歯ブラシが広がる原因とは?広がる人と広がらない人の違いや正しいブラッシングについて

スポンサーリンク

毎日使う歯ブラシ。

 

買ったときはまっすぐなブラシなのに、気が付くとブラシが広がっています。

 

でも、家族の歯ブラシを見ると、

同じタイミングで新しい歯ブラシに交換しても、

人によって広がるタイミングが違うと感じたことはありませんか。

 

「磨く回数はそれほど変わらないのに、人によって違うのかな?」

「磨き方が悪いのかな?」

「正しい磨き方は?」

 

これらの疑問について、わかりやすくまとめてみました。

 

この記事を読めば、歯ブラシの広がらない正しい磨き方がわかるので、

最後まで目を通してくださいね。

 

スポンサーリンク

歯ブラシが広がる人と広がらない人の違いって何?

 

 

歯ブラシの広がる人と、広がらない人は何が違うのでしょうか。

 

歯ブラシが広がる理由から、

広がる人と広がらない人の違いを解説します。

 

歯ブラシが広がる理由は、以下の3つです。

 

・1カ月程度使用している

 

歯ブラシは消耗品で、

1カ月で交換することが望ましいといわれています。

 

正しく磨いていても、1カ月程度で広がります。

 

・力を入れて磨いている

 

力を入れてゴシゴシ強く磨くと、

歯ブラシの毛先はすぐに広がってしまいます。

 

・ブラッシングが間違っている

 

磨くときのブラシの動かし方によって、毛先が広がってしまいます。

 

 

これらの理由により、

どれくらい力を入れて磨いているか、

正しいブラッシングができているかによって、

歯ブラシの広がりに差があるといえます。

 

間違った歯磨きは、

ブラシの根元に必要以上の負荷を与えてしまうので、

広がりやすくなります。

 

スポンサーリンク

今さら聞けない歯磨きの正しいブラッシングについて

 

 

では、どのように磨けば

歯ブラシは広がりにくくなるでしょうか。

 

正しくブラッシングすることで、

歯ブラシは広がりにくくなるので、

ブラッシングの方法について解説します。

 

大人になっても、

正しいブラッシングができている人は意外と少ないので、

ぜひ、正しいブラッシングを身に付けてくださいね。

 

・力を入れずに磨く

 

力を入れると歯ブラシは広がってしまいます。

 

力を入れてゴシゴシ磨くと、

歯や歯茎を傷つけてしまい、

知覚過敏などのお口の中のトラブルにつながります。

 

力を入れずに磨くには、

歯ブラシの持ち方に注意してください。

 

歯ブラシをグーで握って磨いていませんか。

 

グーだと力加減が難しく、力を入れて磨いてしまいます。

 

歯ブラシは、ペングリップという鉛筆の持ち方で持ちましょう。

 

この持ち方だと力が入らず、歯や歯茎にダメージを与えず、

また、歯ブラシも広がりません。

 

・小刻みにブラシを動かし磨く

 

大きくゴシゴシ磨くよりも、

ブラシを小刻みに動かして磨いたほうがプラークは落ちやすく、

歯ブラシも広がりません。

 

1本ずつ丁寧に歯ブラシの毛先をあてて、

1mmから2mm程度に小さく動かして磨きましょう。

 

・歯医者にいく

 

虫歯になってから歯医者さんに行くのではなく、

歯をメンテナンスするために、定期的に通院するようにしましょう。

 

歯の汚れ具合をチェックして、正しい歯磨きの方法を教えてくれます。

 

正しい歯の磨き方を身に付けるには、歯医者さんにいくのがベストです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

歯ブラシの広がる原因や、

正しい歯の磨き方について解説してきました。

 

歯ブラシが広がってしまう原因は以下の3つです。

 

・歯ブラシを1カ月使っている。

・力を入れて磨いている。

・歯ブラシの使い方が間違っている。

 

歯ブラシを正しく使うことで、

歯ブラシは広がりにくくなります。

 

そのためには、ペンシルグリップで

1本ずつ丁寧に小刻みに動かして磨きましょう。

 

また、歯医者さんに定期的に通院して、歯磨きの指導を受けましょう。

 

歯ブラシは広がると汚れを落とす力が弱くなるので、

広がったら交換して、いつもきれいに磨ける状態にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました