うなぎの特上・上・並の違いって何?関東で関西で違いがあるって知ってた?

スポンサーリンク

うなぎって美味しいですよね。

 

個人的に、食べ始めたら

エンドレスで食べられると思っている食べ物の一つです(笑)

 

うなぎを食べる時、お店で頼むときに、特上や上、並みなどが段階としてありますよね。

 

これ私も、聞いたこともありますし、普通に聞きますよね。

 

でもこれ、関東と関西で違いがあるって知っていましたか?!

 

っていうかそもそも、

この特上、上、並みの違いの正しい違いってなんだかご存じですか?

 

今回の記事では、

うなぎの特上・上・並の違いと、

関東と関西でのウナギの違いについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

うなぎの特上・上・並の違いって何?

 

 

なんとなく思っていた通りでしたが、

ほとんどの人は、このウナギの特上と上と並の違いは、

うなぎの質だと思っていたようなんです。

 

特上のウナギを頼むと、質の特上のウナギが食べられると思っている、

ということですね。

 

でも実際にはそうではなくて、単なる量や入れる物の違いなんですよ!

 

私はなんとなく食べたときに、

あ、量が違うことなんだなと思っていましたが(笑)

 

要するに、並が普通サイズで並盛でどんぶりに入っていて、

上となると大盛り、特上となると特盛り、ということでお重に入っているんです。

 

ウナギの量が多いということですね!

 

だから、特上と並で味が違うということはないのでご注意を(笑)

 

単純に量が多いので、高級になるというわけです。

 

え?特盛はやっぱ違うな!とか、

味の違いだと思っていて食べてそう思っていたら、ちょっと恥ずかしい・・というわけです(笑)

 

スポンサーリンク

うなぎは関東と関西で違いがあるんです

 

 

そして次の違いは、関東と関西についてです!

 

こちらは実際に違うんですよ。

 

先に何が違うかの結論を言うと、

  • 捌き方
  • 「蒸し」という工程をいれるかどうか
  • 焼き方
  • タレ

 

この4つが違うので、けっこう味も違ってきているのです。

 

みなさんが普段食べているのは、意外と違っているかもしれないですよ!

 

シンプルにいうと、関東風はあっさり、関西風はこってりという感じ。

 

まず関西風から説明していきます。

 

小ぶりなウナギを使用します。

 

うなぎを腹から開いて、内臓を取り出します。

 

頭を付けたまま金串を刺して焼き上げ、頭を落とします。

 

大阪人の特徴の商売人で、

「腹を割って話しをしよう」というような意味合いで、

うなぎのさばき方が反映されました。

 

そして関西は金串を使用していて、

関東との大きな違いは、「蒸し」の行程がないことです。

 

関西のうなぎは臭みがないから、

そのまま食べれるということで、蒸しの必要がないのでしょう。

 

そして長めに焼いて、パリッとした食感が好きなのが関西です。

 

タレは、トロみが強いタレで、

脂の味に負けない、かなり濃い味に付けるようになっています。

 

かなりこってりの感じで、皮がぱりぱり!

これが関西風の特徴ですね。

 

一方、関東風は、

捌き方としては、背開きをしていて、

関東の考えでは、腹を切るのは切腹だからよくないということで、

背開きになっているという説があります。

 

そして背骨や内臓などを取って、

一度白焼きをして、ここで関西との大きな違い「蒸し」の行程を入れます。

 

その後、甘くないあっさりとしたタレを付けて焼き上げるという感じ。

 

関東は、関西より焼きの時間が短いのも特徴なので、

竹串を使用して焼く所が多いようですね。

 

蒸すという特徴があるので、

かなり柔らかく、ホロホロになる感じが関東の一番の特徴ですね。

 

ふっくらした食べ心地に、あっさりのタレという感じなのが関東のウナギです。

 

関東と関西を比べると、けっこう違いますよね。

 

私がよく食べているのは関東のウナギですし、

フワフワのホロホロ感が大好きです。

 

でも、ご飯には意外と関西風が合うかもと思ったりしますので、

それぞれに良いそれぞれの特徴があるのです。

 

味の好みもあるでしょうね。

 

関西のこってりの独特なタレは、私はごはんがないと厳しいです(笑)

 

関東や関西で分けられていない地域では、

どちらのウナギを食べているのか、また気になるところですね!

 

のれん分けをして、

それぞれが関西や関東から地方に出て広がっていったようなので、

それぞれの土地で違うのかもしれません。

 

私のいる地域では、お店で

関東風も関西風も頼めるようになっているところもあります。

 

スーパーなどでは、比較的関東のものが多いなと感じますね!

スポンサーリンク

まとめ

 

・うなぎの特上、上、並は、ウナギの質ではなく、量の違い。

・ウナギには関西風、関東風がある。

・関西風、関東風の分け方は、捌き方、焼き方、串、蒸しの行程ありなし、タレが違う。

・関西風はこってりのたれに皮がぱりぱりのうなぎで蒸しの行程なし。

・関東風は、あっさりのたれにフワフワのウナギで蒸しの行程あり。

・関西は腹を割って話そうということから、腹を切って、関東は切腹はよくないということで背開きになっている

・地方によって関東風、関西風は違うが、お店ではどちらも提供しているところも多い。

タイトルとURLをコピーしました