蝉がベランダに来るのはなぜ?逃す方法や、どかすには?

スポンサーリンク

梅雨が明けていよいよ夏本番!

 

蝉の鳴き声を聞くと

「あー夏が始まるな」と思いますよね。

 

蝉の鳴き声といえば夏の風物詩ですが

蝉が鳴き始めると、

「あー今年も戦いが始まる…。」と憂鬱な気分になる方もいるのでは?

 

しかも夏場は、よく蝉がベランダに侵入しますよね?

きっと経験したことある人が多いはず!

 

ここでは蝉の逃がし方や、どかす方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

蝉がベランダに転がっているのはなぜ?

 

 

夏になると蝉が道端で仰向けになっているのを、よく見かけませんか?

結構大きいですし恐怖ですよね。

 

まだ道端なら離れて通ることもできますが、

道端以外によく見かける場所がベランダだったりしませんか?

 

そう、なぜかベランダに仰向けになっているんですよね…。

そのほかにもマンションの廊下や階段の踊り場など…。

狭いところに限っていることが多いんです。

 

そもそもなぜ屋内で引っくり返っているのでしょうか?

 

大きな理由は2つあります。

 

  • 蝉は飛ぶのが下手だから

外で蝉が飛んでいるのを見たことありませんか?

すごくバタバタ騒がしく飛んでいますよね。

 

実は飛ぶのが下手くそなんです。

 

飛び始めたら1分も飛んでいられないため、

次につかまれる場所を必死に探しているのです。

 

飛んでいる時は蝉もパニックになっているので

人間でもいいからつかまりたい一心で向かってきます。

 

よくベランダなどでひっくり返っている蝉は

 

壁につかまろうとする

失敗してぶつかる

仰向けに着地

 

となってしまっているのです。

 

蝉は背中が重いため、

コンクリートの上でひっくり返ってしまうと

つかまるものがない限り

自力で起き上がることができないのです。

 

  • 死期が近づいているから

上で書いた通り、普段は木や壁などにつかまって

重い体を支えています。

死期が近づくとだんだんと力も弱くなり

足で体が支えられなくなり地面に落ちてしまいます。

 

死んでいると思い横を通った時に動き出した

なんて経験はありませんか?

私は死んだふりをしているのかと思っていました。

 

しかしあれは力尽きる前で、死んだふりではないのです。

 

人間が近づくと最後の力を振り絞り

必死の思いで逃げるのです。

 

あの現象を通称『セミファイナル』『セミ爆弾』と言います。

 

う、うまい…。考えた人天才かよ!

 

スポンサーリンク

蝉を逃す方法、どかす方法はあるの?

 

 

まず、蝉が大の苦手である私は

普段、父親などの男性に蝉の処理をお願いしています。

 

しかし、留守の時などに

女性でもできる方法があるのでしょうか?

 

余談ですが、私がなぜ蝉が苦手かというと

『セミファイナル』が怖いからですw

 

『セミファイナル』に合わないために

まずはひっくり返っている蝉が生きているのか

見分ける方法をご紹介します。

 

  • 蝉の足を見て見分ける

生きている蝉はまだ足に力が入っているので

開いた状態になっています。

 

しかし死んでいる蝉は足に力が入っていないので

閉じています。

近くで見るのも怖いですが、

どちらか見分けることで対策がとれますよね。

 

見分け方が分かったところで

次は逃す方法を見ていきましょう。

 

  • 水をかける

ひっくり返っている蝉を

足や傘でつつくのはかなり勇気がいりますよね。

 

そんな時は水をかけると

びっくりして逃げていきます。

また、壁に止まっている蝉を逃す時にも効果的です。

 

蝉は濡れることを嫌うので、

水鉄砲などで水をかけると危険を察知し、逃げていきます。

多少、接近戦でも大丈夫な方はペットボトルで

水をかけるのもいいでしょう。

 

蝉が道端でひっくり返っていて通れない時でも

羽根を濡らすと蝉は飛べなくなるので

乾く前に通ってしまうのもオススメです。

 

蝉が苦手な人は水鉄砲を持ち歩くと心強いですよ!

 

  • 『虫虫ゲッター』で掴む

死んでいる場合に使える方法です。

 

ベランダに転がっている蝉が死んでいた場合でも

素手で掴んで捨てるのはハードルが高いですよね。

 

そんな時は『虫虫ゲッター』を使うと長さもあるので

ハードルがグッと下がります。

 

この商品は直接虫を触らずにキャッチできます。

ピストル型になっていて長い柄の先端がブラシになっています。

ブラシ部分で虫をキャッチするため

掴んだ時の感触も手に伝わりにくくなります。

ロングサイズだと全長が約105cmあるので

遠くからでもキャッチできますしオススメです。

買う場所にもよりますが大体¥1,500と少々値は張りますが、

それでも口コミの評価が高いのでオススメです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

蝉も必死に生きていることは重々承知していますが、とても

やはりベランダにいると恐怖を感じてしまいます。

 

上で書いた方法で今年も戦い抜きます。

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました