アルバイトを辞める時の理由やこじれない言い方。メールはNG?

スポンサーリンク

高校生や大学生になると、

アルバイトを始める人も多いと思います。

 

アルバイトは社会経験にもなりますし、

仲間に恵まれるとアルバイトでもたくさんの良い思い出ができますね。

 

しかし、逆に自分に合わなかったり、ブラックバイトであったりしたら、

アルバイトならすぐに辞めてしまった方がいいです。

 

そんな時、理由やこじれない言い方はあるのでしょうか?

 

ここではアルバイトを辞める時の理由や、

こじれない言い方について解説をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

アルバイトを辞めるのに印象が悪くならない言い方とは?

 

嘘も方便と言いますが、アルバイトを辞める時に

印象が悪くならない言い方としては、嘘を交えるというのはアリです。

 

学生の場合でしたら、学業が忙しい、ゼミが忙しい、

就活で忙しいなどの理由が適当でしょう。

 

学生である以上、基本的には学業が本文です。

 

そちらの理由を主張をしたら、学生のアルバイトを雇っている以上、

無理にいてくれとは言えないはずです。

 

また、正直嘘っぽい理由や言い方であっても、

相手も大人ですし、察してくれるでしょう。

 

もともとアルバイトである以上、

雇用主としては無理に引き止めることができません。

 

職場やその時の自分の立ち位置、

環境によっては引き止められるかもしれませんが、

辞めると決めたのなら、

しっかりと断りを入れて引き継ぎをするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

アルバイトを辞める時はメールでも大丈夫?

 

アルバイトを辞める時ですが、

メールでも大丈夫なのでしょうか?

 

結論から言えば、大丈夫です。

 

正式な雇用関係ではないアルバイトですので、

辞める時はメールでも大丈夫です。

 

もっと言えば、

黙ってバックレるでも問題はありません。

 

ただ、その場合、

相手にはものすごく迷惑がかかるのですが、

例えばブラックバイトであったり、

何度言っても辞めさせてくれないといった状況なら、

黙ってバックレるのもありだと思います。

 

メールでも「何日で辞めます」や、

「もう来ません」といった感じで辞めるのもいいでしょう。

 

その場合は、円満に辞めるというよりは、

喧嘩別れのような感じになります。

 

もし円満に辞めたいというのなら、

やはりしっかり話した上で、辞めるべきでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アルバイトを辞める時の理由や

言い方についてはおわかりいただけたでしょうか?

 

アルバイトを辞める時、印象が悪くならない言い方としては、

本文である学業を理由にするといいでしょう。

 

また、辞める際に喧嘩別れでいいのなら、

メールでもバックレでも構いません。

 

実際に筆者の友人でも、

ラーメン屋のバイトを1日でバックレた奴はいます。

 

そこの判断は人によるので、

自分の今後や今の状況を踏まえた上で、

最適な方法を選ぶようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました