戒名が気に入らないので変更したい。値段ってどれぐらいかかるの?

スポンサーリンク

戒名というのは、仏門に入るために授けられる名前のことです。

 

よくご葬儀などで呼ばれる名前だったり、お墓に書いてある名前が、

本人の名前と少し違ったりしますよね?

 

その名前が戒名と言います。

 

付けることが義務なわけではなく、付けないという選択もできるのですが、

ほとんどの方が付けているのが現実です。

 

霊園やお寺によっては、

戒名がないとお墓を建てるのを断られることもあるみたいです。

 

今回は、そんな戒名について、戒名というのは変更できるのか?

変更の値段はどれくらいなのか?などをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

戒名を変更したいんだけど…できるの?

 

 

戒名を変更したいということですが、

結論から言うと、基本はNGですが、できるということです。

 

基本的には、一度つけられた戒名は変えるというものではない

というスタンスですが、

もし気に入らなかったり、いろんな事情があれば、変えることはできるのです。

 

しかし、その戒名を変えるのには、改めてお布施がかかることになります。

 

その金額は、また次の項目で説明しますね。

 

実際のところ、戒名自体付けることが絶対でもないのです。

 

でも結局95%の人は、付けるというように当たり前のことになっています。

 

それに戒名が付いていないと、

霊園の規定でどうしても必要なところもあるし、

納骨を断られたりするお寺もあるくらいなのです。

 

戒名が気に入らないということは、

滅多にないことだとは思うのですが、

もしそういうことがあれば、

納骨予定のお寺や霊園に先に変更できるか聞いておくか、

もしくは変更できるところに納めることになるかだと思います。

 

大きい有名なお寺ではなく、地域のお寺であれば、

おそらく戒名の変更自体の経験がないかもしれないので、

対応不可の可能性が高いと考えられます。

 

ちなみにこの戒名というのは、

浄土真宗では、法名とも呼ばれるものです。

 

そして日蓮宗では、法号と呼ばれます。

 

スポンサーリンク

戒名を変更する場合、値段はどれぐらいなの?

 

 

実際この戒名、法名、法号などを付ける時のお布施は、幅が相当広いのです。

 

200,000円~1,000,000円が幅になります。

かなり大きな幅ですよね。

 

この金額の幅に関しては、寺院の大きさ、戒名の位号、

いわゆるランクがあることにより決められています。

 

相場はそのランクにより違うというわけですね。

 

名前としては、院号、道号、戒名、位号という順番になり、

ランクが上がるごとに名前が長くなるということになります。

 

この院号というのはもっとも高いランクで、

社会貢献の大きなことをした人に授けられたりするものです。

 

次の道号というものは、

仏教関連の人や位の高い人などに付けられます。

 

一般的なこの戒名は、2文字で成り立つ名前を指します。

 

この戒名は、信士、信女から始まって、位があがったのが、院居となります。

 

そして相場はお寺によっても違います。

宗派によってもけっこう違うので要注意です。

 

信士や信女に関しては、

だいたいが30万円~50万円あたりでその宗派も名付けられます。

 

位が上がるごとに、20万ずつあがっていくような感じになりますね。

 

そしてどの墓に入るかにもよります。

 

新しいお墓なのか、先祖と同じ墓なのか、夫婦の墓なのか。

 

基本的に、もともと入っているお墓であれば、

入っている人以上の位の高い戒名は付けないというのが原則になっています。

 

今、家族葬や小さなお葬式などが行われることが多くなってきました。

 

そうなると、50,000円などでつけられることもあります。

 

自分たちがお世話になっていて、決まっているお寺がある場合は、

そこの金額に合わせることになるのですが、意外と高いものになりがちです。

 

そして、この戒名の設定の金額というのは決まった定価がないので、

意外ともめることが多いようです。

 

正直、このような大切なお別れの場で金額でもめるのは、

とてもいやですよね・・・。

 

でも金額が思ったより高いので、驚いてしまうこともあります。

 

ですので、菩提寺などがある場合は、先に聞いておくことなどができます。

 

ただ、こういうお葬式などに関連することは、

先に聞くという行為自体が憚れることですよね。

あまり良い気はしません。

 

しかし、今は生前葬式や、エンディングノートなど、

本人の気持ちを残せる機会がオープンになってきました。

 

この戒名などの仕組みについても、

このような考えで先に決めていけるとスムーズではあります。

 

そして、この戒名を変更すること自体があまりあり得ないことであり、

そこに再設定をするとなると、またお布施がかかるのか気になりますよね。

 

ここはお寺なので、お寺から積極的に言ってくることはないですが、

暗にもう一度同じ金額というような流れになってしまうようです。

 

20万を二回となると、相当大きな出費になります。

 

ですので、戒名の変更というのは、

あまりされないことになっているのだということです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・戒名の変更は基本的にはNGだが、できないことではない。

・戒名の変更ができないお寺や霊園がある。

・戒名の設定をきちんとしていないと、受け入れできない霊園もある。

・戒名自体の設定がだいたい20万~100万。

・菩提寺がなければ小さなお葬式の場合、10万円以下もある。

・戒名の変更の金額は寺院から申し出ることはあまりないが、単純に2回分のお布施になると考えるのが妥当。

タイトルとURLをコピーしました