お疲れサマンサの意味や由来って何?面白い返し方ってある?

スポンサーリンク

「お疲れサマンサ」というあいさつを聞いたことがあるでしょうか。

 

お疲れさまの冗談のようなあいさつですが、

若者だけでなく、多くのご年配の方もご存じなのです。

 

お疲れサマンサという言葉には、

どういう意味があって、どんな由来があるのでしょうか。

 

また、お疲れサマンサとあいさつされたとき、

面白く返すにはなんと答えればよいでしょうか。

 

今回はお疲れサマンサについて調べてみました。

 

この記事を読むと、お疲れサマンサの意味や由来だけでなく、

面白い返し方もわかるので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 

スポンサーリンク

お疲れサマンサの意味や由来について調べてみた

 

 

「お疲れサマンサ」という言葉は、漫画「呪術廻戦」の五条悟や、

同じく漫画「ONE PIECE」のバギーやMr.3が漫画の中で使用しています。

 

でも、お疲れサマンサはこれらの漫画で考えられた言葉ではありません。

 

お疲れサマンサは「お疲れさま」と「サマンサ」が合わさった言葉で、

1980年ごろに流行ったあいさつなのです。

 

当時、アイドルの酒井法子さんが作った

のりピー語がとても流行していました。

 

のりピー語とは、

普通の言葉の語尾に同じような音の言葉をつなげたもので、

例えば「いただきます」と「マンモス」を組み合わせて、

「いただきマンモス」という言葉や、

「ごちそうさま」と「サマンサ」を組み合わせて、

「ごちそうサマンサ」といったものでした。

 

この流れで、お疲れサマンサという言葉が使われました。

 

ただし、お疲れサマンサは酒井法子さんが使っていた言葉ではなく、

誰かが使い始めて流行ったといわれています。

 

では、サマンサという言葉は、どういう意味や由来があるのでしょうか。

 

サマンサといえば、

アメリカのテレビドラマ「奥さまは魔女」で、

エリザベス・モンゴメリーさんが演じていた主人公の名前が有名ですが、

このドラマは人気があったことで、シーズン8まで作られ、

日本でも1966年ごろから放送され人気番組となりました。

 

ちなみに、バッグやアクセサリーを販売している

サマンサタバサというブランドは、

「奥さまは魔女」のサマンサと、

その娘であるタバサの名前を合わせて作られています。

 

もし今、のりピー語がはやったら、

お疲れサマンサタバサなんて形になるかもしれませんね。

 

お疲れサマンサの意味や由来は、

1980年ごろに流行っていたのりピー語にあわせて、

お疲れさまのあいさつに、

人気番組「奥さまは魔女」のサマンサを組み合わせて作られたのでした。

 

意外と昔から使われていた言葉だったんですね。

 

スポンサーリンク

お疲れサマンサの返し方。面白い返しって何がある?

 

 

もし、学校や職場などで、

「お疲れサマンサ」とあいさつされたら、どのように返せばよいのでしょうか。

 

冗談のあいさつに、まじめにお疲れさまですと返すと

気まずい感じになりそうですよね。

 

・「お疲れサマンサ」と返す

 

普通に「お疲れさま」とあいさつされたら「お疲れさま」と返すのですから、

シンプルに「お疲れサマンサ」と返すのが無難です。

 

また、同じようなノリで

「サマンサ~」と返すのもアリかもしれませんね。

 

・「タバサ」と返す

 

「お疲れサマンサ」に、「タバサ」と返してみてはいかがでしょうか。

 

サマンサタバサのブランドにかけていると思われる場合と、

「奥さまは魔女」のサマンサの娘にかけている、と思われる場合があるでしょう。

 

「奥さまは魔女」を知っている人であれば、懐かしさから話が広がるかもしれません。

 

・「はいはい、お疲れさま」と冷たく返す。

 

つならないあいさつをするなよ、という意味を込めて

冷たく返すのもよいかもしれません。

 

ただし、仲の良い関係でないと、

気まずい雰囲気になるので気を付けてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか。

 

お疲れサマンサの意味、由来と返し方について調べてみました。

 

最後にポイントをまとめます。

 

  • 「お疲れサマンサ」は1980年代ののりピー語から由来
  • 「お疲れさま」と「奥さまは魔女」のサマンサを合わせたあいさつ
  • 「お疲れサマンサ」であいさつされたら、「お疲れサマンサ」で返すのが無難

 

お疲れサマンサは広い年代で認知されている使いやすいあいさつなので、

お友達へのあいさつにさらっと使ってみてはいかがでしょうか。

 

何それ?と聞かれたら、今回の記事を思い出して説明してあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました