布団のカビはそのままにしておくと危険!エタノールや重曹で撃退を

スポンサーリンク

だんだんと涼しくなり過ごしやすくなってきましたね。

 

しかし、布団の手入れを怠ると、簡単にカビが生えてしまうのです。

 

カビが生えてしまった布団で寝るのは、体にもよくないですよね。

 

ここでは、カビが生えてしまった時の対策をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

布団のカビをそのままにしておくのは危険です!

 

 

毎日使う寝具ですから、

清潔なお布団で毎日の疲れをとりたいですよね。

 

梅雨や夏に比べて、これからの季節はカビが生えにくいと思っていませんか?

 

しかし、布団は冬場でも簡単にカビが生えてしまうのです。

 

なぜ、布団にカビが生えてしまうのでしょうか?

 

  • カビが生える条件

気温20℃〜30℃、相対湿度80%以上でカビが生えます。

 

冬場は湿度が低く、乾燥していますよね。

でも布団は別なんです!

 

人は冬でも寝ている間に汗をかいています。

 

個人差はありますが、約200ml〜300mlの汗を毎日吸っているため、

布団は常に湿気を含んでいるのです。

 

そして、気温は低くても布団の中は人の体温で温度が上がりますので、

気温、湿度共にカビが生える条件を満たしています。

 

さらには、人から落ちたフケや髪の毛は、カビにとって絶好の栄養素なのです。

 

では、なぜ布団のカビをそのままにすると危険なのでしょうか?

 

カビは、カビが生えたところから

胞子を空気中にたくさん飛ばしています。

 

その空気を長い期間吸ってしまうと、

アレルギーや真菌症を引き起こしてしまうのです。

 

このように、カビの中には

呼吸器系の病気や皮膚病を発症する毒を持つカビも存在しているのです。

 

湿気が多い布団にはダニも発生するため、

アレルギー症状を発症するリスクが高まります。

 

このことから、カビをそのままにしていると

人体に対する影響が大きいのです。

 

さらには、上でも書いた通り、

カビは胞子を飛ばして広がっていきます。

 

布団だけでなく、ベッドやフローリングにもカビは移ってしまいます。

 

フローリングにカビが移ってしまった場合、簡単には落とせません。

 

ですから、布団にカビが生えてしまった場合は早急に対策をしましょう。

 

スポンサーリンク

布団のカビはエタノールと重曹で除菌しましょう

 

 

カビが生えた布団で寝続けると、

どれくらい危険なのかはおわかりいただけましたよね?

 

では、もし布団にカビが生えてしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

  • カビが生えてしまった時の対処法

重曹と消毒用エタノールを準備します。

 

まずは重曹スプレーを作りましょう。

 

・重曹スプレーの作り方

水・・・300ml

重曹・・・大さじ1

 

よく混ぜてスプレーボトルに入れます。

消毒用エタノールは、そのままスプレーボトルに入れます。

 

・布団のカビの落とし方

  • カビ部分に重曹スプレーを吹きかけたあと数分おく
  • 使わなくなった歯ブラシでカビ部分をこすり汚れを落とす
  • 汚れをティッシュで叩くようにして拭き取る
  • 消毒用エタノールスプレーを吹きかけたあと数分おいて除菌
  • 汚れをティッシュで叩くようにして拭き取る
  • 乾燥させる(よく乾燥させてください)

 

以上の手順で、ある程度のカビは落ちます。

 

重曹とエタノールは人体に影響がないため、

直接肌に触れる布団に使用しても問題ありません。

 

しかし、あまりにひどいカビの場合、

重曹とエタノールでは落ちない場合があるので、

その際は、クリーニングに出すか処分してしまう方がいいでしょう。

 

  • カビの予防

上では、カビが生えてしまった場合の対処法をご紹介しました。

 

しかし、毎日ちょっとした手間をかけるだけで、

カビは事前に防ぐことができます。

 

・布団を敷きっぱなしにしない

フローリングに直に布団を敷くと通気性が悪く、

湿気がたまってしまいます。

 

その状態がずっと続いていると、

布団が乾燥しないため、カビが生えてしまいます。

 

布団は毎日畳み、押し入れにしまうことでカビ予防になるのです。

 

・天日干しをする

天気がいい日は、布団を両面お日様に当てるようにしましょう。

 

やっぱり天日干しをすることが、一番のカビ予防になりますよね。

 

お布団を干した日の夜は、

お日様の匂いに包まれながら眠ることができ、最高です!

 

・布団乾燥機を使う

時間の都合などで、

布団を干すことができない場合もあります。

 

そんな時は布団乾燥機を使いましょう。

 

“カビが生える原因は湿気”という話をしてきました。

 

布団を乾燥させれば、

天日干しができなくてもカビは生えません。

 

雨が続いたり、花粉症で外に布団が干せない場合は、

布団乾燥機を活用しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

気をつけていても、カビが生えてしまうことはありますよね。

 

でも大丈夫!

 

そんな時はご紹介した方法を試してみてください。

 

重曹とエタノールでカビを撃退しましょう!

タイトルとURLをコピーしました