海水浴の持ち物。子連れで行く時の必需品といえば?

スポンサーリンク

夏だ!海だ!海水浴場に行くぞー!

と張り切っているパパを見ると、心が和みますよね。

 

私が小さい頃も、

よくパパが叫んでいたのを今でも思い出します。

 

現在では、子どもたちに「海に行くぞー!」と叫んでいます。

 

でも子連れで海に行くのって、

結構荷物が多くなったりして大変ですよね。

 

特に赤ちゃんや小さい子がいる時って、

本当に苦労した記憶があります。

 

今でこそ、大きく成長した子どもたちを持つ親になったので、

これまで得た知識を、存分に皆さんへ提供させていただきます。

 

今回は、海水浴場に持っていくといい持ち物や必需品、

あると便利なものを一挙公開します!

 

スポンサーリンク

海水浴の持ち物。子連れならこれがあると便利!

 

 

海水浴に行くとなると、結構な大荷物になってしまいますよね。

 

今回は、海水浴場に持っていくものを厳選して、3つご紹介しますね。

 

1.クーラーボックス

 

子どもの「暑い〜、喉が渇いた〜」に、すぐ対応するための必須アイテムです。

 

海水浴場って、意外と駐車場から離れていることも多いので、

できれば、車輪がついているものをオススメします。

 

なぜなら、コロコロがついていないと両手が塞がっちゃうからです。

 

片手でクーラーボックスを引いて、

もう片方は子どもと手をつなぎましょう!

 

我が家で使っているものはコチラ↓↓↓

 

保冷剤には、自宅で500mlのスポーツ飲料や、飲料水を凍らせて持っていくと、

昼頃には溶けて飲むこともできるのでオススメです。

 

2.ワンタッチテント

 

ちょっと休憩するときに大活躍する、

ワンタッチテントがあると、とても便利です。

 

できれば、日除けもしっかりできて、

四方から風が抜けてくれるものをオススメします。

 

また、テントは着替える場所としても使えるからいいですよね。

 

我が家で使っているものがコチラ↓↓↓

 

 

中に荷物を入れておけば、

重りになって強風にも耐えることができますので、

クーラーボックスなどは中に入れておきましょう。

 

3.子ども用救命胴衣

 

これは必ず持っていって欲しいものです。

 

毎年、水難事故というものは必ず起きています。

 

海水浴をしていると、

ふとした瞬間に子どもを見失うことがあります。

 

しかし救命胴衣をつけていれば安心です。

 

ウチの子どもも。コレをつけていたから、助かったというシロモノです↓↓↓

 

もちろん年齢に合わせて、

いろいろなものを探してみるといいですよ。

 

 

以上、3つが厳選アイテムですので、

子連れで海水浴に行く前の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

海水浴に子連れで行くときの必需品といえば…?

 

 

次は、子連れ海水浴に必須の必需品を紹介させていただきます。

 

1.除菌シート

 

コロナが落ち着いているからと、油断してはいけませんよ。

 

子どもたちは手指をすぐにペロペロしますよね。

 

ご飯を食べる前には必ず手を拭きましょう。

 

手洗い場が近くにあっても、蛇口は本当に綺麗ですか?

 

ひねる部分をアルコール除菌している作業員が、そこにいますか?

 

そういう不安があるなら、必ず持っていくべきです。

 

自分の身は自分で守りましょう。

 

 

2.日焼け止め

 

過敏になる必要はないかもしれませんが、

私は子どもと一緒に使える、コレをオススメします。

 

海水浴場での日焼けは、子どもが低温火傷を起こす可能性もあります。

 

日焼け止めを塗って予防しましょう!

 

 

3.日除けつきスイムキャップ

 

直射日光が頭に当たり続けると、熱中症につながります。

 

せっかく遊びにきたのに、病気になってしまっては楽しめませんよね。

 

熱中症予防は、必須だと思います。

 

 

以上3つが、子連れ海水浴の必需品です。

 

その他にもいろいろあると思いますが、

「ウイルス、日焼け、熱中症の危険もある」

ということを意識しながら、準備するといいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

子どもを連れて海水浴場に行くとなると、

大人だけで行くのとは、

準備するものが変わってくるということを、理解していただけましたか?

 

子どもの身を守るのは親であることを再認識すると、

海水浴場に持っていく必需品が何であるのかが、浮かんでくると思います。

 

大人目線よりも、子ども目線で考える便利なもの

というのを厳選した方が、荷物も少なくなるでしょうね。

 

大人はどうにかなります!

子どもの安全を第一に考えましょう。

 

それでは、海水浴を思いっきり楽しんでくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました