空気清浄機・加湿器・除湿機の違い。加湿空気清浄機とどっちがいい?

スポンサーリンク

今や、一家に一台なくては困るものの

一つとなってしまった家電タイトルですが、

意外と知っているようで知らない、

聞かれると詳しくは説明できないようなことってありますよね。

 

この記事を読めば、

あなたもハナタカさんになれますからご安心ください。

 

その代わり、最後まで読まないと知ったかぶりになっちゃいますからね。

 

まずもって空気清浄機、加湿器、除湿器の違いは、

それぞれの「機能」が全く違います。

 

また、加湿器と加湿空気清浄機だと、

断然、加湿空気清浄機をオススメいたします。

 

これらの詳細や理由について、お話しさせていただきますね。

 

スポンサーリンク

空気清浄機・加湿器・除湿機の違いについて

 

 

簡単にいうと名前の通りです。

 

1、空気清浄機は汚れた空気をキレイにしてくれるもの

2、加湿器は乾燥した部屋に湿度を与えてくれるもの

3、除湿機は部屋の湿った空気を取り除いてくれるもの

 

これだけだとハナタカさんになれないので、

目から鱗が飛び出てくるような「違い」について説明いたしますね。

 

【2020年12月調査の平均】

1.空気清浄機

 

相場:35,000円

重量:7.5kg

範囲:20畳

対象:浮遊ウイルス、菌、ハウスダスト、花粉、黄砂など

サイズ:幅40×奥行き20×高さ60

メーカー数:シャープ、ダイキンなど45社

生まれ:19世紀初めのイギリス

電気代:600円/月

 

2.加湿器

 

相場:20,000円

重量:3.5kg

範囲:16畳

対象:ウイルス、ハウスダストなどの活動を抑制

サイズ:幅25×奥行き25×高さ30

メーカー数:ダイソン、ダイニチ工業、ユーキャンなど39社

生まれ:1926年アメリカ

電気代:60円/月

 

3.除湿器

 

相場:30,000円

重量:13kg

範囲:20畳

対象:カビ菌、衣類乾燥

サイズ:幅35×奥行き30×高さ50

メーカー数:ムンタース(株)、アメフレック(株)など28社

生まれ:1952年日本

電気代:4,000円/月

 

相場としては大きな差は出ませんでしたが、

加湿器が一番安く手に入りそうですね。

 

機能はそれぞれ違いますが、

除湿器はウイルスなどの対策というよりも、

衣類乾燥用に使われるというのが現状です。

 

そのため、除湿器が電気代も一番高くなっていますね。

 

スポンサーリンク

加湿器と加湿空気清浄機、どっちがオススメ?

 

 

コロナウイルスが流行っている世の中で、

どちらがと聞かれたら、やはり加湿空気清浄機をおすすめします!と言いたいところですが、

それぞれ別々に買った方がいいです。

 

別々にというのは、加湿器と空気清浄機という意味です。

 

その理由は三つあります。

 

1、加湿タイプや加湿量を選ぶことができる

2、加湿空気清浄機よりもタンクの容量が大きい

3、加湿フィルターが臭くなることがない

 

それでは以下で詳しく解説させていただきますね。

 

1.加湿タイプや加湿量を選ぶことができる

 

加湿空気清浄機は、気化式オンリーの加湿しかできないので、

急速に加湿効果をあげることもできないし、

加湿フィルターの定期的な手入れが必要です。

 

加湿器単体で購入すると、この気化式以外に、

  • スチーム式(パワフルスチームをしたい方におすすめ)
  • 超音波式(加湿スピード重視の方におすすめ)
  • ハイブリット式(スチーム式と気化式の機能をもつ)

などを選ぶことができます。

 

2.加湿空気清浄機よりもタンクの容量が大きい

 

加湿空気清浄機の水タンクの容量は、

平均3ℓくらいで、多くても5ℓです。

 

加湿器単体だと10ℓとかもザラにあります。

 

何回も水を変えるのって面倒くさいですよね。

それを解消することができます。

 

アロマ効果も一緒に出すことができる、こちらの商品もオススメです。

 

 

 

3.加湿フィルターが臭くなることがない

 

加湿空気清浄機は空気清浄機として使うため、

基本的に一年中、出しっぱなしにしていますよね。

 

しかも使っていると、

内部構造的にフィルターに風が当たってしまい、カビ臭くなるんです!

 

これまた、洗えば済むって問題じゃないんです!

 

結局フィルター交換しないといけなくなって、費用がかさむというわけです。

 

加湿器だけだと、使っていない間はしっかりと乾燥して、

収納すればフィルター交換の回数も減ります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

空気清浄機と加湿器と除湿器の違いを理解できましたか?

 

空気清浄機はイギリス、加湿器はアメリカ、

当時の先進国を差し置いて、

除湿器が生まれたのが日本だったということは少し驚きましたね。

 

空気清浄機と加湿器に関しては、

それぞれ別で購入した方がいいというのが筆者の意見です。

 

加湿空気清浄機は、カビ菌が増える可能性が高いというのと、

上記では言わなかったんですが、場所も大きくとるんですよね。

 

電気メーカーとしては、大きな課題となりそうですね。

 

ウイルス対策として遅いなんてことはありません。

 

今からでも急いで電気屋さんに行くか、

オンラインショップで自分の好みを選びましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました