日本はクリスマスになるとケンタッキーやチキンを食べるけど、なぜ?

スポンサーリンク

クリスマスといえば、

ローストチキンやフライドチキンを食べますよね。

 

フライドチキンを販売している、

ケンタッキーのクリスマスの日は長蛇の列。

 

クリスマスは考えられない人の多さに驚かされます。

 

でも、なぜ日本ではクリスマスにケンタッキーを食べるのでしょうか。

 

そもそも、なぜ日本のクリスマスはチキンなのでしょうか。

 

今回はこのような疑問について解説します。

 

ぜひ最後まで目を通してください。

 

スポンサーリンク

日本はクリスマスになるとケンタッキーを食べるけど、なぜ?

 

 

日本でクリスマスになるとケンタッキーを食べるのは、

ケンタッキーフライドチキンの宣伝キャンペーンによるものだといわれています。

 

ケンタッキーフライドチキンが、

クリスマスにチキンのキャンペーンを始めたのは、2つの説があります。

 

①日本で七面鳥が買えない

 

クリスマスに外国人が来店し、

日本では七面鳥が食べられないからチキンを食べにきたとのことから、

クリスマスにチキンが売れるヒントを得ました。

 

②幼稚園のパーティー

 

ケンタッキーの店舗の近くのキリスト教の幼稚園から、

クリスマスパーティーの時に、

「サンタクロースの格好でフライドチキンを配達してほしい」と依頼がありました。

 

サンタクロースの格好で幼稚園に配達に行った時に、

子供たちがとても喜んだので、クリスマスにチキンが売れるヒントを得ました。

 

1974年からクリスマスキャンペーンは開始され、

クリスマス前にはCMを流し、日本にも少しずつ広まっていきました。

 

1985年にはチキン、ケーキ、サラダのセットメニューである

パーティーバーレルが販売されました。

 

パーティーバーレルは、簡単にクリスマスパーティーの料理を準備でき、

家族や友人とクリスマスを楽しめるため大ヒットしました。

 

こうして、日本のクリスマスはケンタッキーというイメージが浸透して、

クリスマスはケンタッキーを食べるようになりました。

 

しかし、クリスマスにケンタッキーを食べる習慣は日本だけで、

海外の人からは不思議に思われています。

 

クリスマスのケンタッキーに大行列している光景は、

海外の人から見ると異様な光景ですよね。

 

スポンサーリンク

クリスマスにチキンを食べるのはなぜ?

 

 

クリスマスにチキンを食べるのは、

日本ではチキンが入手しやすいためです。

 

クリスマスはご存じのとおり、

イエス・キリストの誕生日をお祝いする特別な日です。

 

アメリカやヨーロッパでは、

七面鳥の丸焼き(ローストターキー)でお祝いします。

 

日本では、高度経済成長期の頃までクリスマスの習慣はありませんでした。

 

クリスマスのお祝いは、

高度経済成長期にアメリカから日本に広まりました。

 

クリスマスはキリスト教のイベントなのに、

なぜキリスト教徒の少ない日本で定着したのでしょうか。

 

高度経済成長期の日本国民は、経済的にも余裕が出て、

欧米文化を積極的に取り込む風潮がありました。

 

そのため、クリスマスはあっという間に広まったのでした。

 

しかし、日本には七面鳥が生息していないので、七面鳥の入手は困難でした。

 

そこで日本では、七面鳥の代わりに、

入手しやすいチキンをお祝いに使うようになりました。

 

前述したケンタッキーの販売戦略もあり、

クリスマスはチキンが定番となったのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

クリスマスにケンタッキーを食べるのは、

日本には七面鳥がいないためチキンを代わりに販売するという、

ケンタッキーフライドチキンの販売戦略でした。

 

販売戦略とはいえ、ケンタッキーを食べながら、

家族や友人と楽しくクリスマスはとても楽しいですよね。

 

今年もおいしいチキンを準備して、クリスマスを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました