加湿器の石灰化を除去したい!落とし方を教えて!

スポンサーリンク

もうすぐ乾燥する季節がやってきます。

 

そこで活躍するのが「加湿器」ですよね。

 

でも加湿器って使っていると、

白い塊みたいなものが付着しますよね。

 

あれはまさしく「石灰」なのです。

 

加湿器から出てくる蒸気によって、

部屋に潤いを与えてもらっているのだから、

石灰化していると”不衛生”に見えますよね?

 

使っているうちに加湿器が石灰化されるのは仕方ないとしても、

使用前後はきれいにしておきたいものですよね。

 

今回は石灰の落とし方について詳しく説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

 加湿器の石灰化を除去するには…?

 

 

石灰というのは、いわゆる水垢ですよね。

そして「炭酸カルシウム」とも言われます。

 

加湿器にこびりついた炭酸カルシウムを除去するのに、

一倍いいのはクエン酸です!

 

炭酸カルシウム=酸性

クエン酸=酸

という名前だけど、性質的には実はアルカリ性!

 

この性質だけでも、

理科や科学が好きな方はピーンときますよね。

 

酸性とアルカリ性を混ぜると中和されるって、

小学校の授業で学んだことを覚えていますか?

 

その作用で、水垢を落とせるということなんですよ。

 

もう、本当に掃除といえば必ず出てくる商品ですよね。

 

いっそのこと、どこに行っても

掃除用品と一緒に常備していても損はないかもしれません。

 

スポンサーリンク

加湿器の石灰の落とし方を具体的に説明します

 

 

石灰を落とす方法は、クエン酸水につけるだけです。

 

至極シンプルですよね!

 

【準備するもの】

・バケツかタライ、なければバスタブ。それもなければ台所のシンク。

水を貯めることができて、

かつ加湿器のパーツを浸すところがあればOKです。

 

使わなくなったベビーバスとかも便利ですよね。

 

 

 

・クエン酸

薬局なんかで、

小さいものだと300円弱で売ってありますよね。

 

 

 

【作業の手順と方法】

1.準備した大きなバケツやタライなどの容器に水を入れ、

水の容量の1パーセントを目安にクエン酸を振りかけて、かき混ぜて溶かします。

 

2.ご自宅で使用している

加湿器のパーツ、タンク・ふた・フィルターなどを丁寧にはずし、

クエン酸水に30分~1時間程浸け置きします。

 

パーツの取り外しを旦那さんに頼む時は、

「強引にやって壊さないように」と強く言っておいてください。

 

男の人は力ずくですぐにやろうとしますからね。

 

3.つけ置きが終わったら、スポンジやブラシを使って汚れを取り除き、

最後にフキンで拭き上げて完了です。

 

これだけで石灰をキレイにしてくれるなんて、本当、クエン酸様様ですね。

 

スポンサーリンク

クエン酸を使うときの注意事項

 

 

クエン酸水を掃除に使うときは、次の点に気をつけてください。

 

  • 塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生するため、決して併用してはいけません(石灰化した場所をさらにきれいにしようと、カビキラーやサンポールなどとクエン酸水を混ぜる…なんてことのないように)。
  • 鉄、セメント、大理石に使用すると、錆びたり傷んだりするため使用を避けてください。
  • クエン酸は湿気に弱くカビが発生しやすいため、乾燥した冷暗所に置いて保存してください。

 

「塩素系漂白剤に入れると危険」という話は、

結構有名なのでご存知かと思いますが、

「鉄・セメント・大理石」に使用すると錆びたり傷んだりすると言うのは、

知っているようで知らない方が多いです。

 

なので、クエン酸水が残って捨てるときも、

お家の庭(セメントの部分)などではなく、

風呂場やトイレ、シンクに流すようにしましょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

加湿器の石灰化を除去する方法を説明させていただきましたが、

理解できましたか?

 

「百聞は意見にしかず」です。

 

やってみると、本当に驚くくらい綺麗に落ちますよ。

 

新品のように戻すいい機会です。

 

加湿器の使用前後に綺麗にして、乾燥時期を乗り越えましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました