オイルヒーターをつけっぱなしにした時の電気代はいくら?寝るのはNG?

スポンサーリンク

オイルヒーターはつけっぱなしにしても、部屋が乾燥しにくく臭いも出ません。

 

オイルヒーターは、空気を汚さない暖房器具と注目されています。

 

オイルヒーターの電気代が高いとか聞くけれど、実際どうなの?

寒い日は寝る時にもつけたいけれど、つけっぱなしで寝るのはNG?

 

子供のためにも、ペットのためにも、

使いたいオイルヒーターの電気代と使い方について、

この記事を読みながら説明しますね。

 

スポンサーリンク

オイルヒーターをつけっぱなしにした時の電気代はいくら?

 

 

オイルヒーターに向いている家ってご存知ですか?

 

オイルヒーターは、断熱効果がある家に効果的です。

 

最近は、断熱効果がある家が多いです。

昔の家は、断熱効果が少ないので、あまりおすすめできません。

 

・オイルヒーターの仕組みとは?

 

オイルヒーター本体が温まります。

 

温まった熱で部屋全体を温めます。

 

つまり、部屋全体が温まるまで時間がかかります。

 

オイルヒーターをつけっぱなしにした時の電気代を計算してみた

 

電気代はこちらの式より計算することができます。

 

電気代(円)=消費電力(kW)×時間(h)×1kWh当たりの単価(円/kWh)

 

電気料金の単価は、全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている

1kWh当たり27.0円を使用して計算します。

 

オイルヒーターの消費電力を1500Wとした場合、

1.5kWとして計算します。

 

つけっぱなし時間1日の電力1か月分の電力
1時間1.5×27円=40.5円40.5円×30日=1,215円
8時間40.5円×8時間=324円324円×30日=9,720円
16時間40.5円×16時間=648円648円×30日=19,440円
24時間40.5円×24時間=972円972円×30日=29,160円

 

オイルヒーターを24時間つけっぱなしにすることは、稀かもしれません。

 

8時間つけた場合の1か月分の電力が9,720円という事は、

おおよそ10,000円近いという事となります。

 

使い方次第では、電気代がかかってしまうという事となります。

 

オイルヒーターには、ECO機能を搭載しているモデルと通常モデルがある

 

ECO機能搭載モデルは、

通常モデルに比べて電気代を抑えることができます。

 

購入の際は、店舗で確認することもおすすめします。

 

オイルヒーターを基準として、電気代が高い暖房器具と電気代が低い暖房器具を調べてみた

 

電気代が高い暖房器具

 

  • 床暖房
  • セラミックファンヒーター
  • 電気ストーブ
  • パネルヒーター

 

電気代が低い暖房器具

 

  • エアコン
  • ホットカーペット
  • こたつ

 

オイルヒーターのメリットを考えた場合、

電気代がもったいないと考えるべきかどうか、

よく考えて購入を検討すべきですね。

 

オイルヒーターのメリット

 

  • 騒音がなく静か
  • 空気が綺麗
  • 手入れが要らない

 

長時間使用しても空気が綺麗なオイルヒーター、

つけっぱなしで寝たらどうなるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

オイルヒーターをつけっぱなしのまま寝るとヤバい?

 

 

オイルヒーターは使い方次第では、つけっぱなしで寝ても大丈夫です。

 

オイルヒーターは他の暖房器具のように、

つけっぱなしで部屋の空気が乾燥することはありません。

 

オイルヒーターの空気が綺麗なため、つけっぱなしで寝ても体に影響はありません。

 

ただ、使い方の決まりとして、

布団から1m以上離れて使用することとなっています。

 

オイルヒーターと布団の距離の1m以上離す理由

 

オイルヒーターは重さがあります。

 

転倒の際、オイルヒーターに布団が接触すると、

火事になることも考えられます。

 

オイルヒーターをつけっぱなしで寝る場合、タイマーを使う事も

 

ほとんどのオイルヒーターには、時間設定と温度設定がついています。

 

快適に寝るためには、温度設定。

 

少しでも省エネにこだわるのなら、時間設定を使う事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

オイルヒーターをつけっぱなしにした時の電気代、

寝る時についてまとめてみました。

 

  • オイルヒーターをつけっぱなしにすると、1日8時間利用した場合、1か月だとおよそ10,000円近くかかります!
  • オイルヒーターをつけっぱなしにして寝ても、空気が乾燥することなく快適に眠る事ができます!

 

電気代と安全性を考えながら、オイルヒーターを賢く使いたいですね。

タイトルとURLをコピーしました