美味しいみかんの見分け方や、甘いみかんの選び方について調べてみた

スポンサーリンク

こたつに入ってみかんを食べるのは、昔から風情があるし、

格別に美味しく感じますよね。

 

あれってなんなんでしょうね?

 

でも、こたつの上にあるみかんが、残念なことに

酸っぱいものばかりだったらショックを受けますよね?

 

スーパーで自分で選べる方式のみかん販売だったら、

知っておくべき美味しいみかんの見分け方を、

今回は紹介させていただきます!

 

袋売りになっていたら、さすがに選ぶものも選べないからですね。

 

スーパーでバラ売りされているミカンの見分け方で、大切なのは

 

  1. 重さ
  2. ヘタの軸
  3. 皮の「密」

 

この4つのポイントさえ押さえればバッチリです!

 

スポンサーリンク

美味しいみかんの見分け方。こうするのがポイント

 

 

「言うは易し、やるは難し」と言われる美味しいミカンの選び方を、

是非この記事を読んでマスターしてみてください!

 

前途した4つポイントを一つずつ説明していきますね。

 

1.色

簡単に「色」で見分けろって言うけど、どういうことって思いますよね?

 

全部オレンジ色で、区別なんてできないよって思いますよね?

 

みかんを両手に取って、表面をよーく覗いてみてください。

 

老眼の方は、眼鏡を持参して試してくださいね。

 

皮の表面をよく見てみると、

オレンジの粒(油胞)が無数に並んでいるのがわかります。

 

その粒たちが、”ギュッと「密」になっている=濃いオレンジ色に見える=栄養価が高い”

ということなのです!

 

それが甘い証拠なので、スーパーのバラ売りで並んでいるミカンを見分けるときは、

濃いオレンジ色のものを選びましょう!

 

2.重さ

重さでどんな違いがあるのか、いまいちピンときませんよね?

 

見た目は同じ色で同じ大きさ、それを手にとって目を瞑ってください。

 

すると、どちらか僅かに重い方が浮かんできます。

 

重い方は、水分がたくさん詰まっているということなのです!

 

「みかんの甘味成分が詰まったジュースが、中にたくさん入っている方が重い」

という判断で見分けるテクニックですので、是非お試しください!

 

3.ヘタの軸

ミカンに元々くっついていた枝が切り払われて、

頭にヘタとして軸が残っていますよね?

 

あなたは太いモノと細いモノ、どちらが好みですか?

 

舌切り雀のお話の悪い婆さんのように、

「大きい(太い)方がいい」と思った人は損してしまいます。

 

良い婆さんのように「小さい(細い)方」を選ぶのが正解です。

 

みかんにくっついていた枝が太ければ太いほど、

水分が多く入ってきて栄養分が薄まるという原理です。

 

4.皮の「密」

先程の油胞の「密」ではなく、皮の「密」です。

 

2020年の流行語だからといって、

たくさん使っているわけではありませんよ。

 

皮と中身がしっかりと密着している方が、

美味しさを失っていない証拠だと言いたいのです。

 

ミカンの皮を剥くと、白い繊維がくっついていますよね?

 

想像してください・・・

皮を剥く前はミカンの皮にくっついているという状態です。

 

ミカンの皮が、中身の果肉から水分を吸い取ったらどうなりますか?

 

あら不思議、マジックのように浮いてしまいます。

 

まるでミスターマリックのハンドパワーのように・・・

 

すると、甘味成分まで皮に吸い取られてしまっているということなので、

皮が密着しているものを選ぶようにしましょう!

 

上記の4つのことをスーパーで実践すれば、

間違いなく美味しいミカンを手に入れることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

みかんの甘いものの選び方を調べてみた

 

 

ミカン好きな方は箱買いするもしますよね?

 

冒頭で袋売りは見分ける方法がないって言ってたから、

箱売りもできないと思っていませんでしたか?

 

確かに袋売りだと、ごちゃ混ぜになっていて、

一つ一つ手に取ることもできないので難しいです。

 

それなら、箱売りも一緒でしょって思いましたか?

 

ところがどっこい、

一目で甘い箱売りミカンを見分ける方法を紹介いたします。

 

実は、箱に美味しさの等級分けが印字されているのです!

 

  • 上級「秀」
  • 中級「優」
  • 普通「無印(印字なし)」

 

自分で食べるみかんとしてだけではなく、

大事なお客様に贈り物として送ると言った場合には、「秀」を選ぶといいですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

スーパーでバラ売りされているミカンの美味しい見分け方は、

 

  1. 色が濃い方
  2. 重い方
  3. ヘタの軸が細い方
  4. 皮の「密」になっている方

 

を選ぶといい、ということを学べましたね。

 

お歳暮などの贈り物に適した箱みかんは、

「秀」という印字のあるものを選ぶといいことも、

理解していただけたことでしょう。

 

ただし、農協によって違いがあるかもしれないので、

大事な人への贈り物をするときは、

お店の人に聞いてみるのが一番いいかもしれません。

 

さてと、こたつに入って美味しいミカンを選んで、

子どもたちと夫が帰ってくる前に食べちゃいましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました