こたつはいつからいつまで出す?気温の目安とかはあるの?

スポンサーリンク

そろそろ「こたつにみかん」の季節が近づいてきましたね。

 

こたつで昼寝しちゃう人ー?

小さい頃、寝汗かいて、洋服がびしょ濡れになったことがあります。

 

ポカポカして眠くなっちゃうんですよね。

 

いやいや待って待って、誰が洗濯するのかって…お母さんでしょ!

 

「ただでさえ、乾きづらい冬なのに無駄な洗濯物を増やさないでよ」

って怒られるんですよね。

 

こたつの出し入れのタイミングって、結構ご家庭によってマチマチですよね。

 

地域の特性や寒さの感受性も、人それぞれですからね。

 

こたつを準備するのに何が大変って、

こたつ布団の洗濯や日干しをしたり、

収納するときは圧縮袋にしまったりするのが面倒ですよね。

 

この際だから、お天気ニュースを見て冷え込む時期や気温を見計らって、

こたつを出すタイミングの”目安”を決めちゃいましょう!

 

そこで北は北海道、南は沖縄までの統計を調べてみましたので、

ぜひあなたのご家庭でのご参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

こたつはいつから出すといい?いつまで使える?

 

 

こたつを出すタイミングを、地域別に調べてみました。

 

北海道・東北

 

こたつを持っている自宅では、9月頃とされています。

 

でも、北海道では「こたつ」を持っていない方が多い

と言う統計も出ています。

 

単純に、こたつだけでは寒さを凌げないから!

 

はっきり言って寒すぎて耐えれないというのが現状みたいです。

 

ウエザーニュースでの調査によりますと、

北海道の「こたつ普及率」は23%と、

47都道府県の中でも最下位という結果も出ています。

 

そもそもの理由として、北海道は暖房設備が充実していて

”セントラルヒーティング”というシステムで家全体をあたためているため、

こたつは必要がないのです。

 

関東・関西・中国地方

 

本州の南側に位置する地域では、

11月中旬から下旬ごろが目安となっています。

 

山間部や日本海側だと、

もう少し早めに出すというところもあるみたいですが、

「こたつ」を持っているご家庭では、11月中旬が多いみたいですね。

 

そもそも「こたつ普及率」も東京都(35%)、神奈川県(38%)と、

ウエザーニュース調査結果でも44位、45位となっており、

みなさん、エアコンやストーブで事足りるということでしょうね。

 

北関東・甲信越・北陸地方

 

これらの地方は、特に冬も厳しい地域になります。

 

大体10月下旬から11月上旬には準備するそうです。

 

中でも「こたつ普及率」日本一の山梨県は、

75%の家庭で使っているということも

ウエザーニュース調査によって結果が出ています。

 

山梨県では「こたつ」がないなんて信じられない!

と言ったところでしょうね。

 

フルーツ狩りとしても有名な、山梨県ならではの

「こたつに〇〇」が違ったものもあるかもしれません。

 

これから田舎暮らしを狙っているアナタは、調べてみる価値ありですよ。

 

九州・沖縄地方

 

沖縄って「こたつ」を使うの?と思いましたね。

 

沖縄だって1月2月になれば少しは冷え込みます。

 

だから「こたつ普及率」も日本でワースト2位(30%)なんですよ!

 

まぁ、沖縄の場合は持っていても

ほぼほぼ使っていないというのが現状みたいですけどね。

 

九州では11月下旬から12月上旬にこたつを出すみたいですね。

 

筆者も元々九州出身で驚いたのですが、

関東の人は「九州は雪が降らない」とか

「一年中に海に入れる」と思っている方もいるようです。

 

いやいや、九州でも普通に冬は寒いですからね!

 

日本国内、各地域で「こたつ」を出すタイミングというのを

大体把握できましたか?

 

あなたの住む地域の目安として、考察してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

こたつはいつから使う?気温の目安はある?

 

 

地域ごとにいつから使うかは、

前述した記事で理解していただけたかと思います。

 

それでは、気温の目安はあるのかという疑問にお答えすると

「15度」が一番適温だとされています。

 

実は「こたつの歴史」は結構古く、

室町時代に”いろり”の上に台を組んで布団をかぶせて、暖をとったのが起源

とされています。

 

その後、「こたつ」は時代とともに、

掘りごたつや、大勢の人が一度に入れる大きいこたつ等も生まれて、

冬には欠かせない暖房器具になりました。

 

ちなみに、初めは”いろり”の火が熱源だったのですが、

時代が流れるにつれて、木炭や練炭が使われるようになり、

大正時代に日本初の電気ごたつが登場したのだとか。

 

ちょっと「こたつ豆知識」も入れてみたので、

ぜひハナタカさんの感じで話してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「こたつ」を出すタイミングは地域によってマチマチであり、

気温が「15度」を下回ったあたりが目安と考えていいみたいですね。

 

でも…寒くなったと感じたら出せばいいと思いますし、

面倒だなと思ったら少し我慢すればいいと思うのが、私個人としての意見です。

 

目安はあくまでも目安なので、

自分の寒さレベルが増してきて、どうするか考えるといいですよ。

 

今はこたつがなくても、

エアコンはほぼ100%に近い普及率だと思いますので、

うまく冬を乗り越えていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました