知っておきたい日光浴のメリット・デメリット

スポンサーリンク

日光浴にはどんなメリット・デメリットが

あるんでしょうか?

 

日光浴って体に良いとは聞くけれど、

その反面、日焼けしてしまいそうですよね…。

 

それでもやっぱり日光浴はした方が良いもの?

 

今回はそんな日光浴の知られざるメリットと、

一体どんなデメリットがあるのかを詳しく解説していきます。

 

ぜひ日光浴について知って、健康になりましょう!

 

スポンサーリンク

日光浴はメリットだらけ?

 

 

日光浴って実はとってもメリットが多いんですよ!

 

では日光にはどんなメリットがあるのか、

具体的にかつ詳しく解説していきます。

 

 

・ビタミンDを作り骨が丈夫になる!

 

日光を浴びることで、体内でビタミンDが作られ、

それによって骨を丈夫にしたり、免疫力をアップさせることが出来るんですよ!

 

確かに日光浴をすると骨が丈夫になる、ってよく耳にしますよね。

 

あれは実は本当だったんですよ!

 

ということで、骨を丈夫にし、

骨粗しょう症や骨折などのリスクを下げるためにも、

日光浴をするようにしましょう。

 

 

・セロトニンが増える

 

日光を浴びると、幸せホルモンと呼ばれる

セロトニンという物質が体内で作られやすくなります

 

すると気分も良くなり、快適に1日を過ごすことが出来るんですね。

 

 

・体内時計が正常になる

 

日光浴、特に朝日を浴びることで、

体内時計が正常に保たれるようになり、

それによって夜はぐっすりと安眠することが出来ます。

 

朝しっかり起きられるだけでなく、

夜もちゃんと眠れるようになるなんて、かなり嬉しいですよね!

 

 

・がんのリスクを下げる

 

日光浴をしてビタミンDが体内で作られると、

乳がんや大腸がんのリスクを下げることが出来るんですよ。

 

日の光を浴びるだけで

がんになるリスクも下げられるのですから、

かなり健康的ですよね!

 

 

・アレルギーを抑制する

 

同じくビタミンDは、

アレルギーの症状を緩和する作用もあるので、

花粉症を軽減させる効果も期待できますよ。

 

 

以上が、日光浴をすることで得られるメリットです。

 

確かにこうして見ると、

日光浴をすることって本当に体に良いことばかりなんですね!

 

では逆に、日光浴にはデメリットもあるのでしょうか?

 

続いては日光浴のデメリットについて解説します。

 

スポンサーリンク

日光浴にデメリットなんてあるの?

 

 

日光浴にも、もちろんデメリットはあります。

 

それは、あまり長時間日光を浴び続けることで、

皮膚が炎症を起こして火傷を負ったような状態になってしまうことと、

紫外線によるシミが出来てしまうことです。

 

長時間日光浴していると、日焼けして肌がヒリヒリと痛み、

火傷したような状態になってしまいますよね…。

 

また、紫外線によってシミやくすみなど、

肌の老化現象も引き起こす可能性があります。

 

そのため、日光浴は適度にすることがベスト。

 

夏場は木陰で30分間、それ以外の季節は約1時間だけ、

日光を浴びるようにしていきましょう。

 

そうすれば日光の浴びすぎを抑えられるので、

メリットだけを得ることが出来ますよ。

 

また、出来れば日光浴は朝日を浴びるようにすること。

 

朝日を浴びることによって、体内時計も整うし、

紫外線もそんなに強くないので、

肌の老化を気にせずに日光浴が出来るでしょう。

 

反対に、季節にもよりますが、

だいたい14時頃は一番日差しが強く、紫外線の量も多いので、

日光浴をしないことをオススメします。

 

できれば日光浴は朝に行い、

日焼けを防いでいくようにしましょう。

 

そうすれば日光浴のデメリットも回避出来ますよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

日光浴のメリットは

ビタミンDを体内で生成することによって、

骨を丈夫にしたり、がんやアレルギーの抑制をしたり、

セロトニンを増やしたり、体内時計を整えるなどがあります。

 

一方デメリットは、

長時間日光を浴びることによって、皮膚が炎症してしまったり、

シミやくすみなど肌の老化に繋がってしまうこと。

 

でも長時間日光浴をしないようにすることと、

出来るだけ紫外線の少ない朝日を浴びるようにすれば、

これらのデメリットは回避できるでしょう。

 

日光浴は、朝に行うといいですよ!

タイトルとURLをコピーしました