結露対策や防止にプチプチは効果的?向きはどうすればいい?

スポンサーリンク

冬の暖房によって悩まされることに、

窓の結露がありますよね。

 

外との気温差が大きければ大きいほど結露がひどくなり、

暖房によって発生した水滴が窓枠やカーテンについてしまい、

カビの発生にもつながります。

 

そこで、冬場の悩ましい結露対策に、

梱包によく使われるあのアイテムを使って

結露対策ができることをご存じでしょうか。

 

今回は、意外なあるものを使って窓の結露を防ぐ方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

結露ができる原因は?

 

 

そもそもなぜ結露ができるのでしょうか?

 

冬に結露が起きやすい原因として、室温と外気温の差があります。

 

結露は空気中の水蒸気が冷やされることで発生し、

冬場はその温度差が大きい窓ガラスに多く発生するのです。

 

対策としては、こまめに換気をするなどして

温度差をなくすことがよいですが、

それではせっかく暖まった空気が逃げてしまいます。

 

最近では結露しないガラスもありますが、

結露対策ですぐに実行できるかといえば簡単にはできません。

 

そこで、身近にある意外なもので結露対策をしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

結露対策にプチプチは効果的?

 

 

窓の結露防止には、

梱包によく使うプチプチで対策ができるのをご存じでしょうか?

 

ではなぜプチプチで結露防止ができるのかというと、

プチプチの中にある空気が結露防止に役立つのです。

 

外と室内の気温の差をなくすために、

窓にプチプチを貼ることで間に空気ができ、

結露防止に繋がります。

 

そしてもう一つ、結露防止の他に断熱効果も期待できるので、

室内の温度を保ち、暖房効率もよくなるメリットもあります。

 

結露防止だけでなく、

暖房の節約にもなるので是非とも取り入れたいアイテムです。

 

では窓にプチプチを貼る時に、

どのようにして貼ればよいのでしょうか?

 

貼る時のコツをみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

結露防止!プチプチの向きはどうすればいい?

 

 

では、窓にプチプチを貼る時に気をつけることと、

必要な道具をみていきましょう。

 

用意するもの

・プチプチ

・ハサミやカッター

・窓ふき用の布やふきん

・両面テープ

 

プチプチの貼り方

 

1.まずプチプチを貼る前に窓の掃除をします。

窓に汚れが残っていると、プチプチが貼りにくくなってしまうだけでなく

剥がれやすくなってしまうので、しっかりとキレイにしておくようにしましょう。

 

2.窓枠に沿ってプチプチをカットします。

 

3.貼り付ける面は、プチプチの凹凸がある面を外側(窓側)にして、

両面テープで貼り付けていきましょう。

隙間ができてしまうと、結露が発生するだけでなく、

暖房効率も下がってしまうので、

隙間なくきっちり貼るようにしましょう。

 

プチプチを剥がす時は…?

 

両面テープを使用しているので、

長期間貼っていると

両面テープののりがくっついてしまいますので、

プチプチを剥がすだけでは、窓にのりが残ってしまう可能性があります。

 

そんな時は、中性洗剤を薄めた液を窓につけてこすると

取れやすくなります。

 

しかし、力を入れすぎると

窓が割れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

窓用のプチプチもある

 

以上、一般的な梱包用のプチプチで

結露防止のやり方を紹介してきましたが、

実は窓用のプチプチも販売されています。

 

窓用のプチプチは、通常のものより結露防止や暖房効率が大きいので、

さらに効果が期待でき、

冬場だけでなく夏場の冷房効率にも効果的なので、

一年を通して活躍します。

 

 

 

また、プチプチではないですが、

窓用の断熱シートも売られていて、

こちらは簡単に貼り付け&剥がすことができるものがありますので、

そちらを使用するのもオススです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

窓の結露で悩んでいる方や、暖房効率が悪いと感じている方は、

是非ともプチプチを活用して、冬の悩みを解消してはいかがでしょうか。

 

結露はカビの原因にもなり、特に小さいお子さんがいるご家庭では

アレルギーの原因になりますので、カビの発生は抑えたいところ。

 

プチプチはホームセンターや100円ショップで安く簡単に手に入るので、

すぐに取り入れられるのも魅力のひとつです。

 

しかし、窓ガラスによっては、

割れる原因になることもありますので、

貼る前に自宅の窓ガラスにプチプチを使用してもよいか、

確認しておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました