炭酸水で歯の汚れが取れる・歯が白くなるって本当?歯磨き後に飲んでも大丈夫?

スポンサーリンク

炭酸水には、いろいろな効果があるとされていますよね。

 

ダイエットや美容効果などがありますが、

その中でも気になるのが歯の汚れです。

 

炭酸水を使うことによって、

歯の汚れが取れたり、歯が白くなるというのは本当でしょうか?

 

また、歯磨きの後に炭酸水を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

ここでは、炭酸水と歯について解説をしていきます。

 

スポンサーリンク

炭酸水で歯の汚れが取れる・歯が白くなるって本当なのか調べてみた

 

 

炭酸水は、なんだか歯の汚れが取れそうですよね。

 

炭酸の力で歯の汚れを浮き出して、

歯磨きの効果が上がると言われたら、そんな感じがします。

 

しかし実際、炭酸水で歯の汚れが取れたり、

歯が白くなったりするのでしょうか?

 

結論から言えば、

そんなことはありません。

 

詳しく解説をしていきます。

 

炭酸水には、歯の汚れが落ちる・歯が白くなるといった効果はありません。

 

歯の汚れというのは、長く染み付いたものとなっていますので、

炭酸水程度では浮き出すことはできません。

 

もし歯の汚れを取ったり、歯を白くしたい場合には、

ホワイトニングなどをした方が、はるかに効果的です。

 

炭酸水での歯の汚れの落とし方としては、

重曹水とクエン酸を使った方法が、よく聞かれます。

 

確かに、この二つを混ぜ合わせて水を混ぜると、

シュワシュワと炭酸が発生します。

 

この炭酸で歯磨きをすると、歯が白くなると言われますが、

これは逆効果になってしまうことも。

 

この場合、歯が白くなるのは、

重曹に含まれている研磨成分によるものです。

 

重曹には研磨成分が含まれており、汚れを落としやすくなっています。

 

ですので、食器を洗ったり、

頑固な焦げ付きなどを掃除することにも

有効活用することができます。

 

しかし、歯はこれらよりもデリケートです。

 

重曹の研磨成分で磨かれることによって、

一時的に歯が白くなるかもしれませんが、

その分、傷が付きやすくなります。

 

その結果、黄ばみや汚れが付きやすくなり、

すぐに以前よりも歯が汚れてしまうことがあります。

 

このようなことから、

炭酸水や、重曹とクエン酸を使っての歯磨きは、

あまり効果がありません。

 

もし歯が気になるようでしたら、

素直に歯医者さんに相談をして、

ホワイトニングなどをしてもらった方が、

よほど簡単に綺麗になりますよ。

 

スポンサーリンク

炭酸水を歯磨き後に飲んでも大丈夫?

 

 

歯磨き後に、炭酸水を飲みたくなる時がありますよね。

 

炭酸水を歯磨き後に飲んでも、大丈夫なのでしょうか?

 

結論から言えば、無糖のものでしたら大丈夫です。

 

詳しく解説をしていきます。

 

炭酸水ですが、無糖で味がついていないものでしたら、

水に炭酸が入っているだけですので、飲んでも大丈夫です。

 

ただ、飲みかけのペットボトルの炭酸水の場合、

雑菌が繁殖をしているので、

せっかく歯磨きをしても、また口の中に雑菌が移ってしまいます。

 

また、同じ炭酸水でも、

味が付いていたり、

フレーバーが付いているものは避けましょう。

 

味が付いている場合には、

歯に糖分などが付いてしまい、虫歯の原因にもなります。

 

また、炭酸水にはフレーバーが付いてるものも多いですよね。

 

柑橘系のフレーバーの場合、酸性濃度が高く、

歯磨き後に飲むと、口の中が酸性になりやすくなっています。

 

その結果、虫歯の他にも、

歯が溶けやすくなるなどの恐れがあります。

 

ですので、もし歯磨き後に炭酸水を飲みたくなったら、

口をつけていないもので、

無糖のプレーンの炭酸水を飲むようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

炭酸水には、歯の汚れを落としたり、

白くするなどの効果を聞きますよね。

 

しかし実際は、炭酸水にはそのような効果は期待できません。

 

また、重曹とクエン酸を使った炭酸での歯磨きなどは、

一時的には歯が白くなっても、

その後に余計に歯が汚れやすくなることもあります。

 

歯を綺麗にしたいのなら、

歯医者さんでホワイトニングをした方がよほど良いです。

 

また、歯磨きをした後に炭酸水を飲む場合は、

口をつけていない、無糖のプレーンの炭酸水にしましょう。

 

炭酸水は、あまり歯には効果がないことを理解して、

美味しく飲むようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました