ミルクティーとロイヤルミルクティーの違い。味の違いはあるの?

スポンサーリンク

ミルクティーとロイヤルミルクティーって、違うと思いますか?

 

私はよく飲むのですが、全然違います、私的には。

 

でも、市販のコンビニのペットボトルでは、違いは少し微妙にわかる感じ。

 

でもお店で頼んだら、味も香りも全然違います。

 

そもそも作り方からして違うので、そりゃ味は変わりますよね。

 

ロイヤルミルクティーは味わい深く、濃い味で、香りも強いですよね。

 

今回の記事では、

ミルクティーとロイヤルミルクティの違いを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いって何?

 

 

おもにミルクティーとロイヤルミルクティーの違いは、

作り方にあります。

 

ミルクティーは、まず紅茶を先に作ります。

そして、のちに牛乳を加えるという順序です。

 

一方、ロイヤルミルクティーは、お湯と牛乳で茶葉を煮出して作るのです。

 

要するに、最初から牛乳があるのですね。

だから味が濃いのです。

 

ロイヤルミルクティーという名前も、また奥深い名前ですよね。

 

その名の通りで、ロイヤルは王家の意味があって、

もともとイギリス王朝風のミルクティーということで、

日本が付けた名前であり、

ロイヤルミルクティを・・と言っても、外国では通じませんので注意してくださいね!

 

英語でロイヤルミルクティーを頼みたい時は、「シチュードティー」と言います。

 

そう、あのシチューのことであり、

牛乳と一緒にとろ火で煮るということを指すのです。

 

ということから、

ミルクティーとロイヤルミルクティーでは、作り方が違うということですね。

 

ただ、作り方が違う分、味も香りも違います。

 

それゆえに、ベースとして使う紅茶もまた工夫があるのが特徴です。

 

スポンサーリンク

ミルクティーとロイヤルミルクティーって味の違いはあるの?

 

 

実はロイヤルミルクティーはかなり繊細で、沸騰直前に止めることがコツです。

 

沸騰させてしまうとミルクの味が強くなって、せっかくの紅茶の香りが弱くなるのです。

 

それぞれミルクティーとロイヤルミルクティーでは、

お勧めの茶葉が違うので、

味は、一概に茶葉を変えると違ってきますが、

ロイヤルミルクティーのほうが濃くて深い味という感じです。

 

ロイヤルミルクティーのコクに合う茶葉は、

アッサムかルフナアタリがおすすめです。

 

とてもエキゾチックに近い味になります。

 

もっとさわやかめの方が良いという方は、

ディンブラやヌワラエリヤがおすすめと言われます。

 

紅茶の後味の渋みがあまりないものですね。

 

私個人的には、アールグレイのロイヤルミルクティーが大好きです。

 

けっこう癖が強くなるので、好き嫌いははっきりするかもしれません。

 

アールグレイ自体が濃いし香りが強いので、癖が強いのかもしれません。

 

アールグレイを飲むならロイヤルミルクティーにする!と私は思っています。

 

お店でも、全国チェーンのあるカフェSHOPでは、

アールグレイのロイヤルミルクティなんです。

 

注文してきた途端に香りで分かって嬉しかったので、いつもリピートしています。

 

アールグレイは冷たくしても香りや独特さが残るので、

冷たいロイヤルミルクティーでさえも美味しいと感じます。

 

一方ミルクティーに合う茶葉は、

アッサム、ウバ、キーマンが代表的に言われています。

 

アッサムは万能ですね!

 

多分、ミルクの味を邪魔しない程度のさわやかさで、

紅茶の香りが残るものなので使いやすいのかもしれませんね。

 

しかし、ダージリンは定番の茶葉ですが、ミルクティー向きではないと言われています。

 

確かに渋みが少しあるかもしれません。

まろやかさが消える感じもします。

 

フレーバーティーを使っても、ミルクティーの場合は美味しいですよ。

 

ただ、フレーバーティーは、

ロイヤルミルクティーにするには少し癖が強すぎて味の喧嘩する感じも出るので、

ミルクティーにしておいた方が良いでしょう。

 

例えば甘みが好きなら、

キャラメルやチョコレート系のフレーバーなどは、間違いなく美味しいですよね。

 

これからの冬の季節には癒しになるでしょう。

 

実は、紅茶の本場のイギリスでは、

ミルクティーにアールグレイで飲まれているんです。

イギリスでは定番なんです。

 

上品な味わいですが、ミルクよりアールグレイがかなり勝ちそうだから、

入れ方にコツがいるのかな?とか思ったりします。

 

紅茶には様々な味、香り、エキスなどがあります。

 

それをミルクと組み合わせる事によって、

いろんな種類のミルクティーや、ロイヤルミルクティーができあがるわけですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・ロイヤルミルクティとミルクティの違いは、作り方にある

・ロイヤルミルクティは、牛乳とお湯を温めて作るのに対し、ミルクティはあとで牛乳を入れる

・ロイヤルミルクティという名前は和製英語で、イギリスの王室をイメージしてつけられた名前。実際に英語圏でロイヤルミルクティと言っても通じないので注意。

・ロイヤルミルクティは英語圏ではシチューというベースで牛乳をまったり煮る感じのイメージがある。

・牛乳といろんな茶葉を組み合わせて自分好みのミルクティ、ロイヤルミルクティを発掘してみると楽しい。

タイトルとURLをコピーしました