老後の夫婦の生活費の内訳について。貯金はいくらぐらい必要?

スポンサーリンク

現代では、医療の発達などにより

「人生100年時代」と言われています。

 

仮に65歳で定年退職とし、老後は65歳以降とします。

すると、働かずに年金だけで35年も生活することになります。

 

貯金はいくら必要なのか…

40代くらいになってくると、不安になり始める方は多いのではないでしょうか。

 

極端な言い方をすれば、お金はあればあるだけいいです。

しかし、働いている間にできる貯金は限られています。

 

子供が巣立ったあと、

夫婦でゆとりある老後生活を送りたいのは、皆さん同じですよね。

 

今からでも遅くありません。

早い段階から準備を始めましょう!

 

スポンサーリンク

老後、夫婦で暮らす場合の生活費の内訳は…

 

 

会社員の方にとって、

定年退職後の生活の基盤となるのが公的年金

 

しかし、これだけを頼りに生活していくことは、とても困難です。

 

老後にかかる夫婦二人の生活費は約26万円。

 

意外にかからないんだなと思うかもしれませんが、

これは必要最低限の暮らしをしている場合なんです。

 

ゆとりある豊かな生活を送るためには、

約35万円が必要だと言われています。

 

子供のお祝い、孫へのお小遣い、海外旅行、

スポーツジムやゴルフなど、様々な場面でお金がかかります。

 

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦二人の

一般的な実収入は約23万円です。

 

ゆとりある生活を送るためには、

不足分12万円を貯金から補っていかなければなりません。

 

どのくらい必要なのか?

 

まずは生活費の内訳から見ていきましょう。

 

総務省の家計調査によると、高齢夫婦二人の生活費の内訳は

 

食費:6万4,444円

住居:1万3,656円

光熱・水道:1万9,267円

家具・家事用品:9,405円

被服及び履物:6,497円

保険医療:1万5,512円

交通・通信:2万7,576円

教育:15円

教養娯楽:2万5,077円

交際費:2万7,388円

その他:2万6,640円

税金・社会保険料:2万8,240円

 

となり、合計で約26万円です。

 

世帯によって差が出てくるのは食費、住居費あたりでしょう。

 

これは外食を含む食費ですから、

外食は年に数回だという世帯はもっと抑えられます。

 

住居費はあくまで平均ですので、持ち家か賃貸によって違います。

 

また、持ち家でも、

戸建てかマンションかによっても差が出てきます。

 

老後をどのように過ごしたいかで、必要な資金は大きく変わってきます。

 

理想はそれぞれ持っていると思うので、

逆算して定年退職までに貯金はいくら必要か計算してみましょう。

 

スポンサーリンク

老後の貯金、いくらあれば夫婦で暮らせる?

 

 

40代夫婦の貯金額の平均は694万円です。

 

仮にあなた達夫婦が現在40歳として、定年退職まで25年。

いくら貯金すればいいのか?

 

実収入約23万円で、ゆとりある生活を送るために

35万が必要になるとします。

 

その差額12万円。

 

人生100年時代とは言いましたが、

夫婦二人とも100歳まで生活できることは少ない例です。

 

ですので、20年生活するとしましょう。

 

その場合は単純計算で、2,880万円。

30年だと、4,320万円。

 

かなりの金額が必要になってきますね。

 

25年間でどのように貯蓄していけばいいのか。

 

・夫婦二人で正社員として働いている場合

・妻は夫の扶養内で働いている場合

・どちらか一方のみが働いている場合

 

この3パターンが多くを占めると思いますが、

あくまで平均の話をします。

 

月8万円、ボーナス年間60万円を貯金できたとします。

すると、25年間で3,900万円。

 

現在の貯金額694万円を足すと、4,594万円となります。

 

このくらいの貯蓄があれば、老後は安心して生活できると言えます。

 

現在の貯金額を夫婦二人でしっかり把握して、

定年退職までにどのくらい貯金すればいいのか話し合ってみてださい。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お金の話ばかりしてしまいましたが、今の時期から

「老後の生活をどのように過ごしていきたいかを考えること」は

とても大切なことなんです。

 

あなたが仮に40代ならば、まだまだ子供にお金もかかりますね。

 

さらには、家や車のローンなど、

本当に様々なことにお金が流れ出てしまいます。

 

計画的に貯蓄を増やしていくためには、家計の管理が重要です。

 

日々忙しいとは思いますが、

何にいくらかかっているのか、一から見直してみましょう。

 

まずは保険料や通信費の見直しをするといいですよ。

 

・格安スマートフォンに変える

・保険料の支払いを月払いから年払いに変える

これだけで、年間何万円もの節約につながることもあります。

 

今は家計簿アプリなどで簡単に家計管理ができるので、

まずは小さなことから無理なく実践してみてください。

 

夫婦で協力して、ゆとりある老後生活を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました