クレンジングで角栓が取れない!クレンジングオイルでの角栓の取り方やおすすめを紹介

スポンサーリンク

クレンジングで角栓が取れないと悩まれている方が多いですが、

クレンジングだけでは、角栓を取る事はできません。

 

クレンジングの本来の目的は、化粧を落とすという事です。

 

角栓が脂質であれば、クレンジングで落とすことはできますが、

角栓の70%はたんぱく質でできています。

 

どうしてもこの角栓を取りたいのだけどいい方法があれば教えてほしい!

 

クレンジングを利用した角栓の取り方について、

この記事で説明いたします!

 

スポンサーリンク

クレンジングオイルでの角栓の取り方

 

 

角栓とは?

 

角栓の70%は角質、つまりたんぱく質です。

角栓の30%は皮脂です。

 

角栓と言う言葉の意味は、角質で栓をすることから「角栓」。

 

栓とはどこの栓?もちろん、毛穴です。

 

角栓ができる原因とは?

 

角栓ができる原因は、肌の乾燥、メイクの落とし残しなどがあります。

 

つまり、角栓を予防するためには肌の手入れが必要ということです。

 

クレンジングオイルで角栓は落とせるのか?

 

角栓の30%の皮脂は、洗顔で落とすことができます。

 

角栓の70%はたんぱく質のため、洗顔だけでは落とすことができません。

 

ここでおすすめが、「酵素」配合のクレンジングオイルです。

 

酵素の役目とは?

 

酵素が角質を分解します。

 

酵素は、黒ずんだ角栓を予防し、

酵素が肌を柔らかくします。

 

パパウォッシュクレンジングオイル

 

パパイン酵素配合のため、くすみざらつき対策OK

 

 

クレンジングオイルで角栓を落とす時の注意点

 

毛穴の黒ずみを1度で落とそうとして、

ゴシゴシするのは肌に負担がかかり、かえってよくありません。

 

角栓のケアは少しずつ、回数を増やすことが肌に優しい手入れです。

 

クレンジングオイルの正しい使い方

 

1.ポイントメイクはあらかじめ落としておく事。

 

マスカラ、口紅を一緒にクレンジングオイルで

落とそうとされている方もいらっしゃると思います。

 

目元は特に皮膚が薄く、こする事で色素沈着を起こします。

 

必ず、ポイントメイクは専用クレンジングで落とした後に、

クレンジングオイルを使いましょう。

 

2.クレンジングオイルは肌になじませるために多めに使う

 

肌で擦る事が、肌に負担です。

 

少しでも負担を減らすためには、

クレンジングオイルを多めに取り、肌になじませることが負担を軽減します。

 

長時間なじませるよりは、30秒から1分程度が理想的です。

 

3.クレンジングオイルのポイントは、乳化

 

乳化することで、メイクや汚れをしっかりと落とすことができます。

 

乳化の方法は、指先に水を取り、顔に水をつけていくことです。

 

乳化すると、クレンジングの色が白くなります。

白くなったらすすぎましょう。

 

4.クレンジングオイルはぬるま湯ですすぐ

 

32度のぬるま湯に20回程度が理想的です。

 

すすぐときは、指で擦らないように生え際もしっかりとすすぎましょう。

 

すすぎ終わったらタオルで拭きますが、ゴシゴシ拭く事は肌を傷めます。

 

押しながら拭いて、水分を取りましょう。

 

5.クレンジングオイルは水だけで落とす

 

コットンで拭く事は、肌にダメージを与えます。

 

必ず、水だけで落とすようにすることで肌が元気になります。

 

 

以上が、クレンジングオイルの正しい使い方です。

 

私自身も、間違っていた事があるため、これからは気をつけたいなと思います。

 

スポンサーリンク

クレンジングオイルで角栓を取りたいけど、おすすめ商品ってある?

 

 

マイルドクレンジング オイル(FANCL)

 

メイク汚れだけでなく、角栓を落とす機能を追加。

 

うるおいを守りながら、美肌を育むことを強化したオイルタイプのクレンジング。

 

「するんとオフオイルα」を配合することで、メイクもしっかりと洗い流します。

 

擦らずにすばやく洗い流せる、肌に優しいクレンジングオイルです。

 

実際に使われている口コミを紹介します。

 

・夜のクレンジングはほぼこれ! 何度リピしたかわからない。 お風呂でも使えてメイク落ち抜群♡

 

・メイク落ち抜群。お風呂でも使える 手が濡れていてもOK!毛穴のざらつきまでおちる。無添加なので安心して使える。マツエクOK!!

 

・朝やデコルテ、背中など使えるシーンいろいろ(公式) 限定ボトルがかわいい!

 

・夜のクレンジングはほぼこれ。 お風呂でも使えますが、 やはり乾いた手と顔の方がざらつきは落ちやすい気がします。 限定ボトルがいつもかわいいです。

 

・連休でメイクしなかった日とかでも、軽くクレンジングすると角質が落ちるので

気になるときには使用しています(乾いた手と顔推奨)。

 

・たまに限定でクレンジングミニサイズ(約10回分)がついたもの、

クレンジングミニサイズ(約10回分)と、洗パウバー×2袋と

泡立てスポンジがついてるものがあるので、

見つけたときに2袋ほど購入しています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

クレンジングで角栓が取れない、

クレンジングオイルで角栓を取る方法を調べてみました。

 

角栓は70%がたんぱく質、30%が脂質のため洗顔だけでは落ちにくい。

 

クレンジングオイルを正しく使う事が、

肌の負担を減らして毎日の手入れを行うコツ。

 

絶対に、一度の手入れで角栓を取ろうとしないこと!

 

角栓対策として、酵素入りのクレンジングオイルが注目。

 

クレンジングオイルで角栓を取るためには、FANCLのクレンジングオイルがおすすめ。

 

正しい知識で肌を手入れすることが、角栓予防として最適です。

タイトルとURLをコピーしました