部屋干しのタオルだけ臭い…おすすめの干し方ってあるの?

スポンサーリンク

部屋干ししたらタオルだけ臭い場合って、

どうすればいいんでしょうか?

 

タオルだけ臭いのは

そもそもなぜなのかもよく分かりませんよね。

 

部屋干しをしたとしても、

どうにかしてタオルを臭くさせたくないもの!

 

そこで今回は、

部屋干しした時にタオルだけ臭い場合の理由と、

臭くならないためのおすすめの干し方や乾かし方のコツを紹介していきます!

 

スポンサーリンク

部屋干ししたけどタオルだけ臭いのはなんで?

 

 

部屋干ししたらタオルだけ臭いのは、

タオルに繁殖した雑菌が落としきれていないことと、

タオルが厚手で乾かすまでに時間がかかってしまうからでしょう。

 

基本的に、部屋干しした時に洗濯物が臭くなってしまうのは、

洗濯物に繁殖した雑菌が完全に除去出来ていなかったり、

部屋干ししているために乾くまでに時間がかかり、やっぱり雑菌が繁殖してしまうから。

 

そのため、タオルの雑菌を除去すると同時に、タオルを素早く乾かすことが、

タオルだけ臭いという状況を食い止めるポイントになってくるんですよ!

 

タオルに繁殖した雑菌をしっかり落とすには、

熱湯消毒と酸素系漂白剤を使う、ということをするのがおすすめですよ!

 

これは我が家でも、洗濯物を部屋干しする際にしている方法なのですが、

まずバケツにタオルを入れ、そこに50℃以上の熱湯を注ぎます。

 

そして数分経ったら洗濯機にタオルを入れ、

いつも使っている洗濯洗剤と一緒に、酸素系漂白剤も入れてお洗濯しましょう!

 

すると、熱湯によってタオルに繁殖した雑菌を死滅させることが出来るし、

酸素系漂白剤を使うことで、よりタオルの繊維の奥まで

しっかりと汚れを落とすことが出来るんですよ!

 

先ほどもお伝えしましたが、

私も洗濯物を部屋干しする際は、この方法でタオルを洗濯しています。

 

すると本当にタオルが部屋干ししても臭くならないので、

かなりおすすめの方法ですよ!

 

熱湯消毒と酸素系漂白剤のタッグで、

タオルだけ臭くなってしまうのを防いでいきましょう!

 

スポンサーリンク

部屋干しをする時のタオルの干し方

 

 

部屋干しする際は、タオルをなるべく早く乾かすことも、

臭くさせないためのコツ!

 

ということで、部屋干しする際に

タオル、特にバスタオルなど大きくて分厚くて乾きにくいタオルは、

掛けて干すのではなく、横向きにしてピンチに蛇腹(じゃばら)になるように干していきましょう。

 

じゃばら干しのイメージ

引用:https://www.kao.co.jp/lifei/support/61/

 

蛇腹にタオルを干すことで、隙間が出来るので風通しが良くなり、

より素早くタオルを乾かすことが出来るんですよ!

 

ちなみに我が家でもタオルは蛇腹になるように干しています!

 

フェイスタオルなど小さめのタオルは、

タオル同士の間隔を空けて、ピンチで挟んで干していくと良いでしょう。

 

やっぱりタオル掛けに掛けて干すよりも、

ピンチで挟んで干した方が、タオルが乾きやすいんですよね。

 

そして更にタオルをより素早く乾かすには、扇風機やサーキュレーターなどを使い、

その風をタオルに当てていくようにしましょう。

 

そうすれば、厚手のタオルも2~3時間程度で乾かせるので、

部屋干ししてもタオルが臭い、ということもなくなりますよ!

 

タオルは蛇腹に干すなどして、風通しを良くして、

扇風機の風を当てて乾かしていきましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

部屋干しした際にタオルだけ臭いのは、

タオルに雑菌が残っていることと、

厚手で乾くのに時間がかかり、やっぱり雑菌が繁殖してしまうから。

 

そのため、まず洗濯前にはタオルに熱湯をかけておき、

そして酸素系漂白剤を使って、

タオルに付着した汚れや雑菌をしっかり落としていきましょう。

 

また、タオルを干す時はバスタオルなら蛇腹になるように干し、

フェイスタオルは間隔を空けてピンチで挟んで干していくと良いですよ!

 

あとは扇風機の風を当てていけば、

素早く乾かせるしにおいもしなくなるので、試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました