床暖房・ガス代・エアコン・電気代、一番高いのはどれなのか調べてみた

スポンサーリンク

寒い時期は床暖房とガス代、エアコン、電気代では、

どれが一番高いのでしょうか?

 

結局のところ、暖房器具は床暖房にすれば良いのか、

ガスファンヒーターにすれば良いのか、エアコンにすべきか、

もしくはホットカーペットやこたつなどにすれば良いのか迷うもの。

 

出来れば少しでも光熱費がかからない方法で、冬場も暖かく過ごしたいですよね!

 

そこで今回は、床暖房やガス代、エアコン、電気代は

どれが一番高いのかを大公開!

 

ぜひ冬場の寒さ対策の参考にしていきましょう!

 

スポンサーリンク

床暖房・ガス代・エアコン・電気代、一番高いのはどれなのか調べてみた

 

 

では早速、床暖房やガス代、エアコン、電気代では、

金額が具体的にいくらになるのかを解説します。

 

床暖房

 

床暖房は、電気によって温める電気式と、

ガスを使う温水式の2タイプがあります。

 

例えば8畳の床暖房の場合だと、

1日8時間ずっとつけたままにしておくと、

設定温度にもよりますが、

電気式ならだいたい1ヶ月の電気代は2,800~6,000円

 

ガスを使う温水式の床暖房なら、

同じく1日に8時間つけたままにすることで、

1ヶ月のガス代は2,800円前後になるでしょう。

 

床暖房の場合ですと、温水式の方がかなりコスパが良く、

光熱費を抑えられるんですね。

 

ただし床暖房にするには、

初期費用として電気式なら60万円前後、

温水式では80万円前後がかかるので、

もしご自宅をリフォームするのでしたら、そのこともしっかり考えていてください。

 

ガス代(ガスファンヒーターなど)

 

ガスファンヒーターの場合は、

例えば8畳前後まで暖めることが出来るものだと、

1日に8時間つけたままにするとガス代は約3,224円になります。

 

床暖房の温水式よりも多少高くなりますね…。

 

しかもガスファンヒーターなどは、

ガスコンセントの位置がある場所でないと置けないし、

定期的に換気をしないと命に関わる危険性もあるので、

その点も覚えておきましょう。

 

エアコン

 

エアコンの暖房を使用する場合だと、

8畳も十分に暖められるエアコンを8時間つけたままにすると、

電気代は月およそ5,000円前後

 

やっぱりエアコンの暖房は、かなり高くなってしまうんですね…。

 

もちろん設定温度によっては、もう少し電気代を抑えることも出来ますが、

目安としてはこの金額だと思っておくと良いですよ。

 

電気代(電気毛布・電気カーペットなど)

 

電気毛布の場合は1日8時間使ったとしても、

1ヶ月の電気代は19.8円~213.8円ほど。

 

また電気カーペットの場合は、

例えば3畳分のものだと、

8時間つけていると、1ヶ月の電気代は約4,185円前後

 

そしてこたつの場合だと、

8時間つけたままにしても1ヶ月の電気代は1,240円ほどになります。

 

電気毛布はかなり安いですね!

 

そして電気カーペットよりも、こたつの方が安いという結果になっております。

 

以上が床暖房、ガス代、エアコン、電気代の1ヶ月の目安となる金額。

 

結論をいうと、一番高いのは

やっぱり床暖房の電気式の6,000円であり、

その次がエアコンの5,000円、

次が電気カーペットの4,185円。

 

続いて、ガスファンヒーターの3,224円、

続いてこたつの1,240円、

そして、一番安いのが電気毛布の213.8円ですね。

 

ということで、床暖房は広さと設定温度にもよりますが、

電気式だと特に電気代がかかってしまうことがあるのです。

 

そしてエアコンもやっぱり高いので、

光熱費を節約したいなら、電気毛布やこたつ、

電気カーペットを活用すると良いでしょう。

 

でも床暖房をご自宅に設置するのでしたら、

温水式の方が初期費用はかかりますが、

後々のことを考えるとコスパは良いですよ!

 

ちなみに我が家では、

電気カーペットを一番低い温度設定にしておき、

それでも寒い場合は、エアコンの暖房を20以下の設定温度で使用しています。

 

冬場はやっぱり電気代がかかってしまうので、

我が家でも、もう少し冬場の寒さ対策は工夫したいところです。

 

スポンサーリンク

床暖房があればエアコンはいらない?どうなの?

 

 

床暖房は、温水式ならエアコンよりも電気代が安く済みますが、

やっぱり床など足元だけしか温まらないため、エアコンは必要となるでしょう。

 

私の友人宅にも床暖房があるのですが、

やっぱり冬場は床暖房だけでは寒いと話していたし、

家に遊びに行くとエアコンの暖房もつけていました。

 

ということで、

床暖房があったとしても、エアコンはあった方が良いものなんです。

 

確かに床暖房があれば、エアコンはいらないような気もしますが、

どうしても室内の空気全体を暖めるには、エアコンがいるでしょう。

 

我が家でも。電気カーペットとエアコンは冬の必需品なので、

どうしても寒い時はエアコンに頼っています。

 

後々後悔しないためにも、

床暖房だけに頼らず、エアコンも設置しておくようにしましょうね。

 

また、床暖房もエアコンも、設定温度を低めにしておけば、

かなり光熱費は抑えることが出来ますよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

床暖房、ガス代、エアコン、電気代では、

床暖房の電気式が一番高く、次いでエアコンの電気代が高いのです。

 

少しでも光熱費を抑えたいなら、

電気カーペットや電気毛布、こたつなどを活用しましょう。

 

また、床暖房があっても、やっぱり部屋の空気は暖められないので、

エアコンも併用した方が冬場は快適に過ごせますよ!

タイトルとURLをコピーしました