたことありませんよね?

 

練乳をかけたイチゴは地上最強のデザートだ!と豪語している私です。

 

あれを超えるフルーツレシピに出会ったことがありません。

 

もちろん毎年のようにイチゴ狩りに行っています。

 

九州では、2月頃に「いちごマラソン大会」という

市民マラソンもあるんですよ。

 

給水ポイントにはイチゴが並べてあるという、一風変わったマラソンで、

当然入賞したらイチゴがもらえるという、幸せな大会なのです。

 

さすがに走りながら美味しいイチゴを見分けることはできませんが、

しっかりと見据えれば、イチゴちゃんがウインクしているかのように

甘い誘いに乗ることができますよ。

 

美味しさを見分けるポイントは、

「ヘタと色、つぶつぶ」に注目すればいいのです!

 

イチゴの旬は「1月〜3月」と言われています。

 

だから、イチゴマラソンも2月に開催されていたんですね。

 

ちょっとこれだけでは説明不足になってしまうので、

以下でさらに詳しく解説していきましょう。

 

スポンサーリンク

イチゴ狩りに行く前に美味しいイチゴの見分け方を知っておこう

 

 

前途した「ヘタと色、つぶつぶ」で、美味しさをどのように見るかというと、

 

  1. ヘタが反り返っている
  2. 色にムラがなく、真っ赤になっている
  3. つぶつぶの周囲にある果肉が盛り上がっている

 

この3点を見極めることができれば、

イチゴちゃんのウインクに気づけたも同然ですよ。

 

それでは、一つずつさらに深堀していきましょう。

 

1.ヘタが反り返っている

 

まず、下手がそりかえっているというのが、どういう状態かと言いますと、

イチゴちゃんはグリーンの帽子をかぶっていますよね?

 

あれがクイーンの王冠のように反り返っていると、

美味しくいただけるサインなのです。

 

完熟しているイチゴは、ヘタの先端が高々と反り返る性質を持っています。 

 

この選別を行うだけでも、すぐに美味しいイチゴちゃんと出会えますよ。

 

 

2.色にムラがなく、真っ赤になっている

 

イチゴは、赤ければ赤いほど熟れていて

美味しいと言われています。

 

ただ赤いだけでなく、

先端からヘタまで真っ赤であることが完熟している証拠なのです。

 

熟れていないイチゴは、ヘタの方に近くなるほどに淡い赤色になっていたり、

白くなっていたりするものです。

 

3.つぶつぶの周囲にある果肉が盛り上がっている

 

この状態は、果肉に栄養がぎゅっと詰まっている証拠でもあるのです。

 

デパートや近所のスーパーでも、

高級イチゴと安いイチゴが並べておいてありますよね?

 

安いイチゴはシュッとしていて、

綺麗な逆三角形のようになっています。

 

高級イチゴは果肉が盛り上がっているので、

少し”いびつな形”をしていませんか?

 

栄養がぎっしりと詰まっているからこその形だということなのです。

 

これら3つが美味しさを見分ける秘訣なのです!

 

スポンサーリンク

いちごの美味しい時期はいつ頃?

 

 

イチゴの旬は1月〜3月という、寒い時期です。

 

寒さで身が引き締まって、完熟度も高くなると言われています。

 

4〜5月の時期になると、

寒期よりも水分を含み、柔らかい果肉になります。

 

ほとんどのイチゴ農園は4、5月の時期にいちご狩り、

量り売り料金ともに安くなるので、敢えて旬の時期を遅らせて行くのも有りですよ。

 

イチゴ狩りに行く前に、

適した服装についても知っておいてほしいと願います。

 

イチゴちゃんたちはハウス栽培で育てており、

地面は足元が汚れないようにビニールシートが引かれていることが多いです。

 

…ということは?

 

そう!

農園の方に迷惑をかけることになるので、ピンヒールはダメです!

 

イチゴ狩りに行こうと誘われたら、

スニーカーを履いていくのがベストだと思いますよ。

 

あとはハウスの中でも1〜3月だと寒いので、

防寒対策もしていってくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

美味しいイチゴちゃんを見分ける方法は、

 

  1. ヘタが反り返っている
  2. 色にムラがなく、真っ赤になっている
  3. つぶつぶの周囲にある果肉が盛り上がっている

 

ですので、イチゴ狩りの時間制限内に美味しいものを見分けるためにも、

是非ともご活用ください。

 

身が引き締まって一番美味しい時期は、1〜3月です。

 

今年はどこのイチゴ狩りに行こうか迷っています。

 

冬は九州に里帰りして、

イチゴ農園のハシゴをするのも良いなと、妄想している今日この頃です。

 

それでは、皆さんも良い苺一会(いちごいちえ)ができることを願って、

最後の挨拶とさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました