税金がきつい!フリーターが税金を削減する方法

スポンサーリンク

今の時代、働き方も様々です。

 

正社員や派遣、契約社員やフリーターなど、

様々な形態で働いている人が多いと思います。

 

しかし、どの働き方にも共通して大変なのが税金ですよね。

 

社会のためとはいえ、税金を全て払うのは正直きついです。

 

ここでは少しでもきつい税金を減らすために、

フリーターが税金んを軽減する方法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

フリーターが税金を全て払うには、いくら必要?

 

 

まずフリーターであろうと、

もちろん税金を払う必要があります。

 

フリーターにも、いくらかかかる税金は

以下の通りです。

 

・所得税

・住民税

・国民健康保険

・国民年金

 

正確にいえば、国民年金や国民健康保険は税金ではないのですが、

会社の場合は源泉徴収をされる社会保障になりますね。

 

これらの税金は、

アルバイトをしたら必ず払う必要があるわけではありません。

 

所得税は年収103万円以上から、住民税は年収が100万円以上から、

国民健康保険は年収が130万円以上から、

また、国民年金は20歳以上は必ずとなっています。

 

ですので、大学生のアルバイトの場合は、

100万円以上を支払うと、控除が効かなくなるので注意しましょう。

 

あえて、アルバイトの収入を減らすことで、

税金を節約することもできます。

 

これらより、

フリーターが収入にかかる税金を全て払うにはいくらかというと、

130万円以上となります。

 

年収130万は、月収でいうと10万8000円ほどになります。

 

フルタイムで入っていると、すぐに超える金額になっています。

 

これらの税金は累進課税になっており、

収入が多いほど大きくなっています。

 

ですので、賢く働いて節税することも大切になります。

 

スポンサーリンク

フリーター必見!簡単な税金の計算方法

 

 

では、これらの収入に対して、

簡単な税金の計算方法はないのでしょうか?

 

結論から言えば、あります。

 

ただ日本の税金の制度は累進課税制度と言って、

収入が多くなればなるほど税率が上がっていきます。

 

ですが、一般的なフリーターぐらいの

年収130万から300万円ぐらいでしたら、

簡単に計算をすることができます。

 

それは、年収に対してだいたい×0.2をすることです。

 

例えば、年収が130万円のフリーターなら26万円ほど、

年収が300万円ほどでしたら、60万円が所得税、住民税、

健康保険、年金の合算で引かれています。

 

なので手取りで考えると、

年収130万円だと104万円、

年収が300万円だと240万円ほどになります。

 

もちろん細かな違いはありますが、

こう見るとやはり結構引かれてますね…

 

税金はしょうがない部分がありますが、

なんとかもう少し改善されて欲しいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

フリーターの税金について、おわかりいただけたでしょうか?

 

フリーターでも、もちろん税金を払う必要があります。

 

ただ税金は大切なものとわかっていますが、

できるだけ少なくしたいのが本音です。

 

うまく収入を調節して、

賢く税金を収めるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました