手洗いとアルコール消毒、どっちが先でどちらが有効なの?

スポンサーリンク

コロナ渦中、本当に全世界大変で、

ワクチンができたとはいえ、私たちができる最善策は、

手洗い、アルコール消毒、マスクの徹底ですよね。

 

それに、コロナ渦でこの事をみんなが始めたことにより、

コロナの対策であったのが、インフルエンザも激減、

他の風邪や子供の菌の風邪なども激減しているではないですか!

 

ということは、

やはり手洗いとアルコール、マスクというのは、

徹底的に菌から守ってくれる証拠になっていると言えますよね。

 

さて、その中で、手洗いとアルコール消毒をどちらもする場合、

どちらを先にすべきなのか?

という疑問に突き当たりました(笑)

 

今回の記事では、

手洗いとアルコール消毒はどちらを先にするのか?

片方だけやるならどちらが有効なのか、ということについて調査してみました。

 

スポンサーリンク

手洗いとアルコール消毒、どっちが先なの?

 

 

まずは、手洗いとアルコール消毒、どちらが先かということですが、

どちらもするならアルコールを先にしてください。

 

特に帰宅時です。

 

帰ってからドアノブや電気のスイッチ、いろいろなものに先に触れますよね。

 

だから、その前に帰った玄関でまずアルコールをする。

 

その手でなら、ドアノブや壁、洗面の蛇口などを触っても大丈夫ということです。

 

そして洗面所にたどり着いて、手を洗うという流れが一番おすすめです。

 

理にかなっていますよね。

 

今から触るところにアルコールしていることで、

接触しても問題ないという状態になるので、それはとても有効です。

 

もし菌を持ち帰ってきて手に付いていたら、

それが帰宅の流れで行う行動すべてに接触することになります。

 

それを防ぐためのアルコールです。

 

除菌をするという観点では手洗いなので、その後で大丈夫です。

 

スポンサーリンク

手洗いとアルコール消毒、片方だけやるとしたらどちらが有効?

 

 

手洗いとアルコール消毒は、

どちらかをやるということなら、どちらが有効なのでしょうか?

と言われると、間違いなく手洗いです。

 

ウイルスを除去してくれる徹底的な一番の方法は、手洗いだからです。

 

手洗いを丁寧にすることで、充分な除菌ができるので、

アルコールはしなくてもよいと言われています。

 

ただ、時と場所を考えて手洗いができない時に、

アルコールをしておくというスタンスがよさそうです。

 

今は、アルコールも小さい瓶などに入れて持ち歩きもできますので、

手洗いできない時、何かに触ったとき、後などにササっとアルコール消毒です。

 

そして、きちんとできるところでは手洗いをすること。

 

その時の手洗いは、ササっとやってもあまり意味はありませんし、

効果が出ませんので、丁寧に行うことが重要。

 

例えば指の間、爪の中、手首より少し上まで、

満遍なく石鹸をつけてじっくり洗うという丁寧さが、ウイルス除去に繋がります。

 

細かいところに入り込むのがウイルスですから!

 

できるなら、常に手洗い、

できない場所や時間帯なら、アルコールというスタンスを持っていたほうが確実ですね。

 

病院の看護師さんでも、腰からアルコールをしていますが、

合間合間に手を洗うことができないから、その都度のアルコールなんですって。

 

そして、朝昼夜トイレなどの時には、念入りに手洗いしているそうです。

 

そしてアルコール消毒は、

そういう手洗いの出来ない合間に使うということと、

手ではなく、触ったもののほうに吹き付けるような考え方もありますね。

 

ドアノブなんて、特に誰が触っているかわからないので、

シュッとドアノブに吹きかけるほうが安心だったりしますよね。

 

自分を守るには、まず手洗い!これを念頭に置いておくこと。

 

それと手洗いは丁寧にすること。

本当の手洗いの方法をきちんと見直すことが、今一度必要です。

 

せっかくこまめに手洗いしていても、

やり方が違えば感染の確率も増えますので…。

 

丁寧に手洗いをするということは、

  • 30秒は手洗いすること
  • 二度洗いすること
  • 充分に泡立てる事

これが大事なポイントのようです。

 

そして、見逃しがちな洗い洩れをする場所は、

手指、爪の間、手首というところがあるようです。

 

ここも、入念にこすり洗いをすることが必要といわれています。

 

そして、水ですすぐときも一方の方向からではなく、

手を横にしたり、縦にしたり、斜めにしたり、

指の間を広げたり、手首の上まで流したりという意識した手洗いが必要なのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・アルコール消毒か手洗いであれば、奨励されるのは手洗いである。

・アルコール消毒と手洗いをどちらもするのであれば、アルコールが先で手洗いを後にする。

・手洗いをするのは、手指、爪の間、手首などまでしっかり泡を付けて洗うこと

・手洗いは30秒間こすり洗いをしながら行うこと

・冬場は特に手洗いは2回することが奨励される。

・アルコール消毒は、手洗いができない場所などでとても便利

・公園の遊具を使った時、お店のドアノブなど、すぐ手洗いができない時には、アルコール消毒をしておくと良い。

・丁寧な手洗いと、アルコール消毒の適宜使用で、菌を除去できる。

タイトルとURLをコピーしました