御朱印集めは何が楽しい?意味ないってマジ?

スポンサーリンク

御朱印集めがブームになってしばらく経ちますが、

中には、「御朱印集めって何が楽しいの?」と思われている方も

いるのではないでしょうか?

 

また、「御朱印」には本当にご利益があるのか、

実は意味がないんじゃないか?という噂もあります。

 

実際のところは、どうなのでしょうか?

 

今回は、御朱印集めの楽しさとは何か?、

また、御朱印集めに本当に意味があるのか?について

まとめてみましたので、是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

御朱印集めは何が楽しいのか調べてみた

 

 

そもそも御朱印とは何でしょうか。

 

神社や寺院にて参拝者に向けて押印される書や印のことを表します。

 

神様とご縁を結ぶ書物といわれ、御朱印を集める方が増えています。

 

では、御朱印を集めるためには、何が必要なのでしょうか。

 

まず、始めに行きたい神社、もしくは寺院を探してみましょう。

 

私は、最近は旅行に行くことはなくなりましたが、

神社をめぐることが大好きでした。

 

その時に御朱印を頂こうと、

参拝客が並んでいる様子を見たことがあり、

一度は貰ってみようと思いつつ、まだ一歩を踏み切れていません。

 

落ち着いたら、一歩を踏んでみたいと思っています。

 

次に用意すべきものは御朱印帳です。

 

専門店もあるくらい、御朱印帳は豊富にあります。

 

自分に合ったスタイルを見つけるのも、楽しむコツかもしれません。

 

もちろん、御朱印帳がなくても御朱印を頂く事はできます。

 

御朱印帳を忘れた時は、

書置き御朱印というものももらえたりします。

 

しかし、和紙にいただく事もあり、貼るときは最善の注意を必要とします。

 

神社参拝には、御朱印帳を忘れないようにしたいですね。

 

最近では、神社によっては御朱印帳を購入できるところもあります。

 

自分のお気に入りを見つけるためにも、

一度チェックしてみることもいいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

御朱印には意味ないって本当なの?

 

 

そのような説も出ています。

 

参拝の意味を考えたら、答えが出ますね。

 

なぜ、神社に参拝に行くのか?

 

御朱印集めを、ただのスタンプラリーと思っている方が

もしかしているのかもしれません。

 

ここで、神社の正しい参拝方法について考えてみましょう。

 

  1. まずは鳥居をくぐる前に一礼をします。
  2. 参道は真ん中を避けて歩きます。
  3. 手水舎で手、口を清めます。

(新型コロナの影響で、手水舎を止めている寺院も増えてます。気持ちだけでも清める心を忘れずに。)

 

次にお賽銭を収める方法について。

 

  1. 鈴を鳴らして清めます。
  2. お賽銭を入れます。

 

二礼二拍手一礼でお参りを基本としますが、

神社によっては異なることもあるので、参拝先で確認をした方がいいですね。

 

このように基本的な参拝方法がありますが、

新型コロナの影響で、オンライン参拝ということも可能となりました。

 

実際に鳥居をくぐってみるからこそ、神聖な気持ちになれるものですが、

なかなか難しい世の中になりましたね。

 

御朱印もオンライン購入が可能となった神社もあります。

 

オンラインで購入した御朱印の意味を考えると…

その人の気持ち次第ですね。

 

御朱印帳に大事に貼っておくのも気持ち次第。

毎日見える場所に飾るのも気持ち次第。

 

その御朱印を見て、

自分のやる気とモチベーションが上がるのなら意味があるけれど、

見ないところに保管となると、神様に失礼じゃないですか。

 

すべては気持ち次第ということですね。

 

気持ち次第という意味で、

私も過去に神社に参拝してはお賽銭を納付したり、願いを書いたりしました。

 

効果というと、大なり小なりありました。

完全に無ではありませんでした。

 

一番の効果は、自分に素直に向きなおれたことでしょうか。

 

行動することで前向きになれるのであれば、

御朱印集めは意味のある行動だと言えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

御朱印のデザインは、寺院や神社によってさまざまです。

 

一つ一つが手書きのため、同じものがありません。

 

神社によっては、スタンプを押してくださることもあります。

もちろんマナーを守ることを忘れずに。

 

こちらのサイトでも、2021年の最新情報を確認することができます。

 

新型コロナの関係で、遠方に出られない方もチェックすることは可能です。

 

個人的には、早く京都に行ってお参りをしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました