ほくろは何のためにあるの?何の意味があってできるの?

スポンサーリンク

ほくろって不思議な存在ですよね。

 

人間の体になくても良さそうなものなのに、

個々に場所も数も形もそれぞれある。

 

多い人もいれば少ない人もいるし、大きいほくろがある人もいます。

 

かくいう私も、ほくろには縁があって、

顔に大きなほくろがあり、

小さなころはかなりコンプレックスで、取りたいと何度も泣いていた記憶があります。

 

今となっては仕事で覚えられやすいなどの利点から、

チャームポイントにしていますが、そもそも必要なものではないですよね(笑)

 

今回の記事では、

ほくろは何のためにあるのか?

何の意味があり、どうしてできるのか?ということを紹介していきます。

  

スポンサーリンク

ほくろって何のためにあるの?

 

 

ほくろはどうしてできるのかというと、

いろんなデキ方があるのです。

 

ほくろの根本はメラニン色素なのですが、

このメラニン色素は人間に深い関わりがあります。

 

メラニン色素とは茶色いものなのですが、

メラニン色素の多い人は色黒で、少ない人は色白というシンプルな結果があります。

 

そしてメラニン色素は通常、

体の中に散らばっているものなのですが、

一ヶ所に集中していることがあるのです。

 

この集中したところにできるのが、ほくろなわけなのです。

 

なぜこれが一ヶ所に溜まろうとするのかは、わからないと言われています。

 

ほくろができるには、いくつか仕組みがありますよね。

  1. 紫外線の当たりすぎで、遺伝子にキズが付いてほくろになる
  2. 何かキズができて、そのきっかけでほくろができる

 

そして、ほくろというのは、

体の奥深くにできているものなので、消える事はありません。

 

うーん、ほくろができてしまうだけで、

何のためにあるのかは解明されていないのが実情なのです。

 

見た目は変わりますが、体には何の変化もありませんしね。

 

まつ毛なんかの細かいものでも、

目にゴミが入らないためという立派な理由があるのですが、ほくろはないんですよね。

 

それに、ニキビとかだと肌が荒れて出てくるものなので、

なくす努力をしようとしますが、

ほくろはなくならないし、無くならせようとする意味もないので、

本当になんのためにあるのでしょうね。

 

不思議です。

 

でも、コンプレックスな人からすると、

手術をしても取りたいものにもなってきますし、

逆にほくろの箇所によってはセクシー美人にもなったりするので、

多くは今の現状、見た目にしか影響が出ていないように思います。

 

スポンサーリンク

ほくろに何の意味があるの?どうしてできるの?

 

 

ほくろはなんのためにあるかがわからないと言う状態ですので、

意味もないですよね。

 

ただ、ガンのせいでほくろができることがあるというか、

ほくろガンがあるとも言われますよね。

 

これは一種の皮膚がんなのですが、これには意味がありますよね。

 

これは紫外線、ホルモンの影響でできるほくろの一種なのですが、

形も色もいびつだということです。

 

私自身も大きなほくろが顔にあります。

 

親指の第一関節くらいの大きさがあるのですが、本当にコンプレックスでした・・。

 

これも色が黒くもなく、茶色ではあるのですが、

青っぽくはないのと、形はまん丸ではないですが、

丸っぽい、ゴツゴツもしていないので、取る必要のないものだと診断はされました。

 

でも、なんとなくずっと付き合っていると、

大きさが変わったように思ったりもしますが、

それは体重の増減のせいなのかもしれません。

 

顔が痩せて小さくなったりすれば、ほくろが大きく見えたりします。

 

そのたびに、もしかしてガンなのかな?と気にしたこともありましたね。

 

そうなると、ほくろはあることが悪い意味しかないように感じてきます。

 

チャームポイントともなりますが、

体にとっては良いことではないほうが確率的には高いように思いますね。

 

あって得するほくろは、見た目で左右するものくらいではないでしょうか?!

 

ほくろができる理由も、あまりよくないことでできますもんね。

 

紫外線、キズ、ホルモンのアンバランスなどです。

 

そうなると、あってよいものだとはだんだん思えなくなっていく・・

不思議なものですね(笑)

 

しかも、いまだに存在価値が解明されていないという珍しいものですから。

 

でも、生まれながらに多い人も少ない人も、

大きい人もいろんなほくろを持っている人がいるのですから、

不思議極まりないですよね。

 

多くは3歳から5歳のうちにできるもので、

あとは紫外線の影響がほとんどだそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ほくろは実態が解明されていないもので、

メラニン色素が一ヶ所に集中して集まってできているのは確かなのですが、

それが何のために何の意味があってできるのかは、解明されてないんです。

 

ということから、

必要性もわかっていないし、意味も分かっていない。

 

でも人間にはほくろがある、という不思議な現象ですね。

 

私自身、大きなほくろを持って生まれてきたので、

なんだか意味を持っててほしいのですが(笑)

 

皮膚がんの恐れもあるほくろなので、もう少し実態を知りたいですよね。

 

多い人も少ない人も大きい人も小さい人も、

なんの意味があるんでしょうね(笑)

タイトルとURLをコピーしました