法事で着る平服。男性・女性の服装について調べてみた

スポンサーリンク

法事の際に平服でお越しくださいといわれたら、

一体どんな服装をするのがベストなんでしょうか?

 

そもそも平服ってどんな服装なのかも、ちょっと悩みどころですね…。

 

でも、法事だからマナー違反の服装をしてはいけません。

 

そこで今回は、法事ではどんな服装をするのが良いのか、

平服の意味も交えてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

法事の服装。男性の平服はどんな感じ?

 

 

法事の服装では、

男性の場合は、三回忌までは黒のスーツと白い無地のワイシャツ、

そして黒無地のネクタイと、黒無地の靴下に黒の革靴という格好をしましょう。

 

分かりやすくいうのなら、喪服を着るのがベストな服装ですね。

 

「平服で」といわれると、つい普段着を思い浮かべてしまいがちですが、

平服とはつまり、その場に合った服装という意味が込められているので、

必ず服装はそれなりにきちんとした格好をするようにしてください。

 

ちなみに、上記のような喪服を着るのは三回忌の法事まで。

 

七回忌以降は、なるべく地味な色合いのきちんとした服装を着るようにしましょう。

 

男性であれば、紺かグレーのスーツに白無地のワイシャツ、

無地で地味な色合いのネクタイ、靴下も地味な色合いのものにして、

靴は黒の革靴がおすすめですよ。

 

要するに、七回忌以降であっても、平服はスーツ着用する

ということには変わりないのですね。

 

ただ、七回忌以降であれば喪服でなくても良いので、

それを覚えておくようにしましょう。

 

三回忌までは、いわゆるブラックフォーマルなスーツを着た

服装をするのが平服ですね。

 

スポンサーリンク

法事の服装。女性の平服だとどんな感じ?

 

 

法事の際、三回忌まででしたら、

女性の場合も男性と同じようにブラックフォーマル、

つまり喪服を着ていけば大丈夫です。

 

黒のワンピースやセットアップスーツ、真珠のアクセサリー、

光沢のない布製の黒いバッグと黒いストッキング、

そしてシンプルな黒いパンプスという服装が理想。

 

私も法事の時は、黒のワンピースと黒のジャケットという

アンサンブルの服装をしたので、

三回忌までは、これらの喪服の服装をしておけば問題ないでしょう。

 

七回忌以降の場合、

女性は紺やグレーの地味なワンピースやアンサンブル、

セットアップスーツを着用して、

アクセサリーはやっぱり真珠を選んでおくと無難ですね。

 

靴もバッグも黒い光沢のないものを選び、ストッキングは黒にしておきましょう。

 

そうすれば、マナー違反にならない服装になりますよ。

 

やっぱり女性の場合も、

七回忌以降は地味な服装であれば、喪服でなくても良いんですね!

 

でももし、グレーや紺のワンピースなどを持っていない場合は、

黒いワンピースを着てもOKですよ。

 

要するに、目立たない地味な服装であれば問題ないので、

七回忌の服装に迷った時は、喪服を着てしまっても大丈夫です。

 

三回忌では喪服、七回忌以降は地味だけれどフォーマル寄りな服装、

というように覚えておけば、まず服装選びに失敗することはないでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

法事の際に、平服でお越しくださいと案内があった場合でも、

三回忌までは基本的には喪服を着用し、

七回忌以降は地味だけれどフォーマル寄りな服装を心がけましょう。

 

そうすれば、服装マナーを押えられるので安心ですよ。

 

「平服」という言葉に惑わされず、

フォーマルを意識した服装をしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました