しらすとちりめんじゃこの違いや栄養について調べてみた

スポンサーリンク

しらすといえば、手軽に食べられる海の幸の一つですよね。

 

ほどよい塩加減で、丼として乗せるだけでもご飯がいけるような食品です。

 

ところで、しらすとよく似ている「ちりめんじゃこ」がありますが、

何がどう違うかご存じですか?

 

みんなが知っているようで知らない、

「しらす」と「ちりめんじゃこ」の具体的な違いや、栄養面でも違いがあるのかも紹介します。

 

両方とも、「イワシの稚魚」を使った食材であることは先に述べておきます。

 

そして、生のしらすを釜茹でしただけのものを「釜揚げしらす」、

釜で茹でた後、少しだけ乾燥させたものを「しらす干し」、

しっかりと乾燥させたものを「ちりめんじゃこ」と区別されているのです。

 

栄養価という面では、

「ちりめんじゃこ」の方が圧倒的に高いという結果でした。

 

それでは、もう少し深堀して調査結果を紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

しらすとちりめんじゃこの違いって何?

 

 

白い小魚として、スーパーでパック売りされている「しらす」は、イワシの稚魚の総称です。

 

ちりめんじゃこは、カタクチイワシやウルメイワシの稚魚を主な原料として、

塩水で釜揚げした後、乾燥させて作られます。

 

干上がった見た目から「ちりめん(縮緬)」、

または「ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)」と呼ばれるようになりました。

 

一方、しらすは、煮沸後の乾燥の度合いによって呼び名が変わっていきます。

 

釜の中で煮沸後、そのまま冷まして水分率を90~80%としたものを「釜揚げしらす」、

機械や天日により70~65%にしたものを「しらす干」、

60~50%を「中上干」、40%を「上干」とし、

乾燥度の高い、中上干や上干製品を「ちりめん」と通常呼んでいます。

 

しかし呼び方は地域で違うらしく、

しらす干製品全般を関東では「しらす」、

関西では「ちりめん」となっているそうです。

 

ちなみに高知県では、「しらす」も「ちりめんじゃこ」も区別されておらず、

すべて「ちりめんじゃこ」と呼ばれています。

 

柔らかめの一般的な「しらす」も「ちりめん」と呼ぶ人もいるため、

高知県では「しらす」という名前を目にすることは、めったにないそうです。

 

もしも高知旅行に行った際は、スーパーに立ち寄って見てみてください。

 

スポンサーリンク

しらすとちりめんじゃこ。栄養に違いはあるの?

 

 

「しらす」も「ちりめんじゃこ」も、そのまま食べても美味しいですよね。

 

ご飯にもパスタにもうどんにも合うし、

野菜に合わせればちょっとした酒のつまみにもなります。

 

でも、栄養価は「ちりめんじゃこ」の方が圧倒的に高いんですよ!

 

「しらす」は乾燥度が低いほど、食感が軟らかく、食べやすいのですが、

日持ちが短いという欠点があります。

 

一方、「ちりめんじゃこ」のように乾燥度が高いと固めですが、

日持ちは良くなり、うま味もギュッと凝縮されます。

 

ようするに、食べる量が同じでも、

栄養価の摂取量に違いが出てくるというわけです。

 

「しらす」には様々な栄養素が含まれており、

特にカルシウムやビタミンDがたくさん含まれています。

 

そのほかにも、ビタミンB12やDHA、EPAも入っています。

 

カルシウムは、歯や骨の形成に必要な栄養成分ですよね。

 

同時に取れるビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける効果があるので、

「しらす」を食べるだけで一石二鳥の栄養摂取ができます。

 

ちなみにビタミンDは、日光を浴びることによって

人間の体内で作ることができます。

 

実は「しらす」も、干したときに日光浴するような感じになるので、

ビタミンDが増えるのです。

数値的に言いますと、6倍も増えます!

 

しかも、カルシウムも2倍に増えるという、摩訶不思議現象も起きちゃうのです。

 

というわけで、健康志向が強い方は、

「しらす」よりも「ちりめんじゃこ」を多めに取るようにしましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「しらす」と「ちりめんじゃこ」の違いを、理解することはできましたか?

 

その違いで最も分かりやすいのは見た目であり、

水分を含んでいる量で違ったんですね。

 

栄養価については、もともとのカルシウムや、ビタミンDといったものが

「ちりめんじゃこ」になることで、数倍に増えるというのは驚きました。

 

これからは「しらす」ではなく、「ちりめんじゃこ」を多めにとって

栄養価を高めて健康になろうと感じました。

 

歯応えも、硬い方がアゴの衰えを抑えることもできるし、いいことづくしですよね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました