野良猫を駆除する前に、合法と違法について知っておきましょう。

スポンサーリンク

最近、巷では猫ブームが到来していて、

ペットショップでも

猫エリアが犬と同じくらい拡大されているのをよく見ます。

 

どんなにかわいい猫でも困ってしまうのが

『野良猫』の存在。

 

庭に入ってきて糞尿をしたり、庭を荒らしたり。

 

野良猫をどうにかしたいと思っている方も、多いのではないでしょうか?

 

ここでは野良猫を駆除するにあたって

・何をすれば合法なのか

・何をすると違法なのか

こちらについてご説明します。

 

駆除の方法が違法だった場合、逮捕されるケースもあるのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

野良猫の駆除。合法的な解決をするには…?

 

 

野良猫の“駆除”というと、少し残酷な印象を受けますよね。

 

ここでは『駆除=寄せ付けないようにする』という意味で

書かせていただきます。

 

野良猫の被害って、実はかなり多いんですよね。

各自治体でも対策を出しているくらいですから。

 

私も小さい頃に、野良猫たちが夜になると外で喧嘩をしていて

怖い思いをしました。

 

糞尿もありますが、鳴き声もうるさいですよね。

 

どうすれば野良猫のストレスから解放できるのでしょうか?

 

合法な野良猫対策を見ていきましょう!

 

  • 猫がきたら追いはらう

野良猫を寄せ付けないために一番大切なのは、

猫にとって「ここは危険な場所」と思わせることが大切なのです。

 

私たちもそうですが、

危険な場所にわざわざ足を運びませんよね?

 

猫が糞尿をしたり、庭を荒らしたりするのは、

その猫にとって居心地のいい場所となってしまっているからです。

 

では、猫を追いはらうには、どんな方法があるのでしょうか。

 

忌避剤を撒く

 

忌避剤とは、猫が嫌がる臭いや成分で

近づけないようにするためのものです。

 

上でも書きましたが、「ここは危険な場所」と

思わせることが大切なので、何度も繰り返し撒く必要があります。

 

忌避剤はホームセンターなどで販売されています。

 

 

みかんの皮を置く

 

猫は柑橘系の臭いが苦手です。

 

私たちにとってはとってもいい香りで、

フレグランスになっているくらいなのに不思議ですよね。

 

どうやら柑橘系の皮に含まれている成分、

「ソラレン」、「リモネン」が猫にとっては有害な物質なんだとか。

 

猫が通りそうな場所に、みかんの皮を設置すると効果的です。

 

コーヒーかすを撒く

 

こちらも、私たちにとってはいい香りのもの。

 

嗅覚の鋭い猫たちにとっては、不快なんですね。

 

ドリップした後のコーヒーかすや、

賞味期限が切れてしまったインスタントコーヒーの粉を、

猫の通りそうな場所に撒けば完了です!

 

さらにコーヒーには消臭効果もあるので、

猫よけ+消臭効果ありとなると一石二鳥ですね。

 

どちらも乾燥してしまうと効果がなくなってしまうので、

こまめに根気強く頑張りましょう。

 

そのほかにも、お酢や臭いの強いハーブ系などが

猫の苦手な臭いとしてあげられています。

 

水をかける

 

この方法は、猫がきたらホースや水鉄砲で水をかける方法です。

 

少し手間かもしれませんが、

知らない猫の糞尿を処理するよりは全然マシですよね。

 

ここで注意していただきたいのが、

“水を思い切りかけない”ということ。

 

いくらホースや水鉄砲とはいえ、思い切りかけたら痛いですよね。

 

これでは動物虐待になってしまいますから、

ちょろちょろっと嫌がるくらいの量で水をかけてください。

 

猫が来る前に対策をしたい方は、

猫が通るであろう道にたっぷりと水を撒いておくのもいいですよ。

 

 

超音波式猫被害軽減器を設置

 

この方法は一番、効果的で手間がかからない方法です。

 

水を撒く方法だと、こまめに撒かないといけないし、

常に猫を気にしていなくてはならないので、

追い払うまでずっと猫のことが頭から離れなくなります。

 

超音波式猫被害軽減器は、設置したところに猫が侵入したら

センサーで感知し、猫の嫌がる超音波を発します。

 

ほとんど人間には聞こえないので、ご近所さんにも迷惑がかかりませんよね。

 

ある時、不思議に思ったことがあります。

 

そういえば、娘が通う幼稚園では猫を見たことがないなと。

 

猫だけでなく鳩やカラスもいないのです。

 

園庭を見回していたら、装置を発見しました。

 

これは、すごく効果が発揮されている証拠ですよね。

 

忌避剤より値は張りますが、

ストレスと手間を考えたらこのお値段でも納得です。

 

そんな超音波式猫被害軽減器の、オススメ商品をご紹介します。

 

その名も「番人くん」

 

番人くんは猫よけに特化した商品です。

 

詳しいスペックはこちら。

金額:¥14,800+税

幅:約11cm

高さ:約27.7cm

センサー感知角度:80度

感知範囲:7mまで

※猫の大きさによって異なります。

 

 

 

単三形電池2本で動きます。

 

「設置するだけで本当に猫が来なくなった」と、

口コミの評価もとても高いです。

 

さらに今では、返金保証やセット購入割りなどの

キャンペーンもやっていますよ!(2020年12月10日現在)

 

スポンサーリンク

野良猫の駆除。違法にあたる事例は?

 

 

野良猫の被害に悩まされている方にとっては、

いち早くどうにかしたい。

 

ましてや、所有地まで汚されて、たまったもんじゃないですよね。

 

知らない猫の糞尿の始末や臭いを消すなど、

本来ならやらなくていい作業が増えるのです。

 

ですが、どんなに憎い野良猫でも、

駆除の方法を間違えてしまうと違法になってしまいます。

 

野良猫を殺傷する

 

通常の感覚をお持ちの方なら当たり前のことだと思います。

 

野良猫を殺傷するのは犯罪になります。

 

人を殺傷したら当たり前に逮捕されるように、

猫も同じことなのです。

 

動物をみだりに殺傷した場合、

2年以下の懲役または200万円以下の罰金に処せられます。

 

これは法律で決まっていることなのです。

 

野良猫を毒殺した

 

・野良猫に暴力や武器を使って殺傷した

 

ニュースでも、このような事件が取り上げられています。

 

これが違法にあたる事例なのです。

 

インターネットで、毒エサの作り方は調べればたくさん出てきます。

 

ですが、所有する敷地内であっても、

野良猫の通り道に毒エサを撒いたり、武器で追いはらったりすることは

違法になりますのでやめましょう。

 

「知らなかった」「バレないと思った」は通用しないのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

野良猫被害の件数は、決して少なくありません。

 

被害にあわれている方からすると、相当なストレスです。

  • 猫よけグッズや嫌いな臭いで追いはらうのは合法
  • 猫を殺傷するのは違法

上で書いたように、

合法、違法の境目をしっかりと頭に入れて、対策をとってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました