実印・銀行印・認印の違い。銀行印はなんでもいいのか調べてみた

スポンサーリンク

印鑑って、まだ何かと使用しますよね。

 

でも、いろんなところでいろんな言い方がされていますが、

何がどう違うのかわかりますか?

 

実印、銀行印、認印、なんとなく聞いたことがありますが、違いはあるのです。

 

どれも大事なものですし、間違えて押すことで無効になることもあります。

 

しっかり違いを知って使い分けたり、きちんと保管しておくことが大切です。

 

今回の記事では、実印、銀行印、認印の違いや、

銀行印の種類などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

印鑑の実印・銀行印・認印の違いについて調べてみた

 

 

印鑑にはいくつか種類があったり、

その時と場合により、提出を求められる印鑑が違うことがあります。

 

それぞれの違いについて調査してみました!

 

まず、一番重要な実印からいきましょう。

 

①実印

 

実印は、住民登録している市区町村の役場に提出して受理されている、正式な印鑑です。

 

もっとも需要な印鑑と言えます。

 

法律上、社会上の権利や義務の発生がありますが、

公正証書、借用書、契約書、遺産相続、自動車登録など、

大事な書類に必要となってきます。

 

唯一性を守るということで、

銀行員や認印などとは違うものにする方が良いとされています。

 

家族であっても、共同で使わないようにする方が良いです。

 

そして姓名両方入っている方が良いと言われるのも、この実印ですね。

 

②銀行印

 

銀行印は、金融機関の預貯金口座、出納などに使われています。

 

性のみの場合が多いですね。

 

銀行で口座を作るとき、解約する時、

窓口でお金を入金する時、出勤する時などに必要です。

 

しかし近年、通帳もアプリになったり、

出納もATMやネットバンキングがあったりするので、

なかなか印鑑を使用して・・ということはなくなりました。

 

でも機会が無くなっただけに、

この銀行印の紛失には充分気を付けなければいけません。

 

実印ほどの重さはなくても、権利や義務は発生しています。

 

悪用だってできるものですので、

管理はしっかりとしておくことをお勧めします。

 

③認印

 

印鑑登録をしない印鑑です。

 

書類や、一般事務で利用するもの。

特に仕事で使用する人が多い印鑑ですね。

 

この認め印は、銀行印と実印と同じでないほうが絶対に良いです。

 

認めであれば、今は100円均一でも購入できます。

ただし、珍しい名前でなければですけれども・・。

 

軽くポンポン押しがちですが、

一応印鑑が押してあれば、

目を通した、認めたということにはなりますので、

押す際は責任を持って押しましょう。

 

 

それぞれの印鑑にそれぞれの役割があります。

 

実印が一番、公的には重要とされるものですので、

取り扱いには非常に注意しなければいけません。

 

それに、個人ではめったに利用する機会がないので、

保管管理にも充分気を付けましょう。

 

ちなみに会社の法人用では

、実印はけっこう利用する機会が多いのです。

 

押す機会は多いとはいえど、重要な実印ですので、取り扱い要注意です。

 

スポンサーリンク

銀行印はなんでもいいのか気になったので調べてみた

 

 

実印ほど重要性のない銀行印って、何でもよいのか気になります。

 

だって100円均一にも印鑑売っていますもんね!

それでも良いのか?ということです。

 

結論からいうと、100円均一のものでもよいのです。

 

だけど、100円均一のものは、大量生産されています。

 

そのため悪用にも繋がりやすいため、避ける人が多いとされていますね!

 

そもそも銀行印の役目は、

「本人を確認するためのもの」なのです。

 

本来、銀行で大きな金額のお金はATMでおろすことができず、窓口になります。

 

その時本人確認が必要で、

正式な手筈としましては、

実印登録だと印鑑証明と実印が必要になりますが、

大変ですよね?

 

そのため、銀行にあらかじめ、印鑑の印影登録をしておくのです。

 

見比べて本人の確認になります。

 

とはいえ、財産に関わる印鑑ですので、取り扱いは充分注意しましょう。

 

銀行印を作るときは、オーダーメイドがおすすめです。

シャチハタやゴム印はNGとします。

 

男性、女性ごとの定番サイズがありますが、

今はそこまでこだわる人も少ないのです。

 

認印より大きく、実印より小さいもの。

 

男性は、13.5㎝~15㎝の丸印、女性は、12㎝~13.5㎝の丸印。

 

女性は、結婚などで苗字が変わることがありますので、

下の名前のみで登録する人もいます。

 

書体は、吉相体、篆書体、隷書体、古印体がありますが、

吉相体と篆書体がおすすめ。

 

読みづらくて偽造されないものなので、安心です。

 

名前も縦横自由なのですが、

横にした場合、例えば『田中』さんであれば、

中田とも読み間違える注意点も出てきますので、

なるべく縦がおすすめされていますね!

 

財産に関わってきます。

 

軽く考えないで、扱いも作るときも慎重を期しておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • 実印はもっとも重要であり、届け出してある公的な印鑑
  • 銀行印は、財産を管理する本人確認の印鑑
  • 認印は書類などに押す印鑑

ということになります。

 

重要度に差はありますが、

それぞれに責任は生じてきますので、取り扱いには充分注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました