湯たんぽの節約になる方法や長持ちさせる方法について

スポンサーリンク

湯たんぽを長持ちさせる方法ってあるもの?

寒い時期になると、寝る時に欠かせないのが湯たんぽですね。

 

でも、湯たんぽってそんなに温かさは長持ちしないもの…。

 

夜中に起きてしまった時に、湯たんぽが冷めている、

なんてこともよくあるでしょう。

 

今回は、そんな湯たんぽのお悩み解決!

 

湯たんぽを長持ちさせる方法や、

節約になる湯たんぽの使い方などをご紹介していきます!

 

ぜひ湯たんぽを冬場に愛用しているなら、覚えておくと良いですよ。

 

スポンサーリンク

湯たんぽを長持ちさせる方法

 

 

湯たんぽを長持ちさせる方法は、以下のものがあります。

 

・大きめな湯たんぽをチョイスする

 

お湯を入れるタイプの湯たんぽでしたら、

容量の大きなものを選ぶと良いでしょう。

 

特に、2リットル以上のお湯を入れることが出来る湯たんぽを選ぶと、

朝までしっかりと温かさを長持ちさせることが出来ますよ!

 

ちなみに2リットル以上のお湯を入れられる湯たんぽなら、

2リットルの熱湯を入れた場合、

なんと8時間も温かさが持続するので、かなりおすすめです!

 

湯たんぽをこれから買おうと思っているなら、

大きめな湯たんぽを選んでくださいね。

 

・保温性の高いカバーでしっかりと包んでおく

 

他に湯たんぽを長持ちさせる方法としては、

保温性の高いカバーで包んでおく、というのも効果的です。

 

保温性の高いカバーでしっかり包んでおくことで、

湯たんぽは冷めにくくなるので、朝まで足元が温かいでしょう。

 

ちなみに、ニットやフリース素材のカバーを使うと、

とっても湯たんぽが長持ちしやすいのでおすすめですよ!

 

ネット通販などでもカバーは購入できるので、

ぜひ今使っている湯たんぽに合うものを購入しましょう。

 

・80以上のお湯を入れる

 

お湯を入れるタイプの金属製湯たんぽの場合は、

極力80以上の熱湯を入れるようにしましょう。

 

出来れば料理用の温度計を使って、

80になるまでお湯の温度を計り、

そして80以上になったら湯たんぽに注ぎましょう。

 

ただしプラスチック製の湯たんぽの場合は、

80以上のお湯を入れると変形することもあるので、

必ず金属製の湯たんぽにだけ80以上のお湯を入れてくださいね。

 

以上が、湯たんぽの温かさを長持ちさせる方法なので、ぜひお試しください!

 

スポンサーリンク

湯たんぽの節約になるおすすめ方法

 

 

湯たんぽの節約になる方法としては、

電子レンジで加熱するタイプの湯たんぽを使い、

なおかつレンジで加熱後は、

フリースやニット製のカバーに包んでおくようにしましょう。

 

お湯を沸かしたり電気式の湯たんぽを使うと、

どうしても節約にはならないのですよね…。

 

我が家でも、湯たんぽは電気式のものを使っていますが、

寝ている間中電源を入れているので、

多少とはいえ、電気代がかかってしまっています。

 

そこで、少しでも節約になるのは、

電子レンジで加熱をする湯たんぽを使うこと。

 

そうすれば、電子レンジで加熱する時の電気代だけで済むので、

とっても良い節約になりますよ!

 

また、より湯たんぽを少しでも長持ちさせるためにも、

先ほども説明したように、湯たんぽにはカバーをかけておきましょう。

 

電子レンジで湯たんぽを加熱したら、

ニットやフリース製などのカバーでしっかり包むようにしておけば、

保温性が持続しますので、より快適に眠れます。

 

節約になるのは、

電子レンジで加熱するタイプの湯たんぽなんですね!

 

我が家でも。今後は電子レンジで加熱するタイプの

湯たんぽを使っていくようにします。

 

湯たんぽを使うからには、少しでも節約をしていきたいところ。

 

それにはお湯を80以上になるまで沸かしたり、

電気を使ったりするのではなく、

手っ取り早く電子レンジで数分加熱するだけにしておきましょう。

 

そうすれば節約にもなるし、

きちんと保温性の高いカバーをかけておけば、

朝まで足元はポッカポカで心地よいですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

湯たんぽを長持ちさせる方法は、

2リットル以上の湯たんぽを使うことか、

湯たんぽをニットやフリース製のカバーで包むこと、

もしくは80以上のお湯を注ぐことです。

 

ただし、少しでも湯たんぽを節約して使いたい場合は、

湯たんぽは電子レンジで加熱するタイプのものにして、

きちんと保温性の高いカバーで包むと良いですよ。

 

そうすれば。レンジで数分加熱する電気代だけで済むので、

かなり良い節約になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました