ビスケット・クッキー・クラッカーの違いについてガチで調べてみた

スポンサーリンク

ビスケットとクッキーとクラッカーの違い、わかりますか?

 

『そんなの簡単、味だよ。』

 

その通り。

味が違います。

 

特にクラッカーの場合、

そのまま食べるよりは、ジャムを付けたり、

上にサーモンを乗せてカナッペとして食べることもあります。

 

ちなみに、クッキーもクラッカーも

ビスケットの仲間ですが、なぜかわかりますか?

 

『え?仲間ってどういう意味?味も見た目も違うのに仲間?』

 

ビスケット・クッキー・クラッカー、

どれもなんとなく似ていますが、

何がどう違うのかを知りたい方へおすすめです。

 

  • ビスケットとは?実は保存食だったビスケットの原料を知ってみよう
  • クッキーとは?手作りもできるクッキーってしっとりしているのは気のせい?
  • クラッカーとは?甘味がなく味がしない印象だけど

 

スポンサーリンク

ビスケットとクッキーの違いについて

 

 

ビスケットの主材料は小麦・牛乳・バター・砂糖・ショートニング

 

主材料をオーブンで焼いた菓子を、ビスケットと言います。

 

つまり、クッキーもクラッカーもすべて、

ビスケットと言うこととなります。

 

『同じなのになんで呼び方が違うの?』

 

それでは、次にクッキーについて説明しますね。

 

ビスケットとクッキーの違いは外観と糖分と脂肪分の合計

 

クッキーと言えば、

家庭科の時間に作ったことがありますが、

見た目は手作り感満載ですよね。

型で抜いて楽しかったなぁ。

 

クッキーの特徴は、

手作りの外観と、糖分と脂肪分の合計が40%以上の焼き菓子ということ。

 

つまり、40%以下がビスケットと言うこととなります。

 

糖分が多いほうがクッキーのため、

ビスケットより甘くなるということなんですね。納得。

 

ビスケットとクッキーの名前の違いはアメリカとイギリスの違い

 

ビスケットはイギリスから、

クッキーはアメリカから渡ってきたと言われます。

 

江戸時代後期、

ビスケットは保存食としてヨーロッパより渡ってきました。

 

もともとは、パンを長期保存するために二度焼いた物でしたが、

日本でも保存食として愛されました。

 

戦後、クッキーは

アメリカより【高級なお菓子】として渡ってきました。

 

ビスケットに比べて脂肪分が多かったため、

【高級なお菓子】をクッキーと呼ぶようになりました。

 

ちなみに、アメリカでビスケットは菓子パンのことを表します。

 

糖分と脂肪分の合計が40%以上という基準に関しては、

単純にカロリーの違いで考えたほうが、分かりやすいかもしれませんね。

 

ビスケットが低カロリー、クッキーが高カロリー。

 

イギリスでビスケットと相性が合うのは紅茶と言われています。

一度試してみたいですね♪

 

スポンサーリンク

ビスケットとクラッカーの違いとは?

 

ビスケットとクラッカーの違い、固いほうがクラッカー

 

クラッカーも、材料からすれば、ビスケットの仲間です。

 

しかし、違いは固さ

 

これには理由がありまして、

イースト・酵素が含まれているためです。

 

また、無塩で無味と言う特徴もあります。

 

だから、パンのようなサクサク感がなんですね。

 

薄くて軽いから、そのまま食べるより

クラッカーの上にのせて食べると

ダブルでおいしいから、パーティーにおすすめ。

 

ちなみに、クラッカーを焼くときに爆竹のような音がするため、

【クラック=砕ける】と言う言葉が

クラッカーの名前の由来と言われています。

 

クラッカーの原型は【乾パン】です。

 

水なしで食べるから満腹になるという保存食。

 

食べたことはありませんが、

分厚いクラッカーというイメージですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ビスケット・クッキー・クラッカーの違いについて、

まとめてみました。

 

細かく分けて、

ビスケット・クッキー・クラッカーと違いがあるようですが、

大きく分けたら、ビスケットの仲間だったということですね。納得。

 

おやつにおすすめの

ビスケット・クッキー・クラッカー。

 

栄養が豊富だから、保存食として置いておきませんか?

 

一つ食べたらお腹いっぱいになる

ビスケット・クッキー・クラッカー。

 

一人で食べるより、みんなと一緒に食べたらおいしい。

 

ダイエット中の方には、

無塩・無味のクラッカーをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました