お墓参りに花がいっぱいの時、どうすればいい?タブーってあるの?

スポンサーリンク

お墓参りに行ったら花がいっぱいあった時って、

一体どうすればいいんでしょうか?

 

花をお供え出来ないと、持ってきた意味がありませんよね…。

 

そもそもお墓参りに花を持っていくのには、

一体どんな意味があるんでしょうか?

 

今回は、お墓参りの時に

花がいっぱいだった場合はどうすればいいのかと、

花を供える意味、そして

お供えしてはいけないタブーの花を詳しく紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

お墓参りに持っていく花には、どんな意味があるの?

 

 

お墓参りにお花を持っていく、というのは、

基本的に故人を偲ぶためという意味があります。

 

でもお墓参りにお供えする花には、

その昔まだ日本が土葬だった頃、

花を供えることで、

動物がお墓を荒らすのを防ぐ役割があったとされているんですよ。

 

要するに、

昔はお供えのお花には動物除けの意味があったんですね!

 

また、別の説では、

お釈迦様がある仏様の供養をする際に、

お供えとして差し上げるものがなかったから、

お花を供えたのが由来ともいわれているんですよ。

 

他にも、花をお供えすることで、

命の大切さやはかなさを知ることが出来るから

という意味もあるんです。

 

いずれにしても、

お墓参りに花を持っていくということは、

色々な意味で故人様のためなので、

出来ればお墓参りの時は、花を持っていくようにしましょう。

 

ただし、もうすでに花でいっぱいな時は、

傷んでいる花を取り除き、新しい花をお供えするようにすると良いですよ!

 

でも、お花をそのまま活けた状態で帰ってしまうと、

花が枯れてみすぼらしくなってしまうし、虫が湧いてしまうので、

活けた花はお墓参りが終わったら、必ず持ち帰るようにしてくださいね。

 

余談ではありますが、

私がお墓参りをする際は、花ではなく榊を持っていきます。

 

ということで、お墓がお花でいっぱいな時は、

虫よけのためにも、お花は持ち帰るようにしていきましょう!

 

スポンサーリンク

お墓参りの花。タブーとされていることは?

 

 

お墓参りの花でタブーなのは、

毒やトゲ、つるのある種類の花、花粉が落ちやすい花、

そして香りのキツい花を選ぶことです。

 

例えばバラはトゲがあるし香りもキツいのでNGです。

 

またアザミもトゲを持つのでタブー。

 

そして彼岸花やすずらん、水仙は

毒を持っているためお供えには適していないし、

アサガオやクレマチスなどもつるがあるためお供えには向きません。

 

また、ユリも香りがキツく、

花粉も落ちやすいので選ばないようにしましょう。

 

ではどういう花がお供えに適しているかというと、

やっぱり菊やリンドウ、キンセンカ、

カーネーション、グラジオラスなどが良いですね。

 

もしどんなお花を供えようか迷ってしまったら、

お花屋さんで売っている

お供え用の花束を選ぶようにするとまず間違いなしですよ!

 

また、お花屋さんの店員さんに相談すれば、

お墓参りに適した花を教えてもらえますので、心配しないでくださいね。

 

タブーとされている種類の花を避ければ、

お墓参りのマナーは問題なしなので、

お花を選ぶ際には気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お墓参りに行ったら花がいっぱいだった時は、

傷んでいるものを取り除き、新しい花をお供えすると良いでしょう。

 

ただし、お供えした花は

虫よけのために、必ず持ち帰るようにしてくださいね。

 

そして花を持っていくのには、

昔は動物除けなどの意味があったのですが、

今では故人を偲ぶためにお供えするものです。

 

ただし、お墓参りに花を持っていく際は

バラやアザミ、彼岸花、水仙、アサガオ、クレマチスなどは

タブーの花なので、くれぐれも選ばないように注意しましょう!

タイトルとURLをコピーしました