こたつ布団が大きすぎるとどうなる?大きさや目安についてまとめてみた

スポンサーリンク

寒い季節になると恋しくなるのが「こたつ」ですよね。

もちろん、季節を問わず

テーブルとして使用している方も多いでしょう。

 

寒い季節にはこたつ布団が必要。

 

セットで購入していたので気にしていなかったけれど、

いざ購入し直す時に、サイズがわからない。

 

こたつよりも大きい事は間違いないですが、

小さすぎても大きすぎても困りますよね。

 

では、こたつ布団の適正サイズについて説明しますね。

 

こたつ布団の適正サイズ。

 

まずこたつのサイズ、つまり天板のサイズによります。

 

正方形タイプなら多くが80cm以下か81~90cmにわかれます。

長方形は種類が豊富で90~210cmまでが多いです。

丸形は直径90cmと105~110cmが多いようです。

 

こたつのサイズによって、布団のサイズは決まります。

 

基本的にこたつ布団は、

こたつよりもプラス100~130cmが丁度良いとされています。

 

こたつのサイズを測ったら、

その数値に100~130cmを足して購入して下さいね。

 

100cmだと丁度よく、

130cmに向かうにつれてゆったり目になります。

 

あと、最近では、

省スペースこたつ布団というものもあります。

 

こちらは切り込みがはいっていて、

布団が広がらないという利点があります。

 

大きさについては、同じく100cm~130cmを足して下さいね。

 

ひとつ注意しなければいけないこと、それはこたつの高さ

 

こたつの高さは、5cmくらいが座って丁度良いと感じるそうです。

 

もし、これ以上高いものならば、100cmよりも大きい物をお勧めします。

 

敷布団はこたつのサイズに100cmくらいを足すと丁度いいようです。

 

敷布団にはこたつの高さがありませんからね。

 

スポンサーリンク

こたつ布団がこたつに対して大きすぎると、どうなる?

 

 

小さすぎると、熱が逃げてどうすることもできません。

 

ですが、大きすぎる分に関しては困ることは特にない気もしますが、

強いて言えば見た目の悪さくらいでしょうか。

 

あとは部屋が狭くなる…などもあげられます。

 

こたつ布団は大きさだけでなく、厚さも選ぶ時のポイントです。

 

厚いと保温性はありますが、しまう時や洗濯が大変。

 

薄いと保温性は厚い物よりもありませんが、しまう時や洗濯は楽。

 

また、素材によってもメリット、デメリットがあります。

 

綿は保温性が高いけど、重くて収納と洗濯が大変。

 

ポリエステルは軽くて洗濯は楽ですが、

吸湿性が低く、ムレやすくなり、カビが発生しやすくなるということです。

 

もちろん、その問題点をクリアしているポリエステルもありますので、

特徴を確認してくださいね。

 

こたつは寒い時期は活躍し続けますが、

毎日同じ柄だと飽きる!

 

そんな時には、カバーだけでも変えると印象が違いますよ。

 

もちろん、カバー素材にこだわるのもいいですよね。

 

触った時に気持ちが良いと楽しいです。

 

布団だとちょっと冒険しにくいですが、

カバーなら思いきった柄にも挑戦できるので、

何枚かあると部屋の雰囲気が変わって良いと思います。

 

こたつは部屋でかなりの面積を占めるので、

やっぱり印象が強いんですよね。

 

大体、布団は1シーズンに一度くらいで

洗濯する方が多いようです。

 

布団は洗濯の回数は増やせませんが、

意外と汚れてしまうもの。

 

カバーなら簡単に洗濯できますし、清潔感も感じられていいですよね。

 

あ、もちろん布団も含め、

洗濯できる素材かどうかは確認してくださいね!

 

頻繁に洗濯はできなくとも、天日干しはした方がいいですよ。

 

干すことなら選択できない布団もできますよね。

 

干せない場合は、クリーナーなどの使用をお勧めします。

 

今回の問題とは違いますが、面白い布団を見つけました。

 

こたつ布団の中で、大きすぎるのを売りにしているものです。

 

体全体をおおっているので、

これはますますこたつから出られなくなるな…

と思いました。

 

こたつの熱が届かないところでも、十分体をおおう程の大きさです。

 

もし気になったら、ぜひ見て下さい!

 

ベルメゾンの「超ビッグなこたつ布団」です。

 

撥水加工なところもいいですよね。

 

スポンサーリンク

こたつ布団の大きさや目安。失敗しないために…

 

 

目安については最初に述べましたが、

こたつ本体に100~130cm足したものが良い。

 

失敗しないためには、

とにかくこたつのサイズを測ってから購入すること。

 

これを守れば失敗はしないと思います。

 

失敗ではないかもしれませんが、

季節ものですので、購入時期を間違うと売り切れている可能性はあります。

 

在庫が全くないことはないと思いますが、

選びたいなら早めに行動することが大切です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • こたつ布団は本体の100~130cm足した大きさが適正サイズ
  • 布団が大きすぎる場合は、特に困ることはないですが、見た目がちょっと悪くなる
  • 失敗しないためには本体のサイズを必ず把握すること
  • 季節ものなので、時期によっては欲しい物が購入できないかも

 

意外とセットで購入してしまい、

買い替える時にわからないものは多いですよね。

 

そんな時はしっかりとサイズ確認が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました