災害時にトイレについて知っておきたいこと。代用品も紹介

近年、地震や豪雨によって

災害対策が重要になってきている現代で、

災害時のトイレはどうされていますか?

 

普段何気なく使っているトイレですが、

災害時にないととても困りますよね。

 

日本は世界から見ても衛生観念が高く、

世界でもトップクラスの衛生環境です。

 

いつも使っているトイレが、

使えなくなってしまったらどうすればよいか?

 

今回は、災害時に役立つトイレ事情をみていきたいと思います。

 

災害時に注意!トイレの正しい流し方を把握しておきましょう

 

 

さて、いざ災害が発生した時に

一番に考えるのは身の安全確保ですよね。

 

少し落ち着いて、身の周りのことを確認し始めた時に、

ライフラインは無事かを確認しましょう。

 

その時にもし電気が止まっていたら?

断水していたら?

ガスが止まっていたら?

 

一日に何回も利用するトイレが使えるかどうかは

意外にも、毎回災害時に困ったことの上位にあがります。

 

トイレが使えるかどうかは、

健康面や衛生面でもとても重要なことです。

 

では、電気は止まってしまった時に、

トイレは使えるのかを見ていきたいと思います。

 

災害で電気が止まった!知っておくべきトイレの流し方!

 

 

電気が止まってしまった時に、トイレは使用できるのか?

という疑問について、答えは『YES』です。

 

正しくいえば、

大半は断水していなければ、水洗トイレの場合流すことが可能です。

 

しかし、断水していた場合は、当然ながら流すことはできません。

 

もし、地震で断水していた場合には、

無理やり雨水等で流すと大変なことになるかもしれません。

 

国土交通省の災害時のトイレについて紹介していますのでご参考下さい。

 

突然の災害時!焦らない為にトイレの代用を備えよう

 

災害用トイレとして、

代用できるものをまとめてみました。

 

普段の生活でトイレに困ることはありませんが、

災害時は違います。

 

常に綺麗で清潔なトイレを使えるとは限りません。

 

私が参考になったサイトがありますので、ご覧下さい。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

全国どこにいても災害は起こります。

 

備えあれば憂いなしといいますが、

災害時の対処法を知っているかいないかで、

その後の対応が大きく違ってきます。

 

特に災害時は、長期化すればするほど

衛生管理が疎かにになってきます。

 

その中で、トイレ環境は

欠かせないものになってくると思いますので、

日頃から十分な知識と対処法を身につけて、

いざという時に冷静で迅速な判断ができるようにしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました