赤ちゃんの寝かしつけに効果的なトントンのコツを徹底解説!

スポンサーリンク

赤ちゃんを寝かしつける方法はさまざまあります。

 

抱っこやおんぶ、授乳をする等、

どれも赤ちゃんにとって安心できる方法ばかりです。

 

ですが、ママの身体的負担を考えると、

「添い寝をしてトントンするだけで寝てくれたら楽なのに…」

と考えるママが多いでしょう。

 

そこで今回は、トントンでの寝かしつけについて

徹底的に解説していきますね。

 

まず、トントンで寝かしつけるコツは大きく分けて二つあります。

 

それは、速さと強さです。

 

一見簡単そうにみられるトントンですが、

そのコツをそれぞれを詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

寝かしつける時のトントンの速さは?

 

 

  • 時計の秒針の速さ
  • 心臓の鼓動の速さ
  • 子守歌など音楽のリズムに合わせて
  • メトロノームに合わせて

 

まずトントンの速さのコツは、一定のリズムで行うことです。

 

一定のリズムで繰り返されることによって、

脳が落ち着いて心地よい状態になります。

 

身体と脳が心地よい状態になることで、スッと入眠することが出来ます。

 

ですが、赤ちゃんによって落ち着くリズムはそれぞれ違ってきますので、

赤ちゃんに合った速さで、トントンしてあげるのが良いでしょう。

 

一定のリズムが難しいという方には、

まず上記に書いたような速さから始めるのをおすすめします。

 

最近では、YOU TUBEなどで気軽に赤ちゃんの落ち着く音楽がかけられます。

 

赤ちゃんの好きな音楽に合わせて、トントンしてあげるのがいいですね。

 

また、音楽の時に使用するメトロノームも、一定のリズムをとるのに最適です。

 

スマホのアプリにもあるので、

ダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。

 

そこから少しずつ、

赤ちゃん自身の心地よいリズムに合わせていってあげましょう。

 

「ねんねしようね」や「おやすみ」といった声掛けをするのもいいですね。

 

赤ちゃんもより安心して眠ることが出来ます。

 

スポンサーリンク

寝かしつける時のトントンの強さは?

 

 

  • 痛くない強さ
  • 優しすぎず、しっかりとトントンされていることがわかる強さ
  • トントンする場所にも工夫してみる

 

トントンの強さのコツは、赤ちゃんによって違ってくることです。

 

「え?」と思われたママも、よく考えてみてください。

 

例えばマッサージに行った際、

気持ちいいと感じる時と、痛い!と感じる時がありますよね?

 

赤ちゃんも同じなのです。

 

いきなり強くトントンすると、赤ちゃんもびっくりしてしまいます。

 

また、逆に優しすぎても、

トントンされているか分からず寝ることが出来ません。

 

力を加減しながら、赤ちゃんの心地よいと感じる強さを

見つけてあげてくださいね。

 

旦那さんに代わりになってもらったり、

クッションなどで練習してみるのもいいでしょう。

 

トントンしてあげる場所は、

お腹や背中、おしりをおすすめしますが、

ほかの場所の方が落ち着くという赤ちゃんもいます。

 

赤ちゃんの反応を見ながら、

トントンする場所にも工夫してみましょう。

 

大事なのは”ママがそばにいるよ”ということを

赤ちゃんに伝えることです。

 

ママがそばにいてくれる事が伝われば。

赤ちゃんも安心して眠ってくれますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

【トントンのコツ】

  • 速さは一定のリズムで行うこと
  • 優しく声掛けをしながらトントンする
  • 強さは少しずつ変えてみて、赤ちゃんが落ち着いてくれる強さ
  • トントンする場所を工夫してみる

 

トントンで寝かしつける際のコツを紹介しました。

 

寝かしつけの方法を急に変えると、

最初はびっくりして寝られない赤ちゃんが多いです。

 

根気よく続けて、

「大丈夫だよ」と伝えながら寝かしつけしてみましょう。

 

中にはトントンされること自体が苦手な赤ちゃんもいます。

 

そんな時には、無理せず出来るところから取り入れてみてください。

 

ぜひ赤ちゃんが安心して寝られることを、大切にしてあげてくださいね。

 

そして、ママの負担も出来るだけ少なく

寝かしつけられることが一番良いですね。

 

寝かしつけに悩んでいるママの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました