甘いトマトやおいしいトマトの見分け方。色や大きさを見るのがポイント?

スポンサーリンク

トマトって、甘くて美味しいですよね。

 

美味しいだけでなく、

様々な料理に使うこともできるので、

スーパーでよく買うという人も多いでしょう。

 

そんなトマトですが、

どうせ買うのなら、おいしいトマトを買いたいですよね。

 

ここでは、甘いトマトや

おいしいトマトの見分け方について解説をしていきます!

 

スポンサーリンク

甘いトマトやおいしいトマトの見分け方を調べてみた

 

 

トマトは、夏に旬を迎えます。

 

赤くみずみずしいトマトは、

どんな料理にも使うことができますよね。

 

そんなトマトですが、

甘いトマトやおいしいトマトはどう見分けるのでしょうか?

 

解説をしていきます。

 

おいしいトマトの見分け方ですが、まずは以下のことがあります。

 

 

・同じ大きさで比較する

 

まずは、トマトを手に持ってみましょう。

 

同じ大きさぐらいのトマトを比べた際には、

重量感を感じた方が、

中にぎっしりと水分や果肉が詰まっています。

 

そのようなトマトは、

食べると新鮮で、みずみずしさも感じることができますよ。

 

・全体にハリがある

 

また、トマトの表面も見てみると良いでしょう。

 

トマトの表面が柔らかくなるほど、

よくハリがある方が新鮮です。

 

トマトは時間が経つと

全体的に水分が抜けて、しんなりとしてしまいます。

 

なので、そうなる前の

ハリを感じるトマトを選ぶようにしましょう。

 

・全体の色が鮮やか

 

トマトの色も美味しいトマトを選ぶには大切です。

 

トマトの赤色が

全体に均一に鮮やかに広がっているものですと、

新鮮で甘さが強いトマトです。

 

また、ヘタの緑も大切な要素です。

 

ヘタが茶色に枯れていなく、

鮮やかな緑になっているものを選ぶようにしましょう。

 

・ヘタがシャッキリしている

 

トマトですが、果実の部分だけではなく

ヘタも見るようにしましょう。

 

トマトのヘタも、時間が経つとしんなりと萎れてしまいます。

 

なので、へタがシャッキリと立っているものを

選ぶようにしましょう。

 

 

このように、甘くておいしいトマトを選びたい場合、

見分け方はいくつかあります。

 

ぜひ、上記の見分け方を参考に、

美味しいものを選ぶようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

トマトの選び方。色や大きさを見るのがポイント?

 

 

トマトですが、確かに選び方としては

色や大きさなどを見るのはとても大切です。

 

これらは、ポイントとしても大事なのですが、

実は、それと同じくらい保存方法も大切になります。

 

トマトの保存方法を間違ってしまうと、

せっかくの甘くておいしいトマトの味が落ちてしまいます。

 

続いて、そんなトマトの保存方法も紹介していきます。

 

トマトは、常温でも保存は可能ですが、

それよりも長期間の保存をしたい場合には、

冷蔵庫での保存がおすすめです。

 

その場合には、以下のことに気をつけるようにしましょう。

 

 

・野菜室に保存

 

トマトのベストな保存場所は、野菜室となっています。

 

冷蔵庫のチルドなどの場合、

温度が低すぎてトマトに負担がかかってしまいます。

 

野菜室はトマトにも適した温度のほかに、

湿度も保たれているので、

より美味しい状態で保存をすることができます。

 

・キッチンペーパーに包む

 

加えて、トマトを保存する際には、

キッチンペーパーに包むようにしましょう。

 

そうすることで、

冷蔵庫の冷気に当てられるのを防ぐだけでなく、

乾燥からも守り、みずみずしさをキープすることができます。

 

またそれに加えて、

フリーザーパックなどの密閉容器にも入れると、

より守ることも可能です。

 

そのほかにも、トマトから出るエチレンガスによって、

他の野菜の日持ちが短くなるのを防ぐことができます。

 

・ヘタを下にして保存

 

トマトを保存する際にやってしまいがちなのが、

ヘタを上にすることです。

 

トマトは熟成が進むと、

お尻の部分から柔らかくなっていきます。

 

なので、ヘタを上にして保存をしていると、

重さが乗ってしまい、トマトが傷みやすくなります。

 

ですので、トマトを保存する際には

トマトを逆さ向きにするようにしましょう。

 

これらを意識することで、

トマトを美味しく10日ほど保存をすることができますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

トマトのおいしいものや甘いものを見分ける方法は、

いくつかあります。

 

なので、それらをうまく利用して、

おいしいトマトをゲットしましょう。

 

また、それと同時に

トマトの保存方法も大切になります。

 

ぜひこれらを活用して、

トマトを美味しく食べるようにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました