子供の偏食の原因は親のせい?イライラする場合の解決策は?

スポンサーリンク

子供の偏食の原因って一体なにか知りたいですよね。

 

我が子が偏食だと、栄養も偏ってしまうし、

発育なども心配になってしまうから、どうにかして治していきたいところ。

 

でもそもそも、なぜ子供は偏食になってしまうのでしょうか?

 

やっぱり子供が偏食なのって親のせい?

 

今回はそんな、子供の偏食の原因と解決策についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

子供の偏食は親のせい…?

 

 

結論からいうと、

子供の偏食は親御さんのせいではありませんよ!

 

だから安心してくださいね!

 

親御さんが、どんなに栄養バランスよく子供に食事をさせようとしても、

偏食の子は嫌がって残してしまうものです。

 

私も子供の頃はものすごい偏食だったのですが、

成長と共に好き嫌いがなくなりましたよ!

 

子供の偏食の原因というのは、親ではなく、

子供が生まれながらに持つ動物的本能によるものといえるのですよ。

 

例えば、動物は苦いものや辛いもの、

酸っぱいものなどを避ける傾向があるんですよね。

 

自然界では、これらの味のするものは毒としてみなされるので、

動物は基本的に食べようとしません。

 

それと同じように、小さいお子さんもこの動物的な本能によって、

苦いものであったり、辛いものであったり、酸っぱいものなどを食べたがらないのですよね。

 

でも、要するにこれらの味さえしなければ、子供は偏食をしなくなる、

つまりなんでもちゃんと食べるようになるんですよ!

 

ということで、

続いては、偏食を解決するためのおすすめの方法を紹介します!

 

スポンサーリンク

子供の偏食にイライラ。どうすればいいの?

 

 

子供の偏食がひどいと、イライラしてしまいますよね…。

 

そこで、子供の嫌いなもの、特に野菜などは

みじん切りなど細かくして、チャーハンやピラフの具にしたり、

オムレツの具にしたり、ハンバーグのタネに混ぜてしまうと良いでしょう。

 

そうすれば、野菜特有の苦みや青臭さなども消えるので、

偏食の子供でも食べやすくなりますよ。

 

そして、上手く子供が野菜などの嫌いなものを食べてくれたら、

大げさなくらいに褒めてあげて、

嫌いなものでもきちんと食べられた、ということを子供に認識させてあげましょう。

 

すると子供は、嫌いだったものでも食べられるんだ、と思うようになるので、

少しずつでも偏食が治っていきますよ。

 

やっぱり、子供が食べやすいようにしてあげるのが、一番効果的なんですよね。

 

そして、食べたらそのことをしっかり褒めて、

苦手なものでも美味しく食べられるんだ、

ということを子供にしっかり認識させること。

 

そうすれば、偏食による親御さんのイライラもなくなるし、

子供も栄養をバランスよく摂取することが出来ますよ。

 

ちょっと味付けや調理を工夫するだけで、

子供の偏食は簡単に治せる場合も多いので、ぜひ試してみてくださいね!

 

自分の子供の頃を思い出し、どんな味付けだったら食べられるかな?と

よく考えてみるのも良いですよ!

 

子供の気持ちになって考えれば、

より偏食を治して何でも食べさせられるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

子供の偏食の原因は、主に動物的本能によるものです。

 

苦味や酸味や辛味などは、自然界では毒とされているので、

小さい子は食べたがらないんですよね。

 

そこで、苦手な野菜などの食べ物を細かく刻み、

違う料理に混ぜ込んでしまうなど、

ちょっと工夫するだけで風味を消すことが出来るので、

子供も食べやすくなり、偏食を治すことができるでしょう。

 

そして、難なく子供が苦手なものを食べられたら、すごく褒めてあげて、

ちゃんと食べられるんだと子供が認識するようにしてあげればOKですよ!

 

そうすれば、子供も段々と偏食が減っていくので、栄養もしっかり摂れるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました