人付き合いが苦手だけどママ友と関係を作っていくには…?

スポンサーリンク

子供が生まれて最初のうちは忙しく

我が子との怒涛の日常を必死に過ごし、

いざ公園デビューや保育園や幼稚園に通い始めた時に

避けて通れないのがママ友との人付き合いですよね。

 

子供同士は仲良くしているので

ママ友同士の付き合いも自然と生まれてきますが、

中にはママ友との人付き合いが苦手…という方も少なくありません。

 

ご近所とも職場とも違う、

ママ友特有の雰囲気に馴染めないという方に

どうしたら馴染めるかをご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

人と話すのが苦手。でもママ友は欲しい。どうすればいい?

 

 

今まで子供や夫や家族という

自分の身近なテリトリーの中で過ごしてきたけれど、

『子供』という共通の接点により

その身近なテリトリーの中に『他人』が入ってくるわけですので、

すぐに馴染むということはないと思います。

 

しかし、日常生活でそもそも人付き合い自体が苦手な方は

ママ友との人付き合いも難しいと感じてしまいます。

 

では人付き合いが苦手な人の特徴とは?

 

あまり自分の意見を言わない

 

人に合わせるのが癖になってしまい、

自分の思っていることを口に出すのが苦手な方は

人付き合いが苦手な人と言えます。

 

その場の空気を読むことも大事ですが、

同調するだけなら会話とは言いません。

 

言葉のキャッチボールをするには

自分の意見を持つということが大切なのです。

 

他人が干渉してくることが苦手

 

いわゆる『お節介』な人をどう思うかも

人付き合いが苦手かどうか分かれると思います。

 

自分や子供のことを思って言ってくれるのだろうと思う人や、

そんな意見もあるんだなと思って

あまり気にしない人は人付き合いが上手くいく人です。

 

反対に、余計なこと言わなくていいのに、

関係ないんだからほっといてほしい等、

ネガティブな考えに走ってしまう人は人付き合いが苦手と言えるでしょう。

 

他人に自分から関わろうとしない

 

人付き合いが苦手な人は他人にあまり興味がありません。

 

ママ友の話で言えば、

子供同士が仲良くても親同士まで仲良くする必要はないと思っていたり、

面倒だから関わりたくないと思っている人は

いざという時に会話が続かず、

相手の話を聞いているだけで終わってしまい、付き合いも断たれてしまいます。

 

 

ではそれらをふまえて、ママ友を作るにはどうすればよいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ママ友と会話が続かない時はどうすればいいの?

 

 

自分の意見をはっきりさせてから他人の意見をきく

 

まず自ら『自分は○○だと思うけど、△△さんはどう思う?』

『○○についてはこうしたほうがいいと思うけど、どうだろう?』等、

自分の意見を述べてから相手の話を聞くと会話が広がります。

 

たとえ意見が違っても気にする必要はありません。

 

 

どんな会話や意見でもとりあえず聞くだけ聞いてみる

 

『△△さんもこうしたほうがいいよ!』

『○○について△△さんもそう思うでしょう?』等、

ママ友というか女性特有の同調圧力ってあると思います。

 

その時に『鬱陶しいな』『自己中心的だな』と

思うことがあるかと思いますが、

とりあえず相手の話を聞いてみましょう。

 

その会話をすべて真面目に返す必要はないのです。

 

ママ友の共通の話題で会話を広げる

 

日常の些細なことでも、

ママ友同士なら共感する部分が多いのではないでしょうか。

 

例えば、子供の好き嫌いをどうしたいいかや、

家事がラクになる工夫はしているか等。

 

毎日大変な苦労をしている『同志』と思えば

グッと会話の距離が近くなると思います。

 

もちろん、あまりプライベートな話はしたくないという方は

子供が通っている保育園や幼稚園、

学校の話題や毎日の献立についてなど、

会話の話題は日々の生活の中に意外とたくさんあるものです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ママ友同士の付き合いはなかなか難しいものがありますが、

決して悪いものばかりではないということです。

 

夫には理解してもらえない子供についての苦労や育児等は、

逆にママ友同士のほうが共感を得られる場面が多いのではないでしょうか。

 

もちろん苦手な人がいる場合もありますが、

全てにおいて全力で取り組む必要はありません。

 

最初は浅く広いつながりで、

後に本当に気が合うママ友ができたらいいなぐらいの

軽い気持ちでママ友との人付き合いをしてみてはどうでしょう。

タイトルとURLをコピーしました