枕カバーだけ洗うのは大丈夫?枕を洗う頻度ってどれぐらいがいいの?

スポンサーリンク

枕のカバーだけ洗うのって、衛生的に大丈夫なもの?

 

やっぱり枕本体も洗うべきなのか、ちょっと悩んでしまいますよね。

 

でも枕も毎日使っているものだから、汚れが溜まっていそうです。

 

今回は、枕はカバーだけ洗うだけで問題ないのか、

もし枕本体も洗うべきなら、どれくらいの頻度で洗うと良いのかを解説します。

 

スポンサーリンク

枕カバーだけ洗うのは大丈夫?枕本体も洗った方がいい?

 

 

枕カバーだけ洗う習慣がついていても、

枕本体が汚れていると、ダニや雑菌が繁殖してしまい、

肌トラブルの元になってしまうでしょう。

 

そのため、出来れば

枕カバーだけ洗うのではなく、枕本体も洗った方が良いんです。

 

私も今まで枕カバーだけ洗う、という習慣しかなかったので、

枕本体は洗ったことがありませんでした。

 

でも枕も洗わないと、実はとっても不衛生だったんですね。

 

ただし、枕も洗うとなると、

自宅で普通に洗える枕なのかどうかを、まず確かめる必要が出てきます。

 

ということで、

枕本体を洗う場合は、カバーを外したら枕の洗濯表示をチェックしましょう。

 

洗濯表示に水の入った桶(おけ)のようなものが描かれていて、

水の中に『30』と記載されている場合は、洗濯機で枕本体を洗えますよ。

 

桶に手が入っているマークが描かれているなら、

その枕は手洗いすることが出来ます。

 

そして、桶にバツマークが描いてあるなら、

その枕は洗濯が出来ないのでご注意を。

 

手洗いOKな場合は、タライや洗面器などにぬるま湯を張って、

洗濯用の中性洗剤を溶かして、その中に枕を入れて押し洗いをしてください。

 

何度か押し洗いをした後は、

ぬるま湯を替えて洗剤の泡が出てこなくなるまで、しっかりとすすいでいきましょう。

 

すすぎ終えたら、バスタオルで枕の水分を吸収してから、

天日干しにしてよく乾かしていきます。

 

ただし、低反発ウレタンや中身が羽毛、ビーズの枕の場合は、

天日干しではなく通気性の良い場所で陰干しをしておいてくださいね。

 

特に、低反発ウレタンは

紫外線を当ててしまうと、反発力を失うので、くれぐれも注意しましょう。

 

ちなみに洗濯できない枕の場合は、

カバーだけ洗うのはもちろん大切ですが、

やっぱり枕の中が不衛生になっているため、マットレス用クリーナーをかけてください。

 

マットレス用クリーナーをかければ、

枕本体が洗えなくても、中をしっかりキレイにすることが出来ますよ。

 

枕のニオイが気になった場合は、

マットレス用クリーナーをかけてから、布用消臭スプレーを吹きかけて、

素材に応じて天日干しか陰干しをしてください。

 

やっぱり、枕本体も洗うべきなんですね!

 

私も今後はなるべく、枕本体も洗うか、

クリーナーをかけるなどして清潔にしておきます。

 

スポンサーリンク

枕を洗う頻度ってどれぐらいがいいの?

 

 

枕カバーは2~3日おきが理想ですが、

枕本体を洗う頻度は、半年に1度でOK!

 

枕本体って、そんなにこまめに洗わなくても良いんですね!

 

私は、枕本体も頻繁に洗うべきなのかと思っていました。

でも、基本的には半年おきで大丈夫なんです。

 

ただし、これは枕カバーを頻繁に洗っている場合に限ります。

 

枕カバーをあまり洗っていないのでしたら、

カバーに繁殖したダニや雑菌が枕本体にも移り、とても不衛生な状態になっています。

 

枕カバーは頻繁に洗うようにしましょう。

 

そうすれば、枕本体は

半年に1度の頻度で洗うようにしても大丈夫ですよ。

 

枕もしっかりと清潔さをキープしておかないと、

臭くなってしまったり、ダニや雑菌のせいで肌トラブルが発生することもあります…。

 

また、ダニによってアレルギー反応を起こすこともあるでしょう。

 

快適に眠るためにも、

枕本体も半年おきには洗ったり、クリーナーをかけて清潔にしておくべき。

 

枕洗いについて参考になりましたでしょうか?

 

枕を洗ったり、クリーナーでキレイにしておくことは

重要なことなので、忘れないようにしていくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

枕は、カバーだけ洗うのでは、

完全に清潔にすることは出来ないので、枕本体も洗うべきです。

 

ただし、その際は必ず洗濯表示をチェックし、適した洗い方をしてくださいね。

 

洗えない枕の場合は、マットレス用クリーナーをかけていくと良いですよ。

 

枕はカバーをこまめに洗っているのなら、半年に1度の頻度でOK!

 

快眠のためにも、枕もカバーも清潔にしておきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました