アルバイトでも有給がとれる!?条件はあるの?

スポンサーリンク

アルバイトで働いている皆さんは、

有給がとれることをご存じでしょうか?

 

なんとなく『有給は社員しかとれない』、

『アルバイトで有給なんて聞いたことがない』と思って諦めていませんか?

 

実は、条件を満たせばアルバイトでも有給がとれるんです!

 

ではその条件とは何なのか、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

アルバイトでも有給が取れる条件

 

 

まずは有給が発生する条件として、

・勤務開始日から半年間継続して働いていること

・その半年間の期間内に8割以上出勤していること

 

また、この二つに加えて、

所定の労働時間が週に30時間、

または所定の労働日数が週5日以上のフルタイムの契約の場合

10日間の有給が付加となります。

 

この条件を満たせば、

アルバイトやパートでも有給休暇が発生するのです。

 

就業日数により、

有給休暇が付加される日数が変わってきます。

 

詳しく紹介しているサイトがありますので以下を参考にしてみて下さい↓

 

スポンサーリンク

アルバイトにはそもそも有給がない?

 

 

アルバイトだから有給取れないと言われた!

 

勤務先から『アルバイトなんだから有給なんて発生しないよ』

なんて言われた経験はある方もいるでしょう。

 

しかし有給休暇は、

原則として労働基準法により定められています。

 

もちろん、条件を満たしていれば

労働者の権利として有給休暇を申請することができます。

 

ただ、雇用主側には『時期変更権』というものがあり、

有給休暇の消化によって業務に影響が出る場合には、

取得の時期を変更することができます。

 

スポンサーリンク

アルバイト全員に告ぐ!「我々の有給は義務である!」

 

 

ここまでアルバイトの有給休暇について、ご紹介してきました。

 

労働とは、雇用主と労働者両社で成り立っています。

 

労働者の有給休暇は、法律で定められた義務とお話ししてきましたが、

もちろん自分だけの権利だけでなく、他の従業員の方の権利でもあります。

 

シフト制の仕事や、人手不足な職場で有給を取得する時は、

余裕をもって申請することで、

その後の仕事もスムーズに進められるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

このように、アルバイトでも条件を満たせば

きちんと有給休暇を取得することができます。

 

有給休暇は社員だけの特権ではなく、

労働者すべてに平等な権利なのです。

 

勤務する全ての人が有給休暇を上手く利用して、

楽しい職場環境にしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました