土用の丑の日にうなぎを食べる理由とは?うなぎ以外に食べるものってあるの?

スポンサーリンク

土用の丑の日にウナギを食べるって習慣、

いつ知ったんだろう・・。

 

自分でも記憶がない間に、なんだか知っていましたよね?

そして意外と食べていない(笑)

 

でも自分が大人になって、家庭をもって、

結婚相手の家庭が

土用の丑の日にウナギを食べる習慣の家だったから、

私も食べるようになったという感じ。

 

各家庭様々でしょうが、

いつの間にかそういうことを知っていくのは不思議ですよね。

 

さて、そもそも

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのって、

どういう始まりだかご存じですか?

 

今回の記事では、

土用の丑の日にうなぎを食べる意味や由来、

うなぎ以外で食べるものなどを紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる意味や由来ってあるの?

 

 

さてそれでは早速、

土用の丑の日にうなぎを食べる意味や由来を説明しましょう。

 

土用の丑の日にうなぎを食べるのは、

江戸時代に、地質学者含め、いろんな分野で才能を発揮した、

平賀源内が推奨したという説が

一番濃厚に語り継がれているもので、メジャーなものだと思います。

 

うなぎの本当の旬は秋、冬あたりですよね。

 

でも意外と夏に食べませんか?

 

夏と冬のうなぎは、食べると全然違います。

 

冬のうなぎは、産卵前の脂を蓄えており、

味が濃く、こってりしています。

 

だからこそ昔は、夏のうなぎは人気がありませんでした。

 

そこでうなぎ屋が、平賀源内に相談したところ、

「丑の日だから『う』のつくものを食べると縁起がいい」

という語呂合わせを考えたんです。

 

すごいですよね、ひらめきです。

ないなら作っちゃえ!の発想ですよね。

 

それから、うなぎ屋は

「本日土用丑の日」という張り紙を

店の前に張り出したところ、大繁盛したんですよ。

 

そして、他のウナギ屋さんも真似するようになって、

今まで定着してきたんです。

 

これはまさに発想ですよね。

 

そして、この土用の丑の日とはそもそもどういうことなのか?

 

中国では

「自然界は『木』『火』『土』『金』『水』の五つで成り立っている」

という、「五行説」という考え方があるんです。

 

これは有名な説で、今でもありますよね。

 

そして、四季にこの5つを当てはめようとしたわけです。

 

そうするとひとつ、「土」だけが残ってしまたんですね。

 

そこで、「土」を四季に振り分け、

各季節の終わり約18日間を「土用」と設定したんです。

 

つまり、1年間に「土用」は4回あり、

季節の変わり目である

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の

直前の約18日間がそれにあたるようになったわけです。

 

つまり、土用とは、

立春・立夏・立秋・立冬より前の約18日間。

 

そして、丑の日の意味としては、ここは日本なんです。

 

日本には、十二支の干支の中に、「丑(うし)」がありますよね。

 

干支は、方角や日にちを数えるにも使われており、

12日周期で「丑の日」。

 

「土用の丑の日」は、

「土用」の期間かつ「丑の日」となるというわけです。

 

なんだかややこしいですが、由来や意味などはあったわけですね。

 

どれも発想や着想によって後付け、意味づけしていった感じです。

 

スポンサーリンク

土用の丑の日にうなぎ以外で食べるものって何かある?

 

 

土用の丑と言えば、

ウナギのイメージだけだったんですが、

実は、うなぎだけではないんですよ。

 

地域や家庭によっては、

うなぎ以外に食べるものがあるんです。

 

うなぎに限らず、

「う」のつく食べ物を食べる習慣もあります。

 

え、そこなの!?ってなりますよね(笑)

 

暑さや季節の変わり目で体調が整わない時期こそ、

胃に優しいうどんや、梅干しを食べる人もいるそうです。

 

さらに、精がつく牛や馬の肉を食べる人もいるとか!

 

要するに、合理的に考えると、

季節の変わり目で体調も崩しやすいから、

栄養に配慮したものを食べようということですね!

 

確かにうなぎも、DHA、EPAなど、

普段の食事からは摂取しづらい栄養素もたくさん含まれている食べ物です。

 

これも精が付くということですよね!

 

季節の変わり目を元気に過ごせるように、

精のつく「う」の付く食べ物を食べるんですね!

 

後は、精よりも胃腸にやさしい、

「う」の付くうどんや梅干しがチョイスされるわけです。

 

これは理にかなっているから納得ですね。

 

時代とともに由来を工夫して、変化しているんでしょうね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

土用の丑の日は、平賀源内の発案で、

うなぎ屋に「土用の丑の日はうなぎを食べる」

という看板を掲げたところから始まり、

他のウナギ屋も真似をして、今の状態に定着していっているんです。

 

土用の丑の日の土用に感しては、

中国の五行説、丑の日は日本の干支など、

様々なことが絡み合ってできている日だということです。

 

そして季節の変わり目なので、

「う」の文字が付いていて、

精が付くものを食べようということで、

代表でうなぎ、他にはうどん、うめぼし、

馬の肉、牛の肉などを食べる地域や家庭もあるそうです。

 

確かに、うなぎを食べると元気が出る気がしますよね!

 

元気に季節の変わり目を乗り越えよう!という、言い伝えになっているんですね。

タイトルとURLをコピーしました