手洗い濡らす・濡らさない、どちらが正解?手を濡らす理由って何?

スポンサーリンク

コロナ渦で、手を頻繁に洗うことが常になりました。

 

今までは、トイレ後や料理する時、帰宅時くらいでしたが、

今は、タイミングがあれば洗っています。

 

それに、洗い方もより丁寧になり、

指先から手首まで、指の間も欠かさずに洗う。

 

でも、これはコロナが原因で始めましたが、

結果として全然風邪もひかなくなり、

毎年かかるインフルエンザにもかからなくなり、

除菌できているがために、こんなに健康になることを痛感しています。

 

大事な手洗いにおいて、正しい方法を知っておくことが有効だと思います。

 

そこで今回の記事では、

手洗いをするときに手を濡らす理由、濡らしてから洗う方が良いのか?

先に石鹸を付けてから洗うのはNGなのか、ということなどを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

手洗いする時に手を濡らす理由とは?濡らしてから洗った方がいい?

 

 

先に手を濡らしてから洗うという理由には、

おそらくみなさんも感じていることだと思いますが、

石鹸やハンドソープの泡立ちをよくするためです。

 

その泡立ちが、殺菌の大事なポイントであることも確かなのですが、

単純に泡立たないと気持ち悪くないですか?私だけ?(笑)

 

濡らさない手で石鹸やハンドソープを手に塗ると、

硬くて広がらないし、固まった感じがするので、まず泡が立ちません。

 

泡立たなければキレイに隅々まで洗えないし、

殺菌能力も減少しますし、さらに石鹸残しも指の間に出てきて、非常に不衛生です。

 

手洗いする前に手を濡らすのは、

石鹸やハンドソープをしっかり泡立たせるためというのと、

余分なものを手に残さなくするためが主ですが、もうひとつ予洗いとも言われます。

 

さっと先に汚れを落としてから石鹸を付けるほうが、衛生的だからです。

 

ここで本来の正しい手洗いを説明します。

  1. まずサラッと手の汚れを洗い流し、手を濡らす
  2. 石鹸を付けて手の平をこする
  3. 手の甲を伸ばすようにこする
  4. 指先、指の間を特に念入りにこする
  5. 爪の間をこすり取る
  6. 親指と手のひらをねじり洗いする
  7. 手首を回すようにして洗う
  8. 手全体を回すようにして最後に洗う
  9. しっかり石鹸を洗い流す
  10. 清潔なタオルやペーパータオルで水気をしっかり吸い取る

 

この流れをしっかりすることで除菌、殺菌はできます。

 

だいたい流れにして丁寧にしていれば、1.2分かかります。

 

コロナ渦の世の中になり、手洗いがさらに普及したことで、

風邪やインフルエンザなどにかかる人が圧倒的に減少したのと、

個々、自分でも風邪をひいてない気がしませんか?

 

それほど手洗いというのは、重要な役割を担っていることを

このコロナ渦で奇しくも再認識させられたのは間違いないでしょう。

 

そし大事なのは、手洗いをすればよいというだけでなく、

除菌、殺菌の気持ちで、

丁寧に意味ある正確な手洗いをするのが、もっとも効果的と言えるようになりました。

 

スポンサーリンク

手洗いをする時に先に石鹸を付けてから洗うのはNG?

 

 

前述にて、手洗いする時は

先に手を濡らしてから洗ったほうが良いことはお伝えしました。

 

では手洗いをするときに、先に石鹸を付けてから洗うのはNGなのでしょうか?

 

結論から言うと、

NGというよりは、あまりお勧めはできません。

 

  1. 石鹸の伸びが悪く、手の上で滑りも悪いので手全体にいきわたらない、泡立たない
  2. そのまま石鹸を持つことで石鹸が汚くなることも考えられる

 

このような2点において、先に石鹸を付ける事はあまり勧められません。

 

特に①の理由なのですが、

せっかく手洗いで殺菌、除菌をできるのに、

中途半端にしか石鹸が付いていないと菌が洗えない。

 

そして泡立ててないと、

洗った時にしっかり菌が流れていかないことも考えられます。

 

指の間や爪の間の細かいところまでしっかり洗うには、

しっかり泡立てることもかなり重要な過程であると言えます。

 

そもそも、乾いた手で特に固形石鹸を塗ると、塊が手に付く感じで、伸びませんよね?

 

だから塗りにくい、という観点からも、

手を濡らしたほうが良いでしょう。

 

固形石鹸は、型崩れしてしまうと使いづらくなるものもあるので、

滑りをよくするためにも、最初に濡れた手で触ったほうが良いと思います。

 

手洗いをするときに、先に石鹸を付けてから洗うのは、

NGというわけではないのですが、

殺菌や除菌、石鹸の日持ちなど、様々な側面から見ても、

始めに濡れた手で触ったほうが良いという判断になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・手を洗う時は、最初にさっと手の汚れを取るのに洗い流すと良い。

・その洗い流した濡れた手に石鹸やハンドソープを付けて、たくさん泡立てて洗う方が除菌や殺菌効果も高いので、先に手を濡らした方が良い。

・濡れていない手で石鹸やハンドソープを付けると、伸びないし泡立たないので、キレイに手を洗えない、もしくはあらっても石鹸カスなどが残る可能性もある。

・手首や指、爪の間など細かなところを洗うにも、泡立ててないと不都合なので、先に手を濡らして、石鹸やハンドソープが充分に泡立つことを確かめてから洗うほうが良い。

タイトルとURLをコピーしました