水をあまり飲まない人は太る?水飲まない場合、体重はどうなる?

スポンサーリンク

命に必要不可欠の水、しっかり飲んでいますか。

 

人間の体は体重の約60%が水分により構成されています。

 

水の働きにより、生命維持機能が保たれています。

 

水分の効果は大体、以下のようになります。

 

  • 栄養や酸素を運び、老廃物を排出
  • 体温調節
  • 新陳代謝をスムーズにする

などなど。

 

そのため、適量の水分を摂取しないと健康を損なわれ、

様々な症状が現れます。

 

例えば、真夏に危険な脱水症状と熱中症は。

水不足によるものです。

 

逆に、水中毒と言って、

過剰に摂取した場合は死に至るケースもあります。

 

命に必要不可欠の水ですが、

少し飲み方を変えるだけでダイエットにも効果的。

 

今回は、水とダイエットに関する記事をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

水をあまり飲まない人は太るってマジ?

 

 

結論から言うと、マジです。

 

水分不足により、細胞間に必要以上の水をため込んでしまいます。

 

そのため、余分な水分がため込まれてしまい、

代謝悪化、老廃物蓄積、最終的にむくみを生じます。

 

悪化すると足が太く、

顔が大きく見えてしまい、最悪ですね。

 

また、水分不足により便秘を引き起こすこともあります。

 

水分不足により便が小さく固くなり、

蠕動運動が起きにくくなります。

 

そのため、便秘を引き起こし、ウエストが太くなります。

 

ただ、水を意識して飲まないことってありますよね。

 

遠距離の旅行中や仕事中って、

どうしてもトイレに行くことが難しいじゃないですか。

 

そのため、水分摂取量を少なくする…。

 

この習慣が、体に良くなかったというわけですね。

 

水を適量摂取すること、

それは、痩せやすい体を作ること。

 

痩せやすい体は、新陳代謝がスムーズになり、

老廃物を排出しやすいため太りにくくなります。

 

気を付けたいのが、水は適量摂取ということであり、

カロリー制限のため、水だけダイエットのように過剰に摂ることは絶対禁物です。

 

水のカロリーは0Calであり、

甘味のある飲み物に比べたら、

たくさん摂取してもいいや、と油断しがちになります。

 

長時間、摂取カロリーの少ない状態が続くと、

人間の体は省エネモードになり、消費エネルギーを少なくしてしまいます。

 

水だけダイエットでカロリーを落としていて、

体重が減ったと同時に食生活を戻すと、

消費カロリー < 摂取カロリー

となり、太りやすくなります。

 

結果、体重が増えます。

 

また、水には栄養がほとんど含まれていません。

 

水だけを摂取するうちに栄養が偏り、

体は不足した栄養素を求めようとします。

 

結果、食欲が暴走してコントロールできなくなり、

食べる量が増え、体重が増えます。

 

適量の水を摂ると痩せるという話をしましたが、

では、どのように摂取したら、より効果的なのでしょうか。

 

・間食前の水分補給

 

ダイエットに我慢は禁物。

反動でドカ食いのケースもあります。

 

つまり、間食を摂るときは、

まず水を飲むことで空腹を満たしましょう。

 

食欲が抑えられて、ドカ食いを防止できます。

 

・常温、もしくは白湯で飲む

 

冷水は体を冷やしてしまいます。

 

内臓温度を冷やしてしまい、

代謝も悪くなり、太りやすくなります。

 

常温、もしくは白湯を飲むことで、内臓温度を調節しましょう。

 

・水+塩分

 

特に真夏は汗をたくさんかくため、

水だけでなく塩分摂取も必要となります。

 

もし、水だけ摂取したらどうなるのでしょうか。

 

汗には水分だけでなく塩分が含まれており、

水だけ摂取することで、血中濃度が低い状態となります。

 

体は血液内の構成成分を一定にしようと働き、

せっかく飲んだ水分を排出しようとします。

 

結果、たくさん水分を摂っても、

体内の水分量は減ったまま、熱中症になります。

 

リバウンド防止のためにも、

適量の水を効果的に取り入れたいですね。

 

スポンサーリンク

水飲まない場合、体重はどうなる?

 

 

単純に、水を500ml飲んだらその分体重が増えます。

 

しかし、この500mlの水分は、

汗と尿として排出されるため、体重として気にすることではありません。

 

ただ、水分不足により、

むくみ、便秘を生じた結果、体重が増えます。

 

また、脂肪が燃焼しにくくなり、

太りやすくなり、結果、体重が増えます。

 

では、体重が増えにくい体を作るには、

どのように水分を摂取したらいいのでしょうか。

 

適量、特に1日1.2~1.5Lの水分摂取が望ましいと言われます。

 

意識して摂取することを心がけるもの、

なかなか大変なんですよね。

 

一時期、一度に1.2Lを飲むことも実行してみたのですが、

水中毒のような症状になってしまい、

危険と自覚し、過剰摂取を避けました。

 

水中毒について説明します

 

水分を多量に摂取することで、

尿の処理能力が低下、低ナトリウム血症を引き起こすこと。

 

頭痛、嘔吐、意識障害等。

 

私の場合、食欲がなくなり、無気力になりましたね…。

 

トイレに頻繁に行くようになり、

1日がまともに過ごせなかったような。

 

学生時代の夏休みに行った苦い思い出です。

 

ただ、トイレに頻繁に行ったことにより、

体重は減りました。

 

摂取した水分以上に、

尿で排出していたからかもしれません。

 

効率よく水を摂取するために

 

・起きてすぐ

 

寝ている間に汗をたくさんかいています。

 

起きてすぐ水を飲むことで、失われた水分を補給できます。

 

・お風呂の後

 

10分入浴で400mlほどの水分が失われます。

 

入浴後は十分に水分補給を。

 

・食事の前

 

食事前に1杯水を飲むことで食欲を抑え、

食事の量をコントロールできます。

 

3食の直前に。コップ1杯飲んでみると劇的に変わります。

 

・それ以外

 

スポーツをしているときは、こまめに水分補給を。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

体重を減らすためには運動が効果的ですが、

汗をかくため水分摂取が必要です。

 

特に運動中は、ミネラルが不足がちになるため、

カルシウムとマグネシウムを含んだ硬水がおすすめですが、

大量に摂取すると腹痛を引き起こすことがあります。

 

また、硬水は水道水に比べて飲みにくいため、

様子を見ながら慣らす必要もあるかもしれません。

 

効果的に水を飲んで体重を減らすために、

毎日の生活に一工夫してみませんか。

 

水は命の源。

健康維持、生命維持のために適量を摂取しましょう。

タイトルとURLをコピーしました