角栓がやばい!取らないとどうなる?簡単な取り方も紹介

スポンサーリンク

角栓やばい・・・私、毎日思っています・・・。

 

特に春、夏、ものすごーく気になります。

 

真夏になってしまえば、多少日焼けもして見えにくいものの(笑)、

毛穴に黒ずみが溜まっているのは、よくわかります。

 

だって、顔にできものなんてないのに、

ゴツゴツブツブツしたように見えるんですもの。

 

毎日する化粧によって、

汚れが知らず知らずのうちに溜まっているのを見過ごして、

角栓になってしまいました。

 

どこかのタイミングで、きちんとお手入れしなきゃと思いながらも、

意外と正しい方法を知らないんですよね。

 

今回の記事では、

角栓を放っておいて、そのまま取らないでおくとどうなるのか?と、

角栓の正しい取り方についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

角栓を取らないとどうなる?

 

 

そもそも、角栓とはなんなのでしょうか?

 

角栓とは、古い角質や汚れた皮脂、

メイクの汚れなどが混ざりあって毛穴に詰まり、

毛穴の中で固まってしまった状態になるもので、

この詰まりを放っておいたものが、角栓というものになるのです。

 

そして、この角栓をさらに放っておくとどうなるのか!?

 

角栓を放っておくと、酸化し始めます。

 

そして、俗にいう「黒ずみ」毛穴になってしまうのですね。

 

いちごのようなブツブツの鼻、

鏡でみると、黒いブツブツがあるように見える肌・・・、

 

汚くて嫌になっちゃいます。

 

そして、取ろうとして

むりやり押し出したりしてしまうんですよね・・。

 

それがまた、新しい角栓を生む危険な行為につながるとも知らず・・。

 

スポンサーリンク

角栓の取り方。簡単なやり方を説明

 

 

まず、角栓を除去しようとして、やりがちなNG行動を紹介しておきます。

 

・むりやり毛穴から押し出す

・冷水洗顔

・はがすパック

・ふき取りクレンジング

・毛抜きで押し出す

 

このような無理やり行為は、

さらなる角栓の増加や、肌を壊す可能性が高いので止めましょう。

 

過剰行為というのが、肌にとっては本当に負担になります。

 

そういう意味では、過剰に保湿したり過剰に洗顔したり、

ということもよろしくないと言うことです。

 

毛穴に汚れが詰まらないようにする

このシンプルな策を大事にすることが、角栓を防ぐ最大のポイントなんです!

 

だから大切なのは、クレンジングと洗顔部分になってきます。

 

そして、焦って一度にスッキリ落とす!というのではなく、

少しずつ毎日ケアしていくという気持ちが大切です。

 

1.泡立ては、ふわふわきめ細かく

まず、メイクオフする際は、

乾燥肌の人は、ふき取り美容液で丁寧にふき取ってください。

 

いざ洗顔という時ですが、一番大切なのが泡立てになってきます。

 

泡がなかなか立たないという人は、泡たてネットを購入することをお勧めします。

 

 

 

ぬるま湯で、適量の洗顔料を取り、

そして、きめ細かい泡になるまで泡立てます。

 

両手いっぱい埋まるほどの、ふかふかのきめ細かい泡を作ります。

 

これが最大のポイントになってきます。

 

2.泡洗顔は塗るのではなく「置く」イメージで

泡ができたら、Tゾーン、小鼻周りなど気になるところを先に付けます。

 

塗るのではなく、置くというイメージで、包み込むように馴染ませることが大切!

 

間違ってもゴシゴシこすったり、押し出したりなどはしないでください。

 

そーっと、そーっと行いましょう。

 

肌を触るというより、泡を触っている感覚で馴染ませていきます。

 

全体に馴染んだら、ぬるま湯ですすぎましょう。

 

この作業を丁寧にやることが大切です。

 

ちなみに、顔を洗う前に、

ホットタオルなどを顔に当て、顔を蒸かす感じにしておくと、

角栓が浮いてきて除去しやすい状況になります。

 

3.毛穴クレンジングは優しく丁寧に

そして、週に一度のスペシャルケア。

 

毛穴クレンジングです。

 

週に一度、スクラブケアで、からめとりましょう。

 

注意点は、スクラブというと、

ゴシゴシクルクルして取るイメージですが、違います!

 

あくまで優しく丁寧に!

 

まず、スクラブをスタンプを押すように顔に乗せます。

 

そして気になる部分は、優しくクルクルします。

 

でも、オデコや頬のように広いところは、スクラブは乗せるだけでOKなんです。

 

クルクルやると、摩擦から肌を壊してしまうので要注意!

 

物足りないくらいの丁寧さ、優しさでOKです。

 

あとは、毛穴パックなどの商品がありますので、

仕上げにしておくと清潔な毛穴に戻ります!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

角栓って怖い存在ですよね・・・。

 

汚い汚れが毛穴につまり、

酸化していって角栓となり、さらに黒ずみまで発展してしまう・・・。

 

黒ずみだらけの顔って、

人相や年齢まで変えてしまうほどの効果があるんです。

 

だからこそ、できてしまった角栓は

丁寧に優しく長期的に改善をはかり、

角栓ができないように予防していくことが何より大切ですね。

 

毛穴の中を清潔に保つために、

日ごろのメイクオフや洗顔を、

丁寧に優しく行い、週一などでスペシャルケアをしていきましょう。

 

ただ、やりすぎや使い過ぎなどの過剰行為は

肌を痛めたり、逆に角栓を増加させます。

 

ただやればいいというのではなく、

正しいやり方でやるということが大切ですよね!

タイトルとURLをコピーしました