野良猫が朝や深夜にうるさい!どうすればいいの…?

スポンサーリンク

自宅に帰ってきて、ゆっくり休もうと思ったら

野良猫の鳴き声がうるさく感じてしまうこと…ありませんか?

 

猫は元々夜行性です。

 

さらに発情期となる2月から4月にかけては、

より活動が深夜から朝方にかけて活発になることで、

うるさく感じる事が増えます。

 

疲れている中での野良猫の鳴き声が聞こえてくると、

余計イライラするという方も多いですよね。

 

しかもご近所の方の騒音と違って、

野良猫には「うるさい!」と言っても伝わらないので、

さらに困ってしまいます。

 

この記事では、そんな朝方から深夜にかけての

野良猫騒音対策について紹介していきます。

 

具体的には、水をかけて撃退する方法と、

耳をふさいで鳴き声を遮断する方法になります。

 

それでは詳しく解説していきますね。

 

自宅でゆっくり休めるように、

野良猫対策をしっかりとしていきましょう!

 

スポンサーリンク

野良猫が朝方うるさい時の対策

 

 

朝方に野良猫がうるさいときには、

そのまま起きて猫に対して水をかけるのはどうでしょうか。

 

猫は水に濡れるのが嫌いなので、

水をかけることで追い払うことができます。

 

蛇口にホースを取り付けるのが手間なときには、

水鉄砲を使用することで、遠くにいる猫に対しても

比較的ラクに対処することができます。

 

水鉄砲であれば、100円均一やホームセンターなどで

手軽に購入することができますよね!

 

他にも、石を投げて威嚇し追い払う方法もあるようですが、

こちらに関してはご近所の方に見られた際、

動物虐待を疑われてしまう可能性があるので、控えるようにしましょう。

 

石を投げるよりも、水鉄砲であれば、

野良猫をケガさせたり傷つける可能性が低くなりますので、

水鉄砲での撃退をおすすめします。

 

また野良猫は耳がよく、

超音波のような人間には聞こえない音にも敏感です。

 

最近では、専用の機械を購入して設置するなどの手間がなくても、

スマホのアプリで対応できるようになってきています。

 

猫が嫌がる超音波を発生させ、

平和的に野良猫を撃退することができます。

 

お試しにアプリをダウンロードして、

対処してみてはいかがでしょうか。

 

超音波バリア

 

 

野良猫はイヤなことがあった場所をよく覚えています。

 

対策を繰り返すことで、より効果が得られるでしょう。

 

しかし、中には何度も同じ方法で撃退していると、

野良猫に耐性が付いてしまう場合があります。

 

こればかりは、野良猫それぞれの特性によって変わってきてしまいます。

 

ですが手軽にできる方法ばかりですので、

ぜひ一度試してみるのはいががでしょうか。

 

なにもせずにイライラしているよりも、

どんどん取り入れて対処していきましょう。

 

スポンサーリンク

野良猫が深夜にうるさい時の対策

 

 

野良猫のうるさい鳴き声が、深夜であった場合。

 

もちろん前述した、水鉄砲や超音波で対策するのもいいですが、

深夜であるという事。

 

あまり音を立てて、ご近所の迷惑になってはいけませんよね。

 

こういった時には、自分が耳栓やイヤホンで音楽を聴くなどして、

猫の鳴き声を遮断するのがいいでしょう。

 

野良猫のにゃーにゃ―と鳴く声が耳障りであっても、

音を遮ってしまえば案外と休めるものです。

 

鳴き声を遮断するのは、

自分自身で出来る最大限の対策方法になります。

 

一時しのぎにはなってしまいますが、

発情期で猫が興奮しているのは一週間から10日ほど。

 

しばらくすると落ち着いてきます。

 

そうしたら、また大人しくなると考えられますので、

その期間だけ耳栓やイヤホンを使用するというのは良い方法でしょう。

 

また、野良猫を捕獲して保育所に連れていくのも良いですが、

捕獲する器具を購入したり連れていく手間を考えると、

いっとき我慢するというのも一つの考えですよね。

 

疲れて帰宅した家でゆっくり休むためにも、

手軽にできる野良猫対策から取り入れてみましょう。

 

それでもうるさくてしょうがない場合には、

お住まいの地域の役所に相談してみるといいですね。

 

地域によっては、役所で対応してくれるところもあるようですので、

一度聞いてみることもおすすめしますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

朝方うるさい野良猫に対しては、

水をかける、超音波で追い払うなどの対策をしてみましょう。

 

石を投げるなどの行為は、

虐待の疑いをかけられる恐れもありますので、

あまり得策とは言えないでしょう。

 

深夜にうるさい野良猫には、

あえて戦わずに、耳栓をする・音楽を聴くなどの対応を取って

ほとぼりが冷めるまで待つ、という対策を取るのが良いかもしれません。

 

我慢の限界が来たら、

思い切って役所に相談をしてみましょう。

 

野良猫の鳴き声はうるさいものですが、

泣き寝入りせず、できることから対策を始めてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました