転職の志望動機。新しいことにチャレンジしたい時はどう書く?

スポンサーリンク

日々のお仕事をしている傍らで、

自分のやりたい仕事のために転職を考えてはいませんか?

 

転職活動をしていくにあたって、まず初めに考えるのが志望動機です。

 

「給料がいい」「休みが多い」

そんな希望があっての転職だとしても、直接は書けませんよね。

 

さらに希望の職種が、

今のお仕事と直接関係のないものだとしたら…。

 

なおさら何を書けばいいのか、困ってしまいます。

 

結論から言って、

志望動機は応募先の「どこに魅力を感じたのか」

「どのようなところに共感しているのか」という点をまとめたらOKなんです。

 

スポンサーリンク

転職で異業種に挑戦。志望動機の例文おすすめ

 

 

転職活動をしていくうえで志望動機は必須。

 

同業種であれば、スキルアップのためと考えられますが、

異業種であったならば、より具体性のある動機が必要ですね。

 

では、実際の例文を交えて解説していきます。

 

まず自分が「転職希望の業種の、どこに魅力を感じたのか」

具体的に考えます。

 

営業系であれば

「商品を販売することに対しての達成感に楽しさを感じている」

金融系であれば

「お金は生活に欠かせないものであるからこそ、

より深い知識を得て広めていきたいと思っている」

といった業種ごとの魅力ですね。

 

次にそこからさらに踏み込んで、

「どうしてこの企業に転職を希望しているか?」という点です。

 

先ほどの営業系であれば、企業の方針ですね。

 

「販売されている商品を実際に使ってみて、本当に良かったので広めていきたい」や、

「より多くの人に、この商品を知ってもらいたい」といった形です。

 

また、金融系であれば

「自分自身が資産運用に触れてみて、御社の運用方針と自分の考えがマッチしている」

「いつも行く銀行の窓口での対応が、非常に好感が持てる」など。

 

例文として紹介しましたが、

こういった形で書いていくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

志望動機で一緒に働きたいと思われるには?

 

 

採用されるには「一緒に働きたい」と思ってもらえることが重要ですよね。

 

それにはどうしたら良いのでしょうか。

 

前述した志望動機で重要な点は「明確かつ具体的」であることです。

 

さらにできれば実体験を交えることで、

より面接官に刺さる志望動機を作ることができますよ。

 

筆者自身は女性ですが、

事務職から医療アシスタントへの転職経験があります。

 

全く異なる業種でした。

 

ここで、いかにその医院が良いと感じられたかをハッキリ伝えました。

 

「通院したうえで、医療サポートがきちんとされていると感じられたこと」

「自分がされて嬉しかったこと」などです。

 

こうしたことをきちんと伝えることで、

無事に内定をもらうことができました。

 

さらに、採用側からすれば、

「より長く働いてくれる」と感じられる人材を採用したいのです。

 

この点から考えると、若い方のほうが有利に思われますが、

さらに企業に対して、大きく貢献できる人材も求められています。

 

いま働いている仕事内容の中でも、

異業種で活かせるものがないか考えるのもいいでしょう。

 

逆に、全く知らないからこそ知識を抵抗なく吸収できる

といったメリットもありますよね。

 

さらに、以前に働いていた企業に長く勤めていたのあれば、

それも良い点として考えられますよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

こちらの記事では、志望動機の書き方を解説してきました。

 

ポイントとしては明確かつ具体的に書くこと。

 

さらに実体験を交えることで、

面接官の印象にも残りやすくなります。

 

そして、その企業にしかないメリットをハッキリ伝えて、

自分がいかに貢献できるかを伝えることです。

 

転職するならば、絶対に早い方が良いです。

 

ぜひ新しいことにチャレンジして、

充実した毎日を送れるようにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました