冬は布団と寝袋、どっちで寝るのがおすすめ?寝袋だと体に悪い?

スポンサーリンク

冬の布団に入るときの、

あのしばらくの寒さがとても辛いですよね。

 

冷たい布団に入ると、

一気に体の熱が奪われて、なかなか寝付けなくなってしまいます。

 

冬は寝袋に入って寝る、という話を聞きました!

 

なるほど!と思ったのは、私、すごく寝相が悪いんです。

 

そのため夜中に布団を蹴っていて、

寒くて起きてしまうのが日課なのが辛かったのです。

 

その時に、布団を体に帯で巻き付けて、

移動しても寒くないということをやっていました(笑)

 

子供が寝る時にスイープを付けますよね?

それをみて発案!

 

でも、自分が布団に入って自分で縛るのって相当大変なんですよ(笑)

 

今回の記事では、

寝袋と布団は冬、どっちがおすすめなのか?

寝袋が体に悪いと言われるのは本当なのかについて検証していきますね。

 

スポンサーリンク

寝袋と布団、どっちがおすすめ?

 

 

寝袋と布団、冬はどっちで寝るのがおすすめなのでしょうか?

 

それぞれにメリット・デメリットがあるんですよ。

 

寝袋って、保温力はハンパないんです。

 

私もキャンプをしますが、

キャンプで寝てもあったかいし、

車中泊しても寝袋があれば保温性はばっちり!

 

冬用の寝袋もあるくらいですからね!

 

実際、保温力の強さから、

肩こりなども治るくらい血流が良くなるとも言われているらしいですよ。

 

それに何といっても、メリットは、布団のようにズレないこと(笑)

 

横に転がっても、ずっとついてくるし、

子供が布団を横取りするなどということは、寝袋だと起きないですよね。

 

ただ、身動きは取りづらいというデメリットがありますよね。

 

それと保温が手厚い故に、寝冷えのデメリットもでてきます。

 

デメリットについては、あとで詳しくお話しますね。

 

寝袋で寝るのはもちろん温かいのですが、

寝袋だけで家で寝るのは、ちょっと意味があるのかな?って感じもしますよね。

 

敷布団、マットレスの上に寝袋を置いて入って、

寝袋の上に、軽いブランケットをかける、

真冬であれば軽い布団を掛ける、という感じなら安眠できそうですよね。

 

でも、今度は暑くなりすぎないか注意しなければいけませんね。

  

スポンサーリンク

寝袋は体に悪いって本当なの?

 

 

寝袋が体に悪いという話がありますが、本当なのでしょうか?

 

結論から言うと、

体に悪いというより、風邪をひく可能性もあるという感じです。

 

ちょっと使い方を誤れば、

腰痛の原因になったり、床冷えによって背中が冷たくなる、

保温のために熱がこもり、汗が吸収されて寝冷えする

というパターンがあり得るからです。

 

普段キャンプなどをしないために、

寝袋を使い慣れていない方にとっては、

背中の痛みや腰の痛みは出てしまうかもしれません。

 

慣れていなければ、結構床が固いので寝づらいのです。

 

それに空間に限りがありますから、

寝返りも打ちづらいため、筋肉痛もあり得ます。

 

慣れるまでは、その辺が大変かもしれません。

 

それ以外は温度管理ですね。

 

保温性が優れているので、寝袋の中がけっこう暖かいのに、

厚手の服を着ていたりすると汗をかき、

吸収されず、意外と寝冷えしてしまうこともあり得るのです。

 

寝袋は体に悪いというわけでもなく、

慣れが必要だったり、コツをつかむ必要があるというだけのことですね。

 

実際は保温性にも優れていますし、暖かいことは間違いないですからね!

 

床にしても、下にマットやヨガマットなど敷けば、

大抵の問題はクリアしますからね。

 

何度か使用してみて、慣れていくことが大切ですね。

 

それに寝袋自体、とてもたくさん種類があるんですよ。

 

かなり分厚いもの、ダウン性のもの、

空間の広いもの、狭いものなどいろいろあります。

 

寝袋自体の素材も違いますしね。

 

ですので、家専用で買うなら、

そこまで分厚くないものでもOKだと思うんですよね。

布団もありますし。

 

冬にキャンプでも使うと考えると、

冬用のダウンやゴツいものが欲しいところですが、けっこう値段も上がりますからね。

 

もし家だけであれば、薄手の夏用のもので充分。

 

これに布団を被せれば充分温かいし、保温性も逃げないのでバッチリです。

 

そうなると安価で収まるし、

夏などのキャンプや車中泊でも活用できますから、コスパ的にも良いですよね!

 

寝袋は、慣れが何よりも大事だと私も経験上感じます。

 

何度か寝てみて、自分がしっくりくる形態を決めていくと、

冬でもかなり快適に使用できると思います!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

寝袋に寝るにはコツや慣れが必要です。

 

寝袋は寝返りを打っても寒くないこと、

保温性が高いことが最大のメリットになります。

 

冬の極寒の時は、敷布団の上に寝袋に入り、

軽い布団を上から被せると快適というのが、私の個人的な見解です。

 

そして、その時に着る寝間着も、

厚手だとかなり汗が引いたときに冷えるので、薄手のものがおすすめです。

 

保温力は思っているより高いと思います。

密閉性も強いですからね!

 

あとは使い慣れていないと、

腰や背中がかなり痛いと感じるかもしれません。

 

ここは慣れなのですが、

痛い場合は、ヨガマットや敷布団で対応すると良いですよ。

 

冬には、移動しても寒くない寝袋と布団のセットで万全ですね!

タイトルとURLをコピーしました