ハンガーの跡がつかない干し方。Tシャツが型崩れしないハンガーも紹介!

洗濯してハンガーに干していたら型崩れしていた!

なんていう経験、誰しも1回はあるのではないでしょうか?

 

首元が伸びてしまってヨレヨレに…。

 

ハンガーの肩のとがっているあの部分!

お気に入りのTシャツにポッコリ跡がついてしまって台無しに…。

 

このポッコリ跡ってなかなか厄介で、

アイロンでは取り除くことができなかったりするんですよ。

 

もう一度洗濯し直すのも、時間がかかってしまいます。

 

結果、Tシャツを着る度に「また跡がついてる…。」となり、

ストレスでイライラしちゃいますよね。

 

そこで!今回はハンガーにTシャツを干すときに型崩れしない方法と、

おすすめのハンガーも紹介します♪

 

ハンガーの跡がつかない干し方。Tシャツはこうやって干そう

 

 

Tシャツをハンガーにかけて干すことで型崩れしてしまう原因は、

滑りやすく細いハンガーを使っているからなんです。

 

よくあるプラスチックや針金のハンガーは、

ツルツルした素材でできており、

衣類がしっかりキープされずに、ずり落ちてしまうことがあります。

 

また、肩部分がとがっていることで、肩に跡がついてしまうんです。

 

ということは、そもそもハンガーに干さなければいいのです!

 

物干し竿に、Tシャツを上下二つ折りになるように干します。

 

分かりやすく言うと、Tシャツの胸部分に当たるところを

物干し竿にかけるように干すんです。

 

そうすると、首回りが伸びるのを防ぐことができ、

肩のポッコリ跡もつきません。

 

しかし、狭いバルコニーではそんなスペースありませんよね。

 

省スペースで、手っ取り早く干せるハンガーに頼りたい!

 

そこで、三角になっているハンガーの底辺部分に

Tシャツを縦半分に二つ折りしてかけます。

 

この方法でも型崩れを防ぐことができ、

さらにスペースをとらないのでとても良いですね!

 

ただ、問題点がひとつあります。

 

これらの干し方だと、

どうしても生地が重なる部分が出てきてしまいます。

 

天気や季節によっては乾きにくくなり、

生渇きになってしまう可能性も…。

 

そこで、型崩れを防いでくれる、

様々なハンガーを紹介したいと思います!

 

Tシャツが型崩れしないハンガーおすすめ3選

 

 

人体ハンガー(ブランド:HIMETSUYA)

 

こちらのハンガーは「衣類保護」力学の原理により、

半円のデザインが肩のポッコリ跡を取り除き、

服の形状をしっかりキープしてくれます。

 

さらにハンガー表面に施された、特殊起毛加工が滑り止めの効果を持ち、

ずり落ちることを防いでくれます。

 

Tシャツだけではなく、

滑り落ちやすいネクタイもかけることができ、とても便利です。

Amazon.co.jp : HIMETSUYA ハンガー 型崩れしない 16本組 すべり落ちない はんがー 人体ハンガー 無印 洗濯 物干し 衣類ハンガー スーツハンガー ジャケットハンガー (ホワイト) HI-027 : ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、HIMETSUYA ハンガー 型崩れしない 16本組 すべり落ちない はんがー 人体ハンガー 無印 洗濯 物干し 衣類ハンガー スーツハンガー ジャケットハンガー (ホワイト) HI-027を ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能で...

 

マワハンガー(ブランド:MAWA)

 

こちらはドイツで生まれた、MAYA社のハンガーです。

 

ノンスリップコーティングを施したこのハンガーは、

衣類を傷めないと評判です。

 

人体に近いカープで設計されており、型崩れを防いでくれます。

Amazon.co.jp: MAWA すべり落ちないマワハンガー 人体ハンガー 20本組 116066 ブラック 40×22×1cm 3120 : ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: MAWA すべり落ちないマワハンガー 人体ハンガー 20本組 116066 ブラック 40×22×1cm 3120 : ホーム&キッチン

 

すべりにくい省スペースハンガー(ブランド:ニトリ)

 

こちらは滑りにくく肩に跡がつきにくいのはもちろん、

厚さが4mmとなっているので、スッキリ収納することができます。

 

メンズ用、レディース用と、

大きさが分かれているのも嬉しいですね。

 

5本セットで購入できるので、一人暮らしの方にはちょうどいいですね。

ニトリ通販サイト

 

まとめ

 

洗濯は外に干すことが多いですよね。

 

外に干すと、太陽や雨風により、ハンガーは劣化しやすくなります。

 

プラスチックハンガーはパキッと折れてしまったり、

針金ハンガーは覆っている素材がめくれてきて、

針金の部分が錆びてしまったり…。

 

中には変形してしまうものもあります。

 

ですので、劣化しにくく、

丈夫なハンガーを選んで使いましょう!

 

また、洗濯を干すときのハンガーと、

クローゼットへ収納するときのハンガーを同じにすると、

手間も省けて効率的です♪

 

自分の暮らしにあったものを見つけることで、

ノンストレスでもっと快適な生活を送ることができます♪

 

是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました